NEW 第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら

ペットボトルキャップの回収

 最近、区役所の庁舎全体にペットボトル回収箱が設置されているのを皆さんはお気づきになりましたか?(区役所内の各自動販売機のそばに置いてありま す。)
 集められたペットボトルキャップは、リサイクル事業者に引き取られ、ポリオワクチンとなって、世界の子供たちの命を救います。
 地球環境と子供たちの命を両方救う、素晴らしい取り組みです。


 私も議会でプラスチック類など分別回収を提案しましたが、出来るところからの取り組みとして、この設置もその取り組みの第1歩だと思っています。

 平成21年2月末の回収実績でいくと、区役所本庁舎201,818個で、現在、ポリオワクチン252人分の実績となっているそうです。(800個でポリ オワクチン1人分の計算です)
 区役所の他に、現在、ベニ—スーパー佐野店でもペットボトルキャップを回収しています。


 昨年末から、足立区役所の自動販売機の脇にペットボトルキャップ回収箱が設置され始めたのですが、先日から区議会の自動販売機脇にも設置されるようにな りました。

 私も、足立区議会民主党控室の前に置いてあるペットボトルキャップ回収箱に、自宅で集めたキャップを提供してきました。
 この回収箱の文言に「小さなキャップも分ければ資源、リサイクルして価値ある資源に」という言葉が目につきます。
 まさにその通りです。
 また、ペットボトルだけでなく、シャンプーの空きボトルなど、分かりやすい品目から分別回収をもっと進めてはどうかと思います。

 今回のペットボトルのキャップの分別回収は、本当に最初の一歩です。
「分ければ資源」の考え方で、分別回収の取り組みを広げていっていただきたいと思います。
20090309_1

20090309_2

ペットボトルキャップの提供者が、環境部計画課に申し出ると、お礼状を発行してくれます。
お礼状は、カードタイプ(上)とA4サイズ(下)のどちらかを選べます。



HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク