NEW 第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら

神崎ゆう子さんコンサート「美しき日本の歌」

 今日は、北区にある「北とぴあ」のホールで、「美しき日本の歌」と題して、友人の神崎ゆう子さんのコンサートが行われました。
 大人向けのコンサートは、今回初めての試みだったそうです。

 神崎ゆう子さんは、皆さんもご存じのとおり、第16代のNHKの歌のおねえさんです。(1987年から1993年まで、NHKで活躍をされていらっしゃいました。)


 会場は満席で、東京ニューシティー管弦楽団の演奏にあわせ、「たきび・あめふり・みかんの花咲く頃」など代表的な曲を、神崎ゆう子さんが歌われました。

 また、特別ゲストには吉俣 良さんもお見えになり、ピアノの生演奏もありました。
 吉俣 良さんといえば、aiko、ゆず、ORANGE RANGE、 CHAGE &ASKAのアレンジプロデュースを手掛けている方で、大人気の大河ドラマ「篤姫」のメインテーマも作られた方です。


 子どもが1・2歳のころなど、神崎さんが出演されているビデオを見ながら、子どもとテレビの前で踊っていました(笑)。
 その頃には、世の中にはこんなに素敵な方がいらっしゃるんだわ・・・と思っていたのですが、子どもを通じて知り合うことができ、今に至っています (笑)。


 神崎さんはNHKの歌のお姉さんになった時はじめての取材で、「童謡を歌うと心の中がきれいになるんです」と答えたそうです。
 そんな神崎さんのコンサートを聴いている私も、本当に心が透き通ってきれいになっていくような気がします。

 今日は、日本の童謡・唱歌を、いつも心をこめて大事に歌われている、神崎ゆう子さんのお姿に、感銘を受けました。
 これからも、心がきれいになる、心を豊かにしてくれる「日本の童謡・唱歌」を歌い続けて頂きたいと思います。
 私も、神崎ゆう子さんをいつも応援しています!


HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク