第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら
« 2016年 07月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


東京若手議員の会 研修会IN豊島区

今日は超党派で結成されている「東京若手議員の会」の勉強会に参加をしました。会場は、東池袋にある豊島区役所です。

 

研修は2段階形式で、先ずは豊島区長と担当課長より「女性にやさしい街づくりについて」ご講演頂きました。

 

豊島区では人口移動率が高く年少者割合が低いという統計が出ています。

区としてこのような課題を払拭させるために、ファミリー層を増やし、転入を促進させ、子育て世代から選ばれる街にすることを目標としています。

女性にやさしい街にすることで、働きやすさ・住みやすさ・子育てのしやすさを追求し結果として、こどもや高齢者・障がいを持った人たちなど、全ての人にやさしい街づくりに転換して行くことを目指しています。

住民のニーズが掘り起こされることで施策へ反映され、それが住民にとって可視化されるものでなければ、区への愛着や共感・誇りを生み出すことは難しいと感じます。

このようなマーケティング機能を今後の足立区の中で、いかに効率よく効果的に導入していくか、今日の講義で政策論点を探ってみたいと感じました。

 

さらに2部では、ワークショップ形式の「家庭内インターンシップ ワーク&ライフインターン事業」についての講義を受けました。

 

これは大学生・大学院生を対象としたインターン制度で、インターン先は家庭。働きながら子育てをする家庭に行き、働くパパ・ママ・子ども達と絆を深めながら子育てスキルを学び、自分の将来を考えるための経験を積むことができるプログラムとなっています。また、座学プログラムとして、企業や専門家を呼んで、仕事と家庭の両立講座・妊活講座・男性の育児講座などが受講できるようになっており、大学などでは学べない、人生において大事な知識が詰まった勉強会が学べる場もあります。さらに交流プログラムでは、多種多様な家庭から休日にゆっくり話が聞けるパパママcafeというイベントが用意されており、憧れとなるロールモデルに出会える場の提供もあるそうです。

 

将来、社会に出た時に想像できなかった未知の世界を、学生時代にインターン制度を活用して体験することは、本当に大切なことです。仕事をしながら子育て・家庭・仕事が両立できる自信が生まれ、将来に夢や希望を持って踏み出す事ができます。

学生時代から人生観やキャリア感を学び、将来に向かってなりたい自分をイメージすることが、未来ある次のステップに繋っていくものだと感じました。




夏の風物詩「足立の花火」

今年も7月23日に夏の風物詩「足立の花火」が豪華絢爛、13500発の花火として夜空を彩りました。東京で行われる花火大会の中では、足立区が最も早く開催されました。

足立の花火は大正13年、千住新橋の開通を記念して行われた「千住の花火」が始まりで、90年以上の長い歴史があります。

今年度モデル実施として、有料席が設けられました。
料金:4000円(別途、手数料あり)
6月18日土曜日より販売予定で指定席が320席。
広さは1席90㎝×90㎝。
購入方法:チケットぴあのお店、セブンイレブン、サークルKサンクスでの店頭購入。チケットぴあシステムを利用して電話予約やネット予約も可
場所:河川敷

今回の花火大会では、区民の方から以下のような声がありました。
これらの課題については、区の担当部署の方々と協議をしながら、来年度、改善して行きたいと思います。
引き続き、皆様にはご報告をいたします。

~区民のお声から~
課題1.場所取りのルールが分からない。
TVでは12時から場所取りをしても良いということが放送されていたが、そのような案内が見うけられなかった。
看板に事前の場所取り禁止とあったけど、「事前」とはいつの時間を指すのかわからない。
事実上無法状態であり、場所取りだけをして、ほとんどが誰もいない状態。

※区の担当部署と協議をしました→区の担当部署からは、来年度から案内文や周知方法の徹底を行って頂けるとの回答を頂きました。

課題2.トイレについて
会場のトイレが夕方17時からしか解放されず、それ以前に来ていた人達へのトイレの場所が会場から10分ほど離れた公園に1つしかなかった。
花火大会開始前~開催中~開催後までトイレの渋滞がひどく、男性でも30分以上待たなくてはならなかった(女性よりも、男性の方が長い)。さらにその並び方が分からず、かなり混沌とした状態。コンビニなど近隣施設は全てトイレを使用不可。
テレビ情報では近隣住民から、周辺でおしっこをされるとの苦情多数とのこと。

※区の担当部署と協議をしました→トイレの開放時間については、要望も多かったことから場所によっては時間を早めて開放した地域があるそうです。しかし、一部のエリアでの対応であって、他のエリアに関しては課題ありと区民より苦情が出ています。来年度、トイレの使用時間の見直しと会場内のトイレ設置数や設置場所について、さらなる拡充を求めました。

課題3.放送について
花火の打ち上げ至近距離にいるにもかかわらず、放送が全く聞こえないエリアがある。
音楽と花火の融合は非常に良いのに全く聞こえず残念との声がありました。
また、緊急時の放送なども聞こえないので、改善する必要性ありとのご指摘がありました。

※区の担当部署と協議をしました→緊急時の事も考え、スピーカーの設置数や設置場所について、拡充するよう要望をしました。ただし、スピーカーを購入するのには多額の予算がかかるので、来年度も引き続き、有料席の販売を行い、その収益で賄うことを提案しました!
また、毎年、墨田区や板橋区、葛飾区などでも花火大会が行われるので、他自治体と連携しながらスピーカーの貸し借りを行うことでこの問題は解決できるのではないかと考えているところです。



20160810165411

次女が撮影してくれた写真です♪



20160810165444

綺麗ですね。花火打ち上げ付近で撮影したそうです。




各種団体 予算要望ヒアリング

本日、7月12日から6日間、民進党会派で各種団体の皆様とお会いし、予算要望のヒアリングを始めています。今年は新たな団体の皆様とも意見交換をします。

 

この各種団体の皆様との懇談は、日頃から、現場でしか見えてこない様々な案件を伺いながら、政策提案の糧として、区に対する予算要望を検討させて頂いているところです。

これからもさらに様々な各種団体の皆様と直接お会いして調査・研究を深めながら、皆様のお声を原点とした区への予算要望・政策提案をして参りたいと思います。 

 

引き続き、沢山の皆様のお声を反映して参ります。




参議院選挙 投開票

第24回参議院選挙が本日、投開票されました。

18日間の選挙戦、沢山の皆様のご支持を頂きました。

 

東京選挙区においては蓮舫さんと共に、私も家族で応援をした小川敏夫さんが4期目(508,131票)の当選を果たすことができました。結果、民進党は2議席を確保しました。

また、自治労組織内候補の比例代表である江崎たかしさんも2期目の当選を果たされました。

 

今後は当選した議員と力を合わせながら、住民生活の向上と国の医療や福祉、そして平和と安全を守ることに全力を期して行きたいと思います。




子どもの貧困対策セミナー

今日は日本弁護士連合会主催の「子どもの貧困対策セミナー」に参加をしてきました。
場所は、弁護士会館2階講堂クレオです。

現在、子どもの貧困率は上昇傾向にあります。2014年には、子どもの貧困対策の推進に関する法律が施行され、子どもの貧困対策法として、「子供が将来、その生まれ育った環境によって左右されることのない社会を実現する」ことが基本理念として掲げられました。また、同法4条では、「地方公共団体は、基本理念にのっとり子どもの貧困対策に関し、国と協力しつつ、当該地域の状況に応じた施策を策定し、及び実施する債務を有する」と定めており、自治体が子どもの貧困対策を行うことを求めています。

今回、2015年4月より、日弁連法務研究財団・条例制定支援研究の一環として、子どもの貧困対策条例研究班で、弁護士、研究者、NPO法人、編集者、地方議会議員などが協力をして、子どもの貧困対策推進モデル条例案を検討してきたそうです。

本日のセミナーは180名ほどの地方議員や公務員、弁護士の皆様が参加をされていました。このモデル条例案については、大変興味深い内容でもあり、ひとり親家庭の調査内容やその結果から見えてくる必要な制度や現在の制度の改善点等が克明に発表されていました。

本日の内容を熟知しながら、今後の研究課題として政策提案をしていきたいと思います。



DSC_0303

弁護士会館2階講堂クレオでセミナーが行われました。






足立区ペアレントメンター親睦会

今月から一般社団法人ねっとワーキングが始動しました!
ペアレントメンターとは、発達障がい特性を持つ子供たちの親を支えるためのものです。 足立区で行われるこのペアレントメンター事業の活動を支えるために発足された法人が一般社団法人ねっとワーキングです。

私が4年間全国を飛び回り、数奇なご縁で、鳥取県の井上教授からご教示をいただき、鳥取県で行われている事業をこの足立区でも行うことができました。

今日はそのような経緯もあり、西綾瀬ボランティアセンターで行われた親睦会にお招きいただきました。
沢山の美味しい手作りスイーツとメンターの皆様全員との楽しいひと時を過ごさせて頂きました。また、今日は、福祉部長や障がい福祉センターあしすと所長、そして役所の担当部署の皆様もお見えでした。

今後、見えてきた課題として、研修をさらに充実させ、西綾瀬ボランティアセンター2階や屋上の利用についての検討も行った方がよいのではと感じた次第です。
例えば、子ども達の居場所づくりの一環として活用したり…等など、スタッフの皆様と有意義なお話しをさせて頂きました!

今後もこの事業の拡充についてさらに皆様と協議を進め検討を重ねながら、より充実したものとなるよう強力に推し進めていきたいと思います。

本日は西綾瀬ボランティアセンターでのご開所、本当におめでとうございました。



DSC_0298

一般社団法人ねっとワーキング。







HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク