第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら
« 2017年 12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

地域保健福祉推進協議会

今日は、地域保健福祉推進協議会が約2時間30分にかけて区役所庁舎ホールで行われました。私からは子育てに関すること、福祉の点などについて、質疑・要望しました。

 

私が16年ぶりに子育てをしてみて痛切に感じることは、足立区ではお母さんを労わる事業がとても薄いことです。他の区で行われているような、産後ケアや母乳ケア事業についての事業がそもそもなく、民間で行ている事業について、補助券なども支給が全くありません。北欧のフィンランドで行っているネウボラ制度は、現座、東京都が10分の10で補助を付けていますが、足立区は全くこの事業を活用しておらず、出産前の面談すらも全員の妊婦さんが受けられる体制にありません。
いついかなる時にお母さんが疲労困憊で鬱になってしまうかもしれません。
私でさえ、出産後、仕事の件でやり取りする議員同士の関係性で、鬱っぽくなり、体調不良となり母乳の出が悪くなった時期がありました。
このことからも、いつでも寄り添ってもらえる区行政が主導とする環境整備が早急に必要と考えます。その構築を私は全力で、この足立区から築いていきたいと思います。

 

また、発達障がい児者・家族支援についてです。
早期発見・相談・療育の仕組みについて要望をしました。現在、東京23区初のペアレントメンターはサポートシートを作成しています。現在は公益財団法人キリン福祉財団から基金を活用して運営をしています。今後、このサポートブックを足立区のチューリップシートと連携をさせ、来年度の予算を付けるべく要望をしました。

 

医療的ケア児に親に対するレスパイト事業について、早急に新規事業として開始するよう要望をしました。これについては、区からは事業者数が不足しておりなかなか厳しいが将来的には考えていかなくてはいけないとの回答を頂きました。

 

今後も足立区行政の動向をしっかりと見ながら、提案をし、実現をしていきたいと思います。




厚生委員会「障がい関連3計画の策定状況について・発達障がい者支援・医療的ケア児」

平成30年度以降の障がい者施策の方向性を明らかにする「足立区障がい者計画」「足立区第5期障がい福祉計画」「足立区第1期障がい児福祉計画」の3計画の策定状況について、報告がありました。

 

策定にあたっての基本的な考え方は(国の成果目標)
・2020年度末までに、児童発達支援センターを各市町村に少なくとも1か所以上設置することを基本とする。
・2020年度末までにすべての口町村において保育所等訪問支援を利用できる体制を構築することを基本とする。
・2020年度末までに主に重症心身障害児を支援する児童発達支援事業所及び放課後などデイサービス事業所を各市町村に少なくとも1か所以上確保することを基本とする。
・平成30年度末までに、各都道府県、各圏域及び各区市町村において、保健、医療、障害福祉、保育、教育等の関係機関が医療的ケア児支援について連携を図るための協議の場を設けることを基本とする。

 

足立区の考え方としては、今後、障がい特性が多様化する中で、支援が必要な乳幼児の早期発見と青年期までの切れ目のない支援に重点的に取り組んでいくそうです。

 

国の成果目標に関する足立区の取り組み状況としては、児童発達支援センターを2010年度末を目標に1か所増設するそうです。また、医療的ケア児支援について連携を図るための協議の場の設置を2020年度末までに行うこととなりました。

 

私からは議会で何度も、児童発達支援センターの増設医療的ケア児支援については提案・質疑をしていたので、今後の区の動向をみながら、さらに議会で追及をしていきたいと思います。

 

今後のスケジュールは、
・平成30年1月にパブリックコメントが実施
・平成30年3月には地域保健福祉協議会でこの3計画案の報告と厚生委員会で3計画案が併せて報告されます。
・策定は平成30年末となります。




平成29年度 足立区地域保健福祉推進協議会 成果報告「発達障がい特性のある児童に対する待機児の問題」「医療的ケア児支援について」

今日は午後から足立区役所本庁舎中央館8階で、平成29年度 足立区地域保健福祉推進協議会が行われました平成30年度以降の障がい者施策の方向性を明らかにする「足立区障がい者計画」「足立区第5期障がい福祉計画」「足立区第1期障がい児福祉計画」の3計画についての策定状況について報告がありました。

 

現在、策定されている足立区第4期障がい福祉計画の中には、発達障がい特性のある児童に対する待機児の問題や早期発見の重要性が問われているにも関わらず、区として、その具体的な課題やプランが記載されていません。

私の何回もの議会質問・政策提案により、区として重要施策の中に盛り込まれることとなりました。来年度、その政策が着工されることとなります。2020年度末を目標として現在2か所(うめだあけぼの学園・児童発達支援センター「あしすと」)ある児童発達支援センターを足立区では、1か所増やすことになりました。

また、相談機能については子ども支援センターが窓口となり、当事者やその親御さんが気軽に相談できる窓口を区として整備しました。今回提示された足立区障がい者計画の骨子の中には、ペアレントメンターの相談の充実に努めていくとの文言が入っています。私が手掛けた施策がこのように骨子に掲載されているのは大変うれしく思いますが、どのように具体的に動いていくのかが問われるところです。実質的に効果的な施策を構築していくためには、さらなる具体的な提示を今後、議会でもさせて頂く予定です。

また就学時の教育の問題、日野市が行っているユニバーサルデザインの教育を推し進めこと。また、東京電機大学で行われていた学生支援事業をさらに他大学でも行うことなど、ハード・ソフト両面の事業の整備を構築していきたいと思います。

 

また、障がい者通所施設の整備・運営事業者の公募について、今回、花畑材料置き場に場所が決まりました。この件については私が議員になった10年前からすでに当事者会より要望が入っており、北千住には全く設置されていないので北千住に設置してもらいたいという切なるお声があります。当事者の皆様は交通機関を使っての移動が大変困難です。この件についても、なぜ、10年前から私からも声を上げ、当事者の皆様も区に要望を出しているにも関わらず進展がないのか、議論させて頂きました。この件関して、区の回答は、必要性を認識はしていたが、まとまった土地がないとの見解。今度、土地の確保に向けた働きかけ(土地を貸し付けてくださるよう、区民の皆様への呼びかけも含めて)を、強くしていきたいと思います。

 

また、医療的ケア児への支援についても全国的にも、喫緊の課題です。医療的ケア児の支援を行うためにも、医療的ケア児への連携を図り協議の場を設置する運びとなりました。
医療的ケア児については、まだ入り口のところにありますが、親のレスパイト事業の整備と医療的ケア児の保育・就学援助が当区で強力に行われるよう、今後も私自身しっかりと当事者の皆様からのヒアリングと研究を重ねながら、寄り寄り当事者が求める新規支援制度の確立に向けて、区の担当部署の皆様と協力をしながら構築していきたいと思います。

 





HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク