第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら

代表質問の内容④ : ユニバーサルデザインの推進

 今日は、前回の代表質問の内容のうち、ユニバーサルデザインについて行った質問をご紹介します。


 みんなに優しい街づくりを目指したユニバーサルデザインの推進については、カラーユニバーサルデザインをはじめ、これまで何度も議会等で提案してきました。

 区長をはじめ、執行機関の皆様のご理解とご尽力により、カラーユニバーサルデザインについては、全国でもトップレベルの取り組みとなっています。

 今後、カラーも含めてユニバーサルデザインを、さらに推進していくに当たり、モデル的な地区や建物があると、区民の皆様、事業者の皆様にも分かりやすく、全区的な取り組みになるのではないかと考えています。


 これまでも区の施設では、一部でユニバーサルデザインに配慮されたものになっていますが、施設の更新時期や構造上、すべてに拡大するのは難しいことも事実です。

 そこで、今後新築や改修が予定されている区の施設を、設計の段階から専門家や当事者団体の皆様にご協力をいただき、その施設まるごとユニバーサルデザイン化することを目指しています。

 「この施設をみれば、ユニバーサルデザインのさまざまな考え方が詰まっている」という施設があれば、足立区の取り組みの発信にもなり、また区内外からの視察の受け入れなども可能になります。
 専門家やデザイナー、視覚・聴覚・身体障がいなど当事者団体の皆様など、幅広い皆様のご意見をお聞きし、ユニバーサルデザインの要素をすべて詰め込んだ施設の整備を求めました。

 また、今後、ユニバーサルデザインを進めるにあたり、庁内に専門部署の設置や根拠となる条例の制定なども引き続き求めていきたいと思います。



*****以下、議事録の抜粋(要旨)*****

<長谷川>
 次に、足立区におけるユニバーサルデザインの取り組みについてお伺いします。

 先日、ユニバーサルデザインについて先進的な取り組みが進んでいる浜松市に視察に行ってきました。
 平成15年の条例制定以降、その取り組みは、市役所内にとどまらず、市内の事業者、市民の皆様を巻き込んで確実に進んでいます。

 足立区でも、カラーユニバーサルデザインについては全国でも先進的な取り組みが進んでいます。また、カラーのみならず、広くユニバーサルデザインについても様々な部署で取り組みを行っています。


【問】
 そこで、それらのカラーも含めた、広くユニバーサルデザインへの取り組みをより推進させるためにも、また部署横断的に庁内で取り組むためにも、法的根拠となる条例の制定を行うべきと考えますが、いかがでしょうか。


 また、私は、これまで、浜松市だけでなく、三重県や岡山県、横浜市、世田谷区、大和市など、ユニバーサルデザインに取り組む多くの自治体の視察を行ってきました。

【問】
 その中で浮かび上がった課題として、取り組みの根拠となる条例とともに、ユニバーサルデザインを担当する専門の部署を設置することが、執行機関内の調整がスムーズになり、取り組みが庁内部署間でのばらつきがなく、的確、迅速に進められる手段の一つであると感じました。
 専門部署、担当の設置をすべきものと考えますが、いかがでしょうか。


 また、ユニバーサルデザイン推進に当たって、シンボルとなるような施設があると非常にわかりやすいと思います。

 例えば本庁舎や今後整備が予定されている区民事務所などを、一つの施設丸々ユニバーサルデザインに配慮したものにするというような取り組みを行うべきと考えます。
 このようなモデルケースがあれば、後に続きやすく、区の内部だけでなく外部への発信にもなります。

【問】
 外部の専門家や当事者の意見を最大限取り入れ、ここにユニバーサルデザインの概念が詰まっているというシンボル的な施設を整備することは、取り組みの推進や体現化の観点からも有意義だと考えますが、いかがでしょうか。


 ユニバーサルデザインに配慮されたまちづくり、施設整備は、高齢化、多文化共生、そして災害対策の観点からも必要であると思います。改めて、積極的な推進を求めます。



(答弁)
【都市建設部長】
 私からは、ユニバーサルデザインに関するご質問にお答えいたします。

 ユニバーサルデザインにつきましては、現在、取組みを推進するための指針づくりを行っております。
 その後、推進計画の策定など、ソフト・ハード・両面から規定の整備を進めていく予定でございます。

 また、今後策定予定のユニバーサルデザインの推進計画を進行管理するにあたっては、担当の配置を検討してまいります。


 次に、シンボル的な施設の整備についてですが近年、区が専門家の意見を聞きながらユニバーサルデザインを全面的に取り入れた施設としては、新田学園がございます。
 区としては、今後とも、各施設の新設や改修にあたってはその計画に応じて、専門家や利用者の意見を聞きながら、ユニバーサルデザインの理念に基づいた整備を行ってまいります。

HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク