NEW 第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら
« 2016年 11月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30


伊興小学校 新校舎内覧会

今日は、伊興小学校の新校舎の内覧会に行ってきました。

既存の校舎の敷地内のスペースに、新たに伊興小学校の新校舎が建てられ、現在は、同じ敷地に校舎が新旧2棟建っている状態です。今後は古い校舎は解体をし、人口芝生付きの校庭になる予定です。

新校舎の学校の壁には友好自治体でもある栃木県鹿沼市の木材が使用されていて、鹿沼産の表記がされています。このような表記を置くことで、子ども達に栃木県鹿沼市が友好自治体であることを示すことができますよね。

体育館は、全てLEDの電球やガス遠赤外線暖房機が完備されています。
伊興小学校の体育館に設置されたガス遠赤外線暖房機のコストが気になったのでお聞きしてみました。 設置費用では、機器本体に配管・配線の工事費等を含めた設置費用の合計額は、約2,000万円(1台当たり約250万円×8台)。
ランニングコストについては、8台のガス遠赤外線暖房機をすべて高出力で連続運転させた場合における1時間当たりのガス料金は、約1,700円となるそうです。但し、この暖房機は体育館で運動をすることを目的とした授業の際に使用することは想定しておらず、基本的には、災害時に避難場所となる学校施設の備えを主目的として設置したものであるそうです。

学校のトイレも昔と違ってタイル張りではない快適なトイレに様変わりしています。公立小学校のトイレは汚い・くさい・冷たいという感がややあったのですが、今では改築と同時に児童が安心して使える清潔で快適なトイレに改善されています。

一昔前まであった児童によるトイレ清掃についてお聞きしたところ、足立区教育委員会では、学校内のトイレの清掃方法について関与しておらず、児童にトイレ掃除をさせるか否かは学校長の判断によるそうです。よって、この手の情報を教育委員会は把握していないそうです。
なお、トイレ清掃は洗剤や薬品類を使用するため、児童の安全面を考慮すると、ほとんどの小中学校では用務主事が担っているものと思われますとの話しでした。

私たちの時代は子どもたちが当番制でトイレ掃除をしたものです。

自分たちが利用したトイレの掃除を行うことは情操教育の一貫だと思います。清潔にすること、きれいにできたことへの達成感を通じて、人の役に立つ社会貢献の喜びを学ことができるはずです。児童の安全面と言っても劇薬を使うわけでもないため、教育委員会の回答には腑に落ちないところがあります。学校判断であれば、感染症の問題が懸念されているのかと感じた次第ですが、おう吐物は触らないなどのルールを決めれば問題ないはずです。
昔は毎日、どの学校も子ども達がトイレ掃除を当番制でしていて、感染症の問題などもなく、卒業するまでせっせとトイレを磨いていました。トイレ掃除も含めた学校生活全体が子ども達の学びにつながっていくものだと思いますが、皆さんはどう思われますか。

子ども達が安全で快適にそしてたくさんの学びを得られる学校施設を目指して、さまざまな観点から今後も提案をしていきたいと思います。



DSC00649

伊興小学校の屋上には、太陽光発電装置が設置されます。



DSC00650

屋上には、私が議会などで提案している「ヘリサイン」も設置されていました。



DSC00665

給食室。



DSC00666

最新式。手をかざすと自動でお湯と水が出てきます。



DSC00667

食洗機つきです。



DSC00655

多目的室です。



DSC00656

階段の壁には友好自治体、栃木県鹿沼市の鹿沼産の木材が使用されています。



DSC00662

体育館は暖房が完備しています。



DSC00664

体育館のライトはすべてLEDが設置されていました。




センジュ出版

今日は、知人の馬場じむこさんに誘われてセンジュ出版に伺いました♪

足立区千住3丁目、外観は古い建物で一見、そこにちょっとした憩いの場があるとは気が付かないような処。中は古民家のような温もりあるステキなお部屋・6畳のブックカフェとなっています。

センジュ出版の代表取締役 吉満明子さんが経営されています。
吉満さんは出版・企画・編集・デザイン・イベント・ワークショップ・街づくり・ブックカフェと多才な方です。
一昔前の昭和初期に戻ったかのような雰囲気のお部屋で映画のワンシーンのようなレトロな雰囲気を味わってきました。

今日は昭和34年以来の54年ぶりの都心の初雪。
そんな記念すべき日に、アットホームな雰囲気でお出迎えをして下さった吉満さんやお店に来られた皆さまと出会えて幸せなひと時でした。

センジュ出版に向かう途中、馬場じむこさんとの会話が面白くて思い返すとくすっと笑ってしまいます。
今日は夫に「昭和34年は△歳だったんでしょう。」「私はまだ生まれていないけど。」
という会話をしてきたと言うと、「私もしたした!」と同じ反応が…。

じむこさんも私もパートナーとは年の差が。同じ処に着眼点が行くのねとお互いに納得をしてしまいました(笑)。

時間を忘れてしまうほどのセンジュ出版での楽しいひと時。
また伺わせて頂きますね!
今度は我が家の3人娘も一緒に(笑)。



DSC00593

ここの2階にお洒落なセンジュ出版・ブックカフェがあります。



DSC00594

美味しいコーヒーを頂きました。



DSC00596

みんなで記念撮影。左が吉満さんです。



DSC00598

吉満さんそっくりのハンコウが(笑)。



DSC00599

雑誌にも掲載されています。




自治研「人権政策について」

今日は自治研の勉強会がTKP市ヶ谷カンファレンスセンターで行われました。
講義内容は「人権政策について」です。

人権政策と言うと、その対象は外国人だけでなく、女性、子ども、高齢者、障がい者、災害に伴う人権問題や性的指向差別や犯罪被害者やその家族と言った多種多様な事柄が含まれてきます。

その人権政策の中の一つでもある多文化共生は、近年、各自治体が目標としているもので、重要性を増しています。
2000年以降の経済のグローバル化によって外国人に対しての住居、教育、福祉、医療等に関する行政サービスが検討課題に上がるようになりました。
急増する外国人住民に対する自治体の対応や、外国人の法的地位や権利の確保、いわゆる多文化共生社会に対する自治体の政策課題を整理していく必要性があります。

人権尊重・人権擁護と言う観点を含みつつ、多文化共生社会をキーワードにしながら、今後この足立区の中で様々な施策を実現し「みんなにやさしい・誰にでもやさしい足立区」を進めて行きたいと思います。



DSC_0553






足立区職員 永年勤続感謝状贈呈式

今日は、午後から区役所本庁舎ホールで「足立区職員 永年勤続感謝状贈呈式」がありました。

今年は、130名の職員の皆様が授賞されました。

 

改めまして、本日、永年勤続で表彰されました区役所の職員の皆様、おめでとうございます。

 

今後も足立区の発展にお力を発揮され、足立区が全国でも1番と評価されるような取り組みをしていただきたいと切に願います。

私も区役所の職員の皆様と協力し合いながら、足立区のため、そして区民の皆さんのために活動をして参りたいと思います。




谷在家障がい福祉施設祭り「とんがりぼうしカーニバル2016」

今年も谷在家障がい福祉施設で行われた施設祭り「とんがりぼうしカーニバル2016」に伺いました。

地域で愛される施設として地域に根付き、障がい者の皆様にとって、この谷在家の施設はかかせない場所となっています。

今年も皆さんの笑顔がキラキラと輝いていました。

今年は吉野家の牛丼や長崎ちゃんぽん、クレープのお店が出され、大盛況でした!
私も美味しく長崎ちゃんぽんとクレープを頂きました(笑)。

みんなの想いが伝わってくる温かなカーニバル。
これからも福祉施設を利用している皆様が、ここにきて活動を楽しみ、地域での生活をより豊かに自らの人生を送れるよう、さらに支援していきたいと思います。

本日は、お招きいただきまして本当にありがとうございました。
毎年、楽しみにしています!



DSC_0542

谷在家障がい福祉施設で行われた施設祭「とんがりぼうしカーニバル2016」



DSC_0538



DSC_0539

今年は、長崎ちゃんぽんと吉野家の移動販売車が来ていました。




鈴木恒年前区長を偲ぶ会

今日は、鈴木恒年前足立区長(享年84歳)の生前を偲び、「鈴木恒年 前区長を偲ぶ会」が、足立区役所庁舎ホールで執り行われました。

足立区議会、町会・自治会などの関係者の皆様、約550人がご来場されました。

 

鈴木恒年前足立区長は昭和24年足立区に入所、平成8年に退職するまでの47年間、区政に貢献されました。区政に携わっていた際には、社会教育部長、区議会事務局長、総務部長、助役などの要職を歴任されたそうです。

平成11年から2期8年にわたり区長として区の発展に尽力され、その後は、平成26年3月まで、足立区社会協福祉協議会 会長として活躍されました。

 

鈴木恒年前足立区長のご冥福をお祈り申し上げます。

 

鈴木恒年前足立区長のご功績に敬意を表しながら、私は議員として「足立区を素敵な街にしたい」、「足立区を少しでもよくしていきたい」という思いを政策という形にして実現し、全国で1番といえる足立区にしていくことを強く心に誓いました。

 




いじめ防止活動TKR in 辰沼小学校

今日はペアレントメンターの方々と一緒に辰沼小学校の仲野校長先生をご訪問させて頂き、意見交換をさせて頂きました。
ご多忙の中、いつも温かく迎えて下さる仲野校長先生に、大変感謝申し上げます。

辰沼小学校は、2012年から仲野校長先生の案で「いじめ防止活動」を始めています。
この4年間、辰沼小学校では本気になっていじめをなくしたいと思う人の参加を募り、やる気のある子ども達に絞り込み、辰沼キッズレスキュー隊(T・K・R)を立ち上げ、新撰組のイメージを図りながら学校全体でいじめ根絶を徹底しています。子ども達には見た目でわかるような工夫を施し、学校全体の環境づくりに全力投球です。
週1回ある朝礼では、時間の半分が「いじめ防止」の話しになるそうです。
仲野校長先生はご自身が中学生時代にいじめにあった出来事を経験値として活かされおり、さらに教育評論家の尾木直樹さんにも影響を受けられ、「子どもの自治能力」を身に付けさせることに力を注いでおられます。

国では、2013年に「いじめ防止対策推進法」が施行され、3年が経ちました。
しかし、いじめ防止対策推進法施行から3年が経過したにもかかわらず、深刻ないじめは後を絶たず、未だ自殺に追い込まれる子ども達がいます。
その為、「いじめ防止対策推進法」に基づく施策を検証している文部科学省の有識者による対策協議会が改善に向けた提言を大筋でまとめたそうです。

有識者会議の中では「自殺予防、いじめへの対応を最優先の事項に位置付ける」として実効性のある対策を求めています。いじめを小さな段階で幅広く把握し、その芽を摘むこと。
今回の有識者会議では、これまで「いじめ防止対策推進法」に基づいて学校に常設が義務づけられた「いじめ対策組織」で、いじめの情報が共有されずに自殺などの重大な結果を招いていると指摘しました。
今後、学校内での情報共有を重視させ、同法に基づく「義務」であることを教職員に周知し、いじめへの対応を「最優先」とすること。校長ら管理職には情報共有しやすい環境作りを求める一方、「教職員の日常業務は膨大」として、生徒指導の専任教員を置いたり、部活動の休養日を設けたりして、教員の負担を減らすことを求めていくそうです。

そして、いじめの定義を明確化させ多くの具体例を示し、いじめの定義のばらつきを解消させるとのこと。その上で、認知件数が少ない自治体には、文科省が指導するよう提言しています。「認知件数の多さは学校のマイナス評価になる」「認知すると対応が大変」などという考えが学校側にあるかもしれない。そのような理由でいじめの実態が見逃されては、有効な対策も立てようがありません。

いじめ対策を教員の仕事の「最優先業務」と位置づけるとする文科省への提言を踏まえ、具体策の検討に入ります。今後、国の有識者会議の内容を踏まえながら、各自治体では、いじめの正確な実態の把握に徹することが求められます。

いじめ相談箱があったとしても、被害者は事実を隠すことが多いと仲野校長先生はおっしゃっています。声を上げることが出来ない子ども達はたくさんいると。きめ細やかないじめ予防対策を辰沼小学校の仲野校長先生と共に、この足立区からも強固に構築して行きたいと思います。



DSCF4304

「辰ピー」(辰沼小学校をHappyにするという意味)です。



DSC_0531

仲野校長先生の熱心な取組み「辰沼キッズレスキュー隊(T・K・R)」が新聞に掲載されています。



DSC_0530

辰沼小学校の体罰ゼロ宣言!




女性フェスティバル2016あだち

今日は、梅島のエルソフィアで「女性フェスティバル2016あだち」が開催されました。

ウェルカムコンサートでは歌とアルパの演奏が行われ、イクメン・イクジイのフォトコンテストの表彰式では、心和む写真が紹介されました。

今年は、16年ぶりに私自身の妊娠・出産がありましたが、男女共同参画について理解ある超党派の議員の皆様のおかげで心穏やかに乗り越えることができました。

私も子育てをしながら仕事をしている親の一人として、ワークライフバランスを実行していきたいと思います
仕事とプライベート、どちらかを選ぶのではなく、どちらも充実させる働き方として、女性にとっても男性にとっても家庭と仕事の両立の取れる社会の環境づくりに今後も全力で取り組んでいきたいと思います。





DSC_0509

歌とアルパの演奏です。



DSC_0513

イクメン・イクジイのフォトコンテストの表彰式。




足立区介護事業者永年勤続褒賞及び元気応援ポイント活動褒賞 式典

今日は足立区役所本庁舎ホールで、区内介護従事者の永年勤続に対する褒賞表彰式と元気応援ポイント活動褒賞が行われました。

 

元気応援ポイントとは、65歳以上で介護サービスを利用していない元気な高齢者を対象に、介護施設などでボランティアとしてお手伝いして頂く事業です。

この事業は、あらかじめ区が指定した特別養護老人ホームやデイサービスセンターなどの介護施設で、利用者の話し相手やレクリエーション活動の補助などのボランティア活動を行うことで、1時間の活動につき元気応援ポイント手帳にスタンプを1個押印し(1個につき100ポイント)、年5,000ポイントを上限に、スタンプ1個を100円として活動交付金をお渡しし、5年以上続けて年3,000ポイント以上協力頂いている方々に活動褒賞を授与させて頂いております。

また、介護サービスの離職率が高い現状の中、介護従事者として地域の高齢者の福祉増進のために尽力した皆様にも、褒賞を授与させて頂いているところです。

 

この足立区の表彰制度が介護の仕事の素晴らしさをより多くの区民の方々に知ってもらう機会となり、介護人材の確保と育成につながっていくことを期待したいと思います。

 

本日、表彰されました皆様、誠におめでとうございました。




シングルマザーと子どもの貧困

今日は午前中、区役所で厚生委員会に出席し、いったん自宅に戻って赤ちゃんに授乳をしてから豊島区役所での勉強会に参加をしました。

今日の勉強会は「シングルマザーと子どもの貧困」。しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事長 赤石千衣子さんをお呼びして、ひとり親家庭の現状とその支援についてお話しを伺いました。

現在、母子家庭のみならず父子家庭でも経済的な困難さに直面しているそうです。
とかく父子家庭は収入が安定しているように思われがちですが、実際の父子家庭の平均年間就労収入が300万円以下の割合は43.6%、特に100万円以下の家庭が増えているそうです。また、親などの同居親族がいない父子家庭が約4割に上るそうです。

男性が突然子ども達を一人で育てることになったらどうなるのか。

男性の勤務時間は女性よりも一般的に長いため、子育てとの両立やワークライフバランスが見込めず、子育て・家事・仕事を両立させるには母子家庭よりもさらに困難さが立ちはだかるそうです。
確かに、女性はすべてをバランスよく同時並行することが得意ですが、男性は苦手です。

シングルになる理由として、離婚もありますが、死別もあります。

私も9月の出産の際には生死を分けるものだったので、私が死んでしまった場合のことを考えてみると、夫はどうなっていたのかと思ってしまいます。一人で全てを抱え込むことは無理だっただろうし、途方に暮れていたのではと思う次第です。

ひとり親家庭の困難さは子ども達の困難さにつながり、そこで育った若者達への困難さにもつながり連鎖をしていくそうです。

個々に悩みを持つ人たちがそれぞれの困難さに向き合い、それを自分たちの力で乗り越えることが大切です。具体的な支援としては、サロンをつくることや親の就労支援、子ども達への学習支援や子どもから親支援につなげることや支援につながりにくい家庭とつながるための支援が必要となります。

足立区では、既に走り出した施策もありますが、全てを網羅しているわけではありません。
これらの支援施策を効果的につくり上げるためにも、ひとり親家庭とその子ども達が社会の一員として、安定した生活と日々の生活に充実感が得られる施策を政策提案をしながら一つひとつ実現して行きたいと思います。



DSC_0492

シングルマザーと子どもの貧困。



DSC_0490

勉強会での一コマ。





HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク