第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら
« 2017年 01月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

足立区議会 全員協議会

今日は足立区議会議員が全員参加の全員協議会がありました。

全員協議会では、近藤区長をはじめ、区の担当職員、そして全区議会議員が集まり、平成29年度予算についての説明を受けます。

 

平成29年度予算については、危機管理体制の強化と「食育推進計画」「おいしい給食推進事業」の一本化、児童養護施設等退所者への支援などについてのご説明を受けました。

 

足立区では、一昨年の6月に区内施設の爆破予告を受け、区民が危険にさらされる事態が生じました。東京2020年オリンピック・パラリンピック競技大会を3年後に控え、首都の自治体として足立区が治安・防災の更なるレベルアップが喫緊の課題であることから、この度危機管理部を設置して、危機管理体制の強化を図るそうです。従来の総務部内の危機管理室を条例で定める部に格上げし、人員も増員するとのこと。

 

足立区では、学校や地域など様々な場での食の経験や体験を積む機会を増やすため、次代を担う子ども達への施策に重点を置きつつ、全区民をも巻き込む新たな計画の素案を策定しました。凝った料理を覚えるよりも、簡単でもバランスのとれた食生活を身に付けることに重点を置いて、健康に生き抜くための実践力「あだち 食のスタンダード」の「定着を進めるそうです。

 

また児童養護施設または自立援助ホームの退所者を対象に、区営住宅の単身者向け住宅へ一時入居できる23区初の仕組みができます。児童養護施設等の退所者が安定した生活を確保して行く為に、住宅確保の際の保証人の問題や家賃が大きなウェートを占めるなど多くのハードルがあります。

そこで、足立区では、区内の児童養護施設等の退所者に対して、施設での共同生活から地域の中での自立生活へステップアップする支援として、5年間を限度に区営住宅の入居者を募集する事となりました。

 

今後も、区民の皆様が安心して過ごすことが出来る様、確かな道筋をつける年として、区長、そして区の職員の皆様とも協力しながら、区政運営を着実に進めていきたいと思います。




厚生委員会 足立区糖尿病対策アクションプラン「おいしい給食・食育対策編」について

本日、厚生委員会が行われました。

今回は、報告事項の中にありました足立区糖尿病対策アクションプラン「おいしい給食・食育対策編」についてご報告します。

おいしい給食を通じて、食育推進事業をさらに発展させるために、現在、活用中の「足立区食育推進計画(平成23年度~27年度)」と「おいしい給食推進事業」を一本化して、子どもの頃からの望ましい食習慣の定着を目指した新たな計画案が報告されました。

 

計画の期間

平成29年度~平成34年度の6年間

計画の主な内容:特に子どもに重点を置く。中学校卒業時までに、健康に生きて行く為の食の実践力として「足立区食のスタンダード」を身に付けることで、食をめぐる課題の解決を目指す。

・1日3食野菜を食べるなど、望ましい食習慣をつくる

・栄養バランスの良い食事を選択できる

・簡単な料理を作ることができる

☆ご飯が炊ける、インスタントに頼らずに味噌汁が作れる、目玉焼き程度のフライパン料理ができる

 

食育対策=足立区では、糖尿病対策アクションプランです。認知症予防についても、食育はとても重要です。糖尿病対策のみだけでなく、今後、認知症にも焦点を当てた食育・運動など複合的な観点から他の対策についても働き掛けをして頂きたいということを要望させて頂きました。

 

◎こころとからだの健康づくり課長回答: 

この食育プランで、糖尿病をはじめとした生活習慣病全体を予防していきたいと考えています。現在、認知症はかなり糖尿病の合併症とも言われるようになってきまして、糖尿病を予防するような食生活が、アルツハイマー型などの認知症予防につながると言われております。まずは中心にこれを据えてやっていくところで、糖尿病だけでなく、生活習慣病や認知症も予防できるよというところも加えて説明をしていきたいと思います。

 





HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク