第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら

足立区への要望書を提出

 本日、民主党東京都第13区総支部より、近藤やよい区長宛てに東北地方太平洋沖地震に関する要望書を提出してきました。
 状況の深刻さも踏まえ、近藤区長も私たちが提出した要望書に真剣に目を通して下さいました。


 いくつか挙げさせていただいた要望項目は、区民の皆さんの安定した生活のため、また被災地や被災者の皆様の支援、復興に向けて必要なものばかりですので、しっかりと対応をして頂きたいとお話しをさせて頂きました。

 中でも、中国残留帰国者の方々の中には、まだ日本語が苦手な方もおり、停電などの情報がしっかりと伝わっていない現状があります。
 このことについては、すぐに中部福祉事務所長にお話しをさせて頂き、担当部署が迅速に個別対応をして頂けることになりました。
 もちろん、足立区在住の外国の方や一人暮らしのお年寄りの方にも、同様の対応が必要です。


 計画停電や電車運行数の減少など、足立区でもまだまだ混乱が続いているような状況ですが、私たちも今足立区ができることを行政の皆様と一緒にしっかりと行っていきたいと思います。

 皆さんも、出来る限りの節電や不要不急の買い物、買いだめをしないなど、それぞれが出来ることを行うことによって、被災地を応援していただきたいと思います。



 以下、このたび民主党東京都13区総支部で提出した要望書です。
 足立区だけでなく、東京都や民主党にも同様の要望をさせて頂いております。


【国 関 係】
一、ガソリン、燃料、米などの生活関連物質不足を
  解消すべく努力を続けてほしい。

一、UR住宅の空住戸を被災者のために提供してほしい。

一、地方公共団体が被災者を受け入れ、さらに生活保護が
  開始された際には全額を国費として支出してもらいたい。


【都 関 係】
一、都営住宅の空住戸を被災者のために提供してほしい。
  被災した家族親戚と同居する際には都営住宅の定員に
  ついての規定を緩和してほしい。

一、家族親戚が亡くなった子どもたちについて、児童福祉
  施設のあっせんをしてほしい。

一、民間救急車両等へ燃料を優先して供給するしくみを
  整えてほしい。


【区 関 係】
一、信号が消える計画停電時の通学路の安全対策を
  講じられたい。

一、不要不急の区の事業について整理されたい。

一、保育所、学童保育で預かる児童それぞれの緊急時の
  連絡先や方法を再度把握し直し、保護者が帰宅困難者
  となった際に備えるよう各施設に通知してほしい。

一、区民もしくは区内企業からのボランティアや物資の
  提供の窓口と集積場所を整備してほしい。

一、足立区ホームページ上の「震災関連情報」を集約して
  ほしい。

一、Aメール登録を積極的に広報してほしい。

一、防災無線が聞こえにくい地域について音量を改善する
  とともに、聞こえない地域に広報車を出してもらいたい。

一、倒壊しそうなブロック壁の所有者に補修を個別勧奨して
  ほしい。

一、区の関連施設が休館している間、「雇い止め」になる
  被用者に対して緊急雇用対策を実施してもらいたい。

一、計画停電実施時にも簡易なメニューで学校給食を
  実施してもらいたい。

一、被災した親戚縁者を足立区に避難させることの相談
  窓口を作ってほしい。

一、耳の不自由な区民や日本語を解さない住民に対しても
  情報を提供してほしい。

一、鋸南や日光等の区有施設への被災者の受け入れを
  検討してほしい。

0317

近藤区長に要望書を手渡しました。



HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク