NEW 第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら
« 2016年 12月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


綾瀬産後ケアハウス 視察

11月24日、12月21日の2日間を使って、葛飾区議会議員 中村慶子さん、杉並区議会議員 山本明美さん、中央区議会議員の渡辺恵子さんと一緒に綾瀬産後ケアハウスでお話を伺いました。

綾瀬産後ケアハウスは、私が今回、出産後にお世話になった施設です。
綾瀬産後ケアハウスは綾瀬産婦人科として2年前まで分娩が行われていました。
今は、先生がご高齢になられたとのことで、綾瀬産婦人科併設・綾瀬産後ケアとして、赤ちゃん、お母さんやご家族の育児サポートを行っています。
地元、綾瀬では、昔から大変人気の高い産婦人科です。

綾瀬産後ケアハウスでは、授乳や沐浴の仕方、お母さんの身体の産後のケアなど、お母さんが帰宅後に自宅で不安なく育児が出来る様、出産後のお母さんや赤ちゃん、そして家族に対する全面的なサポートをしています。

多くの人たちは出産=ゴールと思われがちな出産イベント。この綾瀬産後ケアハウスでは、「出産直後から始まる育児までを出産イベント」と考えてほしいとおっしゃっていました。

ママのお腹に赤ちゃんが宿った時から育児は始まり、赤ちゃんが産まれた瞬間からお母さんだけでなく、家族での育児が始まります。
産後ケアハウスの良い点は、お母さんだけの育児ではなく、家族も一緒に育児ができるように指導をして下さるところです。
一人ひとりが抱える悩みや不安にケアプランを作り、帰宅後の母乳外来の受診の際でも相談を引き続きしながら看護師や助産師が常に寄り添いながら対応をしてくれます。 利用した当事者である私からも言えることですが、この綾瀬産後ケアハウスではスタッフ全員が全力をもって対応をしてくれました。

一般的には出産までがゴールと考えがちですが、出産後のお母さんは、全治1か月の重傷を負った体で、たった4~5日間の入院後、疲労困ぱいした身体で自宅に戻り、赤ちゃんのお世話や家事や複数子どもがいればそのすべてをまかなっていかなくてはなりません。

出産後の育児は本当に大変です。

24時間、2~3時間ごとの授乳やおむつ替え、夜もぐっすりと眠れない状況の中で「私はお母さんになったのだから頑張らなきゃ」と体に鞭を打ちながら頑張る日々。気持ちが張りつめた状態の中で、毎日毎日、同じことを繰り返しながら身体を休めることが出来ません。あわせて、上の子供たちの面倒を見たり、食事を作ったり、洗濯物も山のように出て疲労困ぱいの日々。一生懸命おっぱいもあげたのに、寝ないし、わんわん泣くし。おっぱいが痛くなってきたけど、赤ちゃんが寝てしまっていて、中々タイミングがあわない等など。
出産後に帰宅してから、疲労困ぱいし、子育てを楽しいと思えない、自宅に戻ってから多くの悩みを抱えているお母さんたちはたくさんいます。そしてそれを解消できる場がないのが現状です。

アンケートでは、自宅に戻ってからのお母さんの生の声として「産後すぐに始まる育児がこんなに大変だとは思わなかった」「誰も教えてくれなかった」という声があがっているそうです。そして、げっそりとしてSOSを訴えてら綾瀬産後ケアハウスに来られるお母さんもいるそうです。
まさに、一人目の時の私は、「楽しい子育てが待っている!」と期待に胸を膨らませながら出産したものの、実際の育児の大変さに疲弊して、2人目の時には、2~3か月間ほど疲労困ぱいが続きました。

産後ケアハウスの検証では、1か月健診までの期間、いかにお母さんをケアできるか、28日間がボーダーラインだとおっしゃっていました。疲労困ぱいで育児手法があいまいな状態では、退院後、お母さんは不安が憎悪し、産後鬱発祥の原因となるそうです。
・あのお母さん、もう少し育児の練習が必要なはずなのに、家に帰ってもできるか心配。
でも、他の業務があるから付き添いたいけど時間がない。
・お母さん、結構疲れているな、大丈夫かな。
看護師たちがそのように感じても、病院では分娩の他にも多くの業務を抱えているため、母子のフォローが追い付かない状況となっているそうです。

国では、1人の女性が生涯に産む子どもの数を示す合計特殊出生率を現在1.4%から1.8%にする目標時期を2025年度としています。
現在、女性も男女雇用均等法によって社会で活躍するようになり、第1子を出産する年齢層が高くなりました。就労構造の変化とそれに伴う出産年齢が高齢化し核家族化が進行する中で、地域の関係性が希薄化となり、昔のような出産・子育てに対する考え方と出産後の母親を取り巻く環境が著しく変化しています。
そして、大学病院・総合病院に分娩が集中し、産科医の減少により産科施設も減少しています。

このような社会構造の中で、産後の女性が心身の健康を取り戻すためにも産後ケアハウスは大変重要な役割を担っています。産後うつや虐待の防止、そして夫婦のパートナーシップの在り方や兄弟・姉妹と赤ちゃんとの関係性を築く場として、産後ケアに比重を置くことの重要性を検討して行くべきです。
産後直後からのケアを厚くし、出産はゴールではなく、直後から始まる育児も重要であり、支援して行くものという意識を各自治体で取り組むべき課題であると考えます。

結婚して子どもを産み育てる中で「もう一人産みたい!」と思える環境を整備することが必要です。その為には、産後ケアハウスはオプションや贅沢なケアではなく、介護や保育園と同レベルの施策として、この足立区でも積極的に導入し構築すべきものと考えます(綾瀬産後ケアハウスでの足立区利用者数は49.6%)。

産後のお母さんたちにとって必要不可欠なケアとして、子育て支援施策の中で大変優先順位の高いものであることは、間違いありません。

私自身の子育ての経験を活かしながら、お母さんたちが「子育てが楽しい、もう一人産みたい!!」と心から思える育児支援施策の取組みをこの足立区から全力で進めていきたいと思います。



DSC_0571



Received_1249177351810151

綾瀬産後ケアハウス スタッフ渡邊さん、杉並区議会議員 山本明美さんと葛飾区議会議員 中村慶子さんと一緒に。



IMG_0645

綾瀬産後ケアハウス 院長 布施政庭先生と一緒に皆で記念撮影。



DSC00804



DSC00806

綾瀬産後ケアハウス スタッフ渡邊さん、中央区議会議員 渡部恵子さんと一緒に。




綾瀬産後ケアハウス

私は9月2日に出産した際に、羊水塞栓症と弛緩出血による大量出血(約4.4.ℓの出血・輸血10人分の治療)で救命救急搬送され、EICUに入りました。そして、出産施設から退院後の9月9日から15日までの6泊7日、綾瀬産後ケアハウスでお世話になりました。

お産後の心と体のバランスが不安定な時期、私はこの綾瀬産後ケアハウスで支えて頂きました。出産から退院までの1週間は疲労困ぱいで身体はフラフラ、おっぱいはかさぶただらけで痛くて痛くて血だらけ、それでも母乳を与えようと一生懸命だったあの頃、そのまま自宅に戻っていたら私だけでなく、家族みんなが疲弊していたと思います。

出産・退院後も1週間、じっくりゆっくりと赤ちゃんとの関わり方を家族全員が産後ケアハウスで学ぶことができ、自宅に戻ってからは身体共に家族みんながリラックスをして、心に余裕を持ちながら赤ちゃんと向き合うことが出来ています。

今回の出産では3人目の子育てとなり、自分や夫の親も高齢で出産後の支援が見込めない状況の中、夫に家事・育児のすべてをお願いすることになってしまいました。夫は約2か月間、私にはできるだけ自宅で養生をし、寝ているようにと言って、家事の全てをこなしてくれました。大変感謝しています。
お買い物、食事(産前中に夫は自らの意思でABCクッキングスクールに通いました(笑))お洗濯、お掃除の全てです。

そして、今、ようやく我が家の赤ちゃんは生後4か月目に入ろうとしています。 毎日の沐浴は今も夫がしてくれています(夫が一回だけ仕事で沐浴できなかった日がありましたが、次女がせっせと沐浴をしてくれました!)。私は出産後、自宅に戻ってからはずっと沐浴後の身体拭きに専念している状態です(笑)。

夫はイクボス宣言をして、出産後は自宅を拠点として仕事をしています。産後2か月過ぎくらいから段々と家事・育児の疲れが出ているようにも見受けられましたが、今は私も体が健康体に戻ったので、お互いに出来ることをバランスよく調整しながら仕事と家庭の両立を図っています。夫からは今回の件で、専業主婦の大変さが身に沁みてわかるようになったとのこと。夫はよい経験が出来たと言っています。

そして退所後も初回は4~5日に1回、3回目以降は2週間ほど期間を開けて綾瀬産後ケアハウスの母乳外来に継続して今も通っています。母乳外来でおっぱいケアと育児相談、そして赤ちゃんの体重管理や身長の測定など、諸々お世話になっています。

綾瀬産後ケアハウスで1週間、夫や子供たちが育児参加の関わり方をしっかりと学ぶことができたことは、我が家にとって大変貴重なものとなりました。赤ちゃんが自宅に戻った後も、赤ちゃんを中心とした家族の関わり方が上手くできてます。

切れ目のない子育て支援を綾瀬産後ケアハウスで行って頂いている最中です。産後ケアハウスはママの休息の場であるだけでなく、赤ちゃんの育ちを支える大切な場でもあるようです。

今後は、仕事も軌道に乗ってきたので、ベビーマッサージや産後の身体を引き締めるリカバリーヨガクラス、子育て談義の場でもあるママカフェなど、活用してみたいと思っています。

主に家族が学んだ内容は以下の通りです。
育児トレーニング・・・授乳(母乳・粉ミルクの与え方)・職場復帰してから使う購入済みの搾乳器を利用しての搾乳の仕方・その保存方法・おむつ替え・あやし方・抱っこの仕方・寝かしつけ・沐浴指導・抱っこひもの使い方など

赤ちゃんのケア・・・体重・発育管理・沐浴・スキンケア・ミルクの増やし方(日数が過ぎるとどれ位の量が必要になるか以外と悩むところです)など

ママに対するケア・・・乳房ケア・休息・アロマオイルトリートメント・育児相談・育児技術など



DSC00354



DSC00345

綾瀬産後ケアハウスでのお食事はとっても美味しかったです!レストランの味です。モリモリ食べて、瞬く間に産後の身体が元気になりました。家族も別料金をお支払いすれば、食堂で一緒に食べることができます。毎日、家族で朝食・夕食を食堂で頂きました(笑)



DSC00319

パパも沐浴指導を受けました。



DSC00320_NEW

看護師さんから沢山の育児技術を学びました。今でも母乳外来でお世話になっています。子育てをしていく中で、心強い存在です!



DSC00352

産後ケアハウスから、ステキなベビーソックスのプレゼントがありました!。




仕事納め

今日は15時から区役所庁舎ホールで仕事納め式がありました。

例年、区役所職員の皆様が庁舎ホールで集まり、我々からも職員の皆様に一年のお礼を込めてご挨拶をさせて頂いております。

今年一年を振り返ると私自身、新年明けてすぐの妊娠、9月の出産では、生死を分けたものとなりました。出産時には羊水塞栓症と弛緩出血による大量出血で救急搬送されEICUに入るほどの大変な状況となりましたが、持ち前の気力と体力で何とか体調を整え、出産後8週間で仕事復帰を果たすことができました。

産前・産後と常に温かいお気持ちで対応して下さいました職員の皆様、大変感謝をしております。

 

区長をはじめ、職員の皆様、本当にありがとうございました。
この場をお借りして、改めてお礼を申し上げます。

 

仕事始めは1月4日からとなります。

来年も区民の皆様にとってより安心・安全な誰にとっても暮らしやすいステキな街・足立区をつくる為に、さらにパワーアップした子育て目線を兼ね備えた議員として新たな政策提案を行い、その実現に向けて、区長をはじめ職員の皆様と一緒にがんばって参りたいと思います。




つつみ式乳房マッサージ法研究所「マタニティケアクラス」中野区委託事業 視察

12月25日のクリスマス、中央区議会議員の渡辺恵子さんと一緒に中野区にある「つつみ式乳房マッサージ法研究所」に伺い、中野区の委託事業、マタニティケアクラスを視察しました。

つつみ式乳房マッサージ法研究所は、赤ちゃんを出産したお母さんの授乳行為がスムーズに行えるよう、その育児技術を助産師に教えています。また、中野区と中央区の委託事業を通して、母親学級などで出産間近のお母さんや出産後のお母さんの母乳ケアを行っています。
この研究所には年間約2000人から2500人が来院し、浦安にある母乳外来には約3000人から3500人ものお母さんたちが来院しているそうです。

中野区では以下の内容を委託事業としています。
☆「こんにちは赤ちゃん学級」(両親学級)
2014年から実施。2016年度は年間52回実施。
対象者は初めて出産を迎える中野区在住の妊婦とその家族。
参加者は20~22組。1回2時間30分
内容は、妊娠と出産の経過及び産後についての講義、実習・体験学習(沐浴・着替え・おむつ交換・パパの妊婦体験)、参加者同士の交流などを指導。

☆「産前サポート事業」(マタニティケアクラスとして、母乳育児についても指導)
昨年10月から。
対象者は初めて妊娠を迎える中野区在住の妊娠28週から36週の妊婦。
参加定員は1回6名まで。1回2時間
実施場所は当社ビル。

☆産後サポート事業・ほっこりーの
昨年10月より実施。今年度は年間12回実施予定。
対象者は、中野区在住の生後4か月以下の第1子の乳児とその母親。
参加人員は1回12組まで。1回2時間
内容は、子育てに悩みを持つ散布への集団による相談、健康指導など。座談会方式。

☆産後ケア事業 ディケア
昨年10月より実施。今年度は月2回、年間24回実施予定。
対象者は、中野区在住の産後(生後4か月以下)において、家族から十分な家事・育児等の援助が受けられない母子に対して区が※承認したもの。
1回1名。1日5時間
内容は、産後の母体管理及び生活面の指導、乳房ケア、授乳方法の指導、発育相談など。
(※エジンバラ評価基準(EPDS)により、産後うつの傾向のある人をスクリーニング)

エジンバラ産後うつ病自己評価とは:
エジンバラ産後うつ病自己評価票(Edinburgh Postnatal Depression Scale: EPDS) は、産後うつ病のスクリーニングを目的として、1987年にCoxらが開発した自己記入式質問紙。原版は英語。
現在、58ヶ国語の翻訳版が作成され、国際的に広く普及しているそうです。

どの事業も評判が良く、キャンセル待ちの状態とのお話しです。
また、中野区では昨年10月から1万円分の「こども商品券」を利用して、この研究所で乳房ケアも受けられるようになったそうです。
また、杉並区ではすでに「子育て応援券」でこちらの母乳ケアが受けられる体制になっています。

中央区の委託事業は以下の通りです。
☆「パパママ教室」(両親学級)
2001年度より実施。今年度は委託・中央区直営合計で年間24回実施予定。
中央区保健所、日本橋・月島保健センターの3か所で実施。直営もつつみ式から派遣。
対象者は、初めて出産を迎える中央区在住の夫婦。参加者は25組前後。1回2時間30分。
内容は、妊娠と出産の経過及び産後についての講義、実習・体験学習(沐浴・着替え・おむつ交換・パパの妊婦体験)、参加者同士の交流などを指導。

<中央区直営事業>講師は、つつみ式から派遣
☆プレママ教室(母親教室)
月島保健センターで年間6回実施。1回2~3時間
内容は講義主体。

☆3~4ヶ月健診
中央区保健所、日本橋・月島保健センターで年間48回実施。1回4~6時間
内容は予診・母乳相談を中心に実施。

☆フリー乳幼児健診~生後3~4ヶ月以外の対象者を含めて実施
中央区保健所、日本橋・月島保健センター、晴実児童館で年間48回実施。1回4~6時間
内容は予診・母乳相談を中心に実施

☆ママとベビーのはじめて教室
中央区保健所、日本橋・月島保健センターで年間36回実施。1回4~6時間
内容は講義、母乳、タッチケア(手遊び)、予診を中心に実施

母乳育児は出産後の育児に備えるためにも、産前の母親学級の中でしっかりと学ぶべき項目です。しかし足立区の両親学級には指導はありません。出産をした病院でも、事前に母親学級に通いましたが、母乳についての指導はありませんでした。
長女、次女の時(足立区の病院)にも、指導は受けていないので自己流になっていました。

出産後は病院の看護師さんが母乳ケアをしてくれますが、飛び上るほどに痛くて自己流になっていきます。
長女や次女、そして今回の出産と3か所の病院で母乳ケアを受けていますが、看護師さんのやり方は痛くて痛くて。
看護師さんに痛いと訴えても「そういうものです」と言って母乳ケアをされます。そうすると看護師さんにおっぱいを触られるのも嫌になり、母乳ケアを受けること自体が苦痛になってストレスになります。

まさに、今回の3人目の出産でも同じような状況になり、頻回に母乳を上げながらもおっぱいが切れてかさぶたになり血だらけ、それでも母乳を飲ませ続けて、結果、病院を退院する日に赤ちゃんの口から吐血してしまいました。
それが母乳からなのか、赤ちゃんからの血液なのかを調べるために、赤ちゃん自身の検査になってしまい、レントゲンから血液検査、胃の内容物の確認など、全ての検査を受け、結果は乳首が切れて血液が混じった母乳を頻回にあげ続けていたことによる吐血でした。

その後、綾瀬産後ケアハウスに入所し、初めて痛くない母乳ケアを受けました。
この産後ケアハウスの看護師・助産師さん全員が共通して痛くない母乳ケアをして下さったことが、母乳育児について考えるきっかけとなりました。
そして、今回、綾瀬産後ケアハウスのスタッフがつつみ式研究所の研究生でもあり、つつみ式をご紹介いただきました。

赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうためには、予め自分のおっぱいマッサージをしてやわらかくすることが必要です。

授乳は赤ちゃんとの共同作業。

ともに安定するゆったりとした状態で飲ませていくことが大事なことだということを教わりました。
そして、おっぱいマッサージと赤ちゃんへのおっぱいの吸わせ方。この2つが大切です。
赤ちゃんが吸っているときにチェックすることは、
・ドナルドダッグのような口になっていること
・チュパチュパ音を立てない
・吸われても痛くない
・授乳中に乳輪を引っ張っても乳首が口から外れない
また授乳姿勢として、自分のおっぱいの形状を確認して乳頭の位置や高さに赤ちゃんの口を合わせ、クッションや座布団などを使って調節する必要があります。

おっぱいのマッサージから赤ちゃんへの吸わせ方など、お母さんたちはしっかりと産前から勉強をすべきです。おっぱいは通常出産後2日間はでず、赤ちゃんに吸わせないと1週間で母乳が出なくなってしまうそうです。
母乳をあげることで、お母さんの脳の下垂体というところから「プロラクチン」と「オキシトシン」というホルモンが分泌されます。このプロラクチンは、おっぱいを育て、母性を育てる分泌物。「オキシトシン」は、つくられた乳汁を送り出して、子宮の戻りを良くしてくれるそうです。赤ちゃんの事を考えたり泣き声を聞いたりして母性的な感情を高めるそうです。

母乳育児は以下のようなメリットがあります。
・子宮収縮を促し、産後の回復が早くなる
・ 赤ちゃんとの愛着形成が進む
・ マタニティブルーを軽減できる
・ 産後ダイエットによい
・ ミルクを作る手間が要らない(疲労困ぱいしているときに、夜の授乳が楽です)

デメリットとしては以下のような点も挙げられます。
・ 飲んでいる量がわからず不安になる(私の場合には、産後ケアハウスで赤ちゃんの1日の体重の増えを計算してもらいました)
・ 授乳間隔が短くて大変(一時のもの、育児を楽しむと思えば大丈夫)
・ 乳房、乳頭トラブルがおきる(母乳ケアをしてくれるところで受診)
しかし、産後ケアハウスなどの産後切れ目ない相談体制が構築されていけば、このような悩みは解消されます。

母乳育児の大切な約1年間、この時間を赤ちゃんとともに共同作業で過ごすことで、母親と赤ちゃんとの愛着形成はより深まっていくものと思われます。全てのお母さんたちが母乳育児を実践すれば、赤ちゃんに対する深い愛着形成が育まれ、児童虐待は無くなるはずです。母乳育児に対する支援も大変優先順位の高いものであると赤ちゃんを出産して気がつきました。
つつみ式乳房マッサージ法研究所でのお話をしっかりと足立区の支援施策の中に導入をしていきたいと思います。

今回、つつみ式研究所の皆様から長時間にわたりご指導を頂きました。大変感謝申し上げます。
ありがとうごじました。



DSC00842



DSC00841

つつみ式乳房マッサージ法研究所前で。



IMG_2089

中野区委託事業 マタニティケアクラスでの一コマ。母乳ケアについての講義中です。



DSC00844

杉並区では「子育て応援券」でつつみ式の母乳ケアを受けることができます。

DSC00843


杉並区の「子育て応援券」です。

IMG_2096

つつみ式助産母乳育児相談処 院長 堤尚子先生とスタッフの皆さまと一緒に記念撮影。




しながわネウボラネットワーク 視察

今日は、品川区議会議員 阿部ゆみこさん同席のもと、葛飾区議会議員 中村慶子さん、中央区議会議員 渡部恵子さん、杉並区議会議員 山本明美さんと一緒に品川区で行っている「しながわネウボラネットワーク」についてお話を伺ってきました。

品川区は1998年以降人口が増加しており、合計特殊出生率は全国平均1.46%、東京都平均1.17%の中で、品川区は1.23%と東京都の平均をやや超えている状況です。

現在、東京都が勧めている出産・子育て応援事業(ゆりかご・とうきょう事業)※1を品川区は実施しています。品川区の保健センター所長の話によれば、出産・子育て応援事業は、国では30代世代の出産を支援しようとしているのではないかとの見解を示されていました。このことを踏まえながら、品川区では、出産後のエジンバラ評価※2が9点以上という妊婦が9%いることに着目し、ネウボラ事業を行ったところ、この値が7%まで減少したそうです。
※出産・子育て応援事業(ゆりかご・とうきょう事業)平成27年度から31年迄の5ヵ年
全ての子育て家庭に妊娠期から行政の専門職が関わることにより、出産・子育てに関する不安を軽減するとともに、各家庭のニーズに応じた支援を妊娠期から子育て期にわたり、切れ目なく行うことにより妊婦・乳幼児・保護者の心身の健康の保持・増進を図る。
包括的支援事業:人件費・育児パッケージ
任意事業:産前産後サポート事業、産後ケア事業、修繕費

※2エジンバラ評価・EPDS=産後うつ病をスクリーニングするもの

現在、品川区では全妊婦さんを対象に妊娠期の面接を行い、保健師や助産師の保健指導をしているそうです。
大切にしているのは妊婦さんとの信頼関係とおっしゃていました。信頼関係が築かれると、夫のDVなどを話してくれる妊婦さんもいるそうです。
区内3保健センターで助産師、保健師が事前に予約を受けた後、または母子手帳交付時に面接を行い、終了後には応援グッズを渡しているそうです。

子育てネウボラ相談※を行っており、保健師・看護師・教員・保育士などの何れかの資格を持った「子育てネウボラ相談員」を児童センターに設置し、子育て全般の相談や子育てサービスの情報の提供、他機関の紹介、希望者にはサポートプランの作成を行っています。
※ネウボラ…アドバイスをするという意味

品川区では、0~5歳までの子どものいる保護者1200人(有効回収率60.9%)に対しアンケートを行いました。その調査で妊娠中、出産前後に希望するサービスとして挙げられているのが以下の通りです。
・妊娠中のサービス(母親学級・マタニティヨガなど)61.7%
・気軽に相談できる場所57.5% ・産後のサービス(産後ケア・産後のママのボディケアなど)56.5% ・出産前後の支援53.5%
・妊娠中・出産時のトラブルや緊急時の対応(授乳・つわり・流早産・出産についてのサポートニーズ有り)52.7%
・育児サポートのサービス(家事援助など)44%

品川区ではこのアンケートを基に産後ケアの要望が非常に高い所に着目し、初産の方々の疲労回復の必要性を急務させるため、日帰り型(平成28年6月から実施)と宿泊型(平成28年12月から実施・モデル事業)の事業を行うこととなったそうです。

以下その内容です。
日帰り産後ケア
1日1組 母親と乳児 月曜日から木曜日の午前11時~午後3時 4時間
実施場所 第一ホテル東京シーフォート 客室フロア
品川区2-3-15(天王洲アイル駅下車 徒歩4分)
利用料 一般4000円、非課税世帯2000円、生活保護 無料
対象者  産後において、家族などの援助が得られにくく育児不安などのある初産で産後60日未満(当面90日未満)の母子
ケア内容  助産師などによる心身のケアや育児支援、そのほかの母子の健康維持及び増進に必要な指導・相談などを行う

平成28年6月から10月までの利用状況は、7・8割程度だったそうです。申し込み状況は暑さ、寒さ、豪雨など雨天に左右されやすく利用した母親からは、期待の達成や不安の軽減、リフレッシュなどいずれも満足度は高い結果が得られたそうです。

宿泊型産後ケア
開始時期 予約11月から 宿泊12月から
実施施設 NTT東日本関東病院、東芝病院、昭和大学病院、聖路加参産科リニック
対象者  以下の全てを満たすもの
・品川区在住の初産の母子
・里帰りをせず、体調不良や育児不安などがある
・医療管理が必要なく退院許可が出ている
・産後2か月まで
利用料  自己負担額は1泊につき10000円 減免制度あり
     多胎の場合には1泊につき上記の自己負担額に2人目以降の子1人あたり200円加算する
・継続滞在型 出産した病院で産後ケアを受ける   上限2泊3日まで
・転院型   出産した病院以外で産後ケアを受ける 上限3泊4日まで
聖路加参産科リニックのみ
ケア内容 母体ケア(母体の健康状態のチェック・母乳ケアなど)・乳児ケア(乳児の健康状態、体重のチェック・育児相談・授乳指導・休息・食事の提供・沐浴など)等の心身のケアや育児サポートなど
宿泊型産後ケア事業予算:9738千円

赤ちゃんとお母さんを取り巻く環境は昔と違っています。核家族化と晩婚化が進む中で、孤立化しています。産後のお母さんが心身を休めて、安心してゆったりと育児技術を身に付けることができ、出産後も自身を持って家庭での育児に臨める環境をこの足立区でも構築することが急務です。行政がその支援を構築することで、妊婦となった時点から、地域での身近な相談と支援の機会を受けることができます。
その為には、区役所などの相談機関・支援機関を充実させ、医療機関など、関係機関との連携強化が必要となってきます。
妊娠から出産・育児への切れ目ない支援は、お母さんを一人にさせない、孤立化の防止と児童虐待を予防することにつながります。

「安心して子育てができる、子育てに自信が持てる足立区」をわたしは全力で実現したいと思います。

DSC00797



IMG_0837

品川区役所で保健センター所長よりお話を伺いました。



Received_1274006665993886

中央区議会議員 渡部恵子さん、杉並区議会議員 山本明美さんと一緒に。




ファイブベインズ 

10月の産休中に葛飾区議会議員の中村慶子さんから綾瀬駅前のファイブベインズってなあに?という質問をされました。
地元、綾瀬に住んで20年。綾瀬駅前のハト公園にある公衆トイレにそのようなネーミングがついていたことを知りませんでした。

早速、都市建設部のユニバーサル担当課長にお聞きしてみたところ、改めて調べて下さり、公園課の課長からご連絡を再度頂きました。

この綾瀬駅前公衆トイレのファイブベインズは、5つの風見鶏と言う意味だそうです。トイレの屋根に5つの風見鶏が光って見えるしかけになっています。

このトイレの設計は、六角鬼丈氏(東京藝術大学名誉教授)です。 トイレの隣にある交番も六角鬼丈氏が設計されたそうです。
1990年東京武道館を六角鬼丈氏が建設され、その際に綾瀬駅前の公衆トイレと交番も設計されました。

そこで東京武道館に足を運んでみると、ハト公園の公衆トイレと同じデザインの風見鶏がお揃いで設置されていました。

彫刻を街中に設置し都市を芸術空間として擁立するコンセプトが確立して行った時期が1980年代です。自治体の公共施設や公共の空間に次々と彫刻作品が設置され、「パブリックアート」という言葉と共に1990 年代に入ってから注目を集めたそうです。
各自治体がこぞって屋外空間に彫刻作品をはじめとする芸術作品を設置していった次期でもあるようです。ちょうどその頃に東京武道館も建設されており、その頃、ファイブベインズ公衆トイレも一緒に建設されました。

綾瀬駅前のハト公園にある公衆トイレには、ファイブベインズとカタカナで書いてあります。せっかく著名な建築士が設計されているのですから英語表記をするなり、その名前の由来を書いて欲しい旨を要望しました。
今年度、年明けにハト公園のファイブベインズ公衆トイレに、その由来を書いた看板を設置して下さることになりました。楽しみにしています。

調査をしたところ、足立区には「パブリックアート」が公園や竹ノ塚彫刻ロードや歩道、プチテラスなど57か所、設置されています。

多くの区民が気軽に芸術に触れる「パブリックアート」のマップを作って、区民に広く周知をしてみたらまた違った街歩きの一つにもなるのではないでしょうか。
誰もが歩いて楽しい足立区になるよう、「パブリックアートを活用した街づくり」も提案していきたいと思います。

DSC_0426

綾瀬駅前の東綾瀬公園・通称ハト公園のトイレ。ファイブベインズと書いてありますが、何の意味か分かりませんでした。



DSC_0427

六角鬼丈氏の設計です。5つの風見鶏という意味で、風見鶏が屋根についていました。



DSC_0482

1990年に建設された東京武道館です。こちらも六角鬼丈氏の設計。



DSC_0481

東京武道館を歩いてみると、トイレと同じデザインの風見鶏を発見。




特定外来生物(植物)の防除について

近隣の方から、区立公園に特定外来生物(植物)が生息しているとのご相談がありました。
特定外来生物とは、もともといなかった国や地域に外部から持ち込まれた生き物で、生態系や人体・農林水産業へ被害を及ぼすもの、もしくはその恐れのあるものが外来生物法によって「特定外来生物」に指定をされています。飼育や栽培、運搬、販売などの行為が禁止されているものです。

例えば動物では、アライグマやカミツキガメ、ウシガエル、セアカゴケグモなど
植物では、オオキンケイギク、オオフサモ、ボタンウキクサなど

今回、私に相談があった特定外来種は動物ではなく植物でした。
ヨウシュヤマゴボウという植物です。多年草で、別名アメリカヤマゴボウと言うそうです。
毒性があって実も葉っぱはも根も食べられないそうです。
特に根が一番毒性が強く、食べると下痢、おう吐、けいれんなどの中毒症状を起こすそうです。

高さは2m前後、茎は無毛で赤く、根は太く長くて、6月から9月にかけて白色ないし薄紅色の花からなる花穂を枝先に付け、夏季に扁平な果実を付けた後に初秋に黒く熟します。熟した果実は柔らかく、潰すと赤紫色の果汁が出ます。

公園で毎年この植物を見ていましたが、近隣の方から相談をされるまで、これが特定外来種とは気づきませんでした。北アメリカ産で、明治初期以降に各地で繁殖して増えているそうです。ちなみにこの公園に生息しているヨウシュヤマゴボウは、ご相談された方が結婚してお嫁に来た時からあるとの話だったので、かれこれ40年は生息していたようです。

この公園は毎日のように保育園が子ども達の遊びの場として利用しています。乳幼児が口にしたら大変、すぐに足立区の公園課に話をしました。素早い対応で次の日には公園の特定外来種を除去してくれました。

東京23区で特定外来生物(植物)に対する取り組みがどのようになっているのか、今回、調査をしてみました。
特定外来生物(植物)の防除について、ホームページなどによる案内・周知などの他に自治体独自による取り組みを行っているのはどれくらいあるか。調査をしたところ、23区では3区。北区、葛飾区、江戸川区でした。

その取り組みは以下の通りです。
北区:外来植物数の調査を実施し、調査書を作成。
葛飾区:外来生物啓発用下敷きの作成やその配布(区内小学4年生全員を対象)。
単発事業として、平成27年度に特定外来生物「オオフサモ」の駆除体験及び生き物観察会を実施。
江戸川区:特定外来植物の持ち込み禁止看板の設置。

外来植物を発見したら、速やかに防除を行うことが重要です。
他の自治体も調べたところ、神奈川県の取組みが出てきました。 
こちらは、ゴミとしての出し方を県民に周知しています。花の咲く時期と種子を付けた時期では扱いが異なるようです。

以下、その取り組み内容です。
花の咲く時期… 全草を根元から引き抜き、丈が30cmを超えるものは30cm台に裁断し、市の可燃専用袋(青色の袋)に入れる。
種子をつけた時期… 引き抜いた全草を、種子が飛散しないように注意し、市の可燃専用袋(青色の袋)に入れる。丈が30cmを超えるものは30cm台に裁断。
※防除した特定外来生物(植物)のゴミとしての出し方は、各市町村にお問い合わせください。とのこと。
足立区では、このような規則はまだありません。
特定外来生物(植物)の防除について公園課にお聞きしたところ、綾瀬の公園を先ずは防除して頂けることになりました。
今後、足立区すべての公園、川辺などでの特定外来種の防除、そして区民の力で防除した場合の取り扱いについての規則をどのようにするか、担当部署と詰めていきたいと思います。

今回の件で、迅速に対応をして下さいました公園課の皆様、ありがとうございました。

DSC_0442

ご近所から持ち込まれたヨウシュヤマゴボウ。毒性の強い特定外来植物です。



DSC_0447

公園課にお話をしたところ、翌日には対応をして下さいました。



DSC_0449

40年間生息していたので、根が深くて太いようです。藤の根っこを傷つけないようにヨウシュヤマゴボウの除去作業が始まりました。



DSC_0452

太くて大きな根っこが地中から引き出されました。

DSC_0448


迅速に対応をして頂きまして、ありがとうございました。




イルミネーションサンアヤセ&TOKYO

今日は恒例のイルミネーションサンアヤセの点灯式が行われました。

都立東綾瀬公園(ハト公園)では、今日から25日のクリスマスまで、綾瀬駅前を鮮やかなクリスマスの光で彩ります。また、竹ノ塚では、駅を降りて元渕江公園までの約1.2kmにおよぶ街路樹のイルミネーション・光のケヤキ並木が素敵なクリスマスの夜を演出しています。メイン会場となる元渕江公園内では、20mを超える8本のメインツリーが鮮やかなクリスマスの光で彩られていますよ。

今日はここ地元綾瀬では、10時30分~18時までダンスや演奏などのステージショーが開催され、14時からは未就園児限定のサンタクロースからのプレゼントがありました。16時からはLEDによるキャンドルイルミネーションのクリスマスツリーの点灯式が行われています。

今日は、大学1年生になった長女が写真撮影をしてくれました。
段々親離れしてきたように思われる今日この頃ですが、一緒に会場に来て写真撮影をしてくれる娘が頼もしい限りです。
長女と次女がイベントに参加をしてくれていた数年前がとても懐かしく感じられますが、今度は下の娘(只今、生後3か月)が来年から区内のイベントに一緒に参加してくれるのかな♪と思うと今からワクワクしているところです。



DSC00741

今年はたくさんの議員がイルミネーションサンアヤセに集まりました。



DSC00777

LEDの蝋燭に点灯です。



DSC00787

幼稚園生のチアリーディングです。



DSC00791

クリスマスツリーに灯りがともりました。




千寿小学校 仮設校舎内覧会

今日は千住緑町にある千寿小学校の仮設校舎に行ってきました。

仮設校舎(千住緑町1-4-16)は、既存校舎(足立区千住宮元町6番1号)とは若干距離がある場所に建てられています。

プレハブ仮設校舎というと歩くとがたがたするようなイメージがありますが、昔とは違い、立派な校舎として建てられています。
特別教室も広く、校舎の中は大変広くとられています。そして、校庭には人口芝生が敷き詰められていました。

今後、地元の綾瀬小学校、東綾瀬中学校の建て替え工事の予定があります。
このように実際の現場に足を運ぶことで今後の課題などが見えてきます。

以下、千寿小学校の仮設・新校舎スケジュールです。(区ホームペーより)
• 既存校舎での学校運営:平成28年12月まで
• 仮設校舎の建築:平成28年7月から平成28年12月まで
• 仮設校舎での学校運営:平成29年1月から平成31年3月まで
• 新校舎の建築:平成29年7月から平成31年3月まで
• 新校舎での学校運営:平成31年4月から




DSC_0633

仮設校舎の手洗い場。とてもしっかりとした作りです。



DSC_0635

私の時代は、書道は自分の教室で行っていましたが、今は特別教室にあるそうです。



DSC_0638

給食室での一コマ。先輩の鈴木あきら議員と一緒に記念撮影。



DSC_0641

後方にスカイツリーが見えます。校庭は人口芝生です。




綾瀬ひまわり園 餅つき会

今日は綾瀬7丁目にある綾瀬ひまわり園で行われた「餅つき会」に出席をしてきました。
風が冷たく感じられる日でしたが、自転車で現地まで行きました。

今後、利用者の福祉サービスがさらにニーズにあったものへと拡充できるよう、利用者とその家族の皆さまの声をしっかりと聞いていきたいと思います。
そして、障がい者の皆さまが地域の方々と共に笑顔で生活できるよう、関係機関や団体と連携をとりながら、私も地元の一人として今後も地域に働きかけていきたいと思います。

本日は楽しいひと時を皆さまと共有でき、心温まりました。
ありがとうございました。



DSC_0612

お餅つきを私もさせて頂きました。






2020年東京の交通網

今日は自治研の勉強会「東京の交通網」について学んできました。
場所は、中野サンプラザです。

国土交通省では、2020年の東京オリンピックまでに道路輸送インフラの整備や1日の乗降客数が3,000人以上の旅客施設、特定道路等について2020年度までに原則100%のバリアフリー化など、バリアフリー法の基本方針に定める整備目標の着実な達成に向けて取組みを推進しているところです。特に、空港アクセスバスのバリアフリー化に向けては、空港から競技会場等までの連続的・一体的なバリアフリー化や、心のバリアフリーの全国的展開など、今後重点的に取り組む姿勢を示しています。

国では、障がい者や高齢者のみならずベビーカー等に対する歩行者移動支援サービスについても検討されています。屋内外問わず、自分の現在位置、目的地までの経路等の情報が詳細に入手可能となる手段として屋内外の電子地図や屋内測位環境等の空間情報のインフラの整備・活用、移動に資するデータのオープンデータ化等を推進して、民間事業者等が多様なサービスを提供できる環境を整備するそうです。

最近、下の娘が生後3か月になった事からベビーカーで移動することが多くなりました。
足立区のみならず区外に外出することも多くなり、A型ベビーカーで移動する際、最初に苦労をしたのが歩道のちょっとした段差でした。弱視の方にはある程度の段差が必要だという話しを当事者会の皆様からお聞きしているところですが、そのちょっとした段差にベビーカーの車輪がつまずいてしまい中々スムーズに歩道を走らせることができません。

また、電車の乗り継ぎでのバリアフリー情報をネットで調べていたとしても、図面がわかりにくく、実際に足を運んでみないとエスカレーター・階段の位置情報が上手く読み取れないことがわかりました。

交通弱者に対するエレベーターの誘導はワンルートのみ。

行きたい場所に通ずる出口にそもそも出れません。エスカレーターがあっても、途中までであとは階段のみであったり。エレベーターは一か所しか設置されていないため、遠くの場所まで行かなければならず、区外に外出した初日は、地下鉄構内を数十分間、右往左往しました。結局、ベビーカーで地上に出た時には、目的地からかなり遠くの場所になり、目的地に到着するまで周りに回って約40分ほど時間を費やしてしまいました。

健常者と同じようにスムーズに移動できる経路の整備の必要性を痛感する今日この頃です。
バリアフリー構想が進んでいると思っていましたが、効率的な移動手段が無い実態に大変驚いています。

国では、「子ども・子育てビジョン」(平成22 年1月29 日閣議決定)において子育て環境の整備と言う観点から、社会全体で子育てを支える「子どもと子育てを応援する社会」への転換を求めています。しかし、依然として、交通弱者が移動手段に大変苦労している現状がありました。

先ずは「みんなにやさしい・誰にでもやさしい足立区」をつくるためにも、乳幼児連れの外出や移動の負担が軽減できる子育て世帯を含めた、やさしい足立区の視点を求めていきたいと思います。
子育て世代の視点を取り入れたユニバーサルデザインの街づくりを積極的に推し進めながら、「みんなにやさしい・誰にでもやさしい足立区」を新たな視点で構築していきたいと思います。



DSC_0607






生後100日目 お食い初め

今日は娘が生まれて100日目。
夫の法律事務所がある品川駅周辺でお食い初めをしてきました。
お食い初めは初めて赤ちゃんにご飯を食べさせる真似事をさせるお祝いの儀式です。
尾頭付の鯛、お赤飯、煮物、すまし汁、香の物、歯が石のように丈夫で硬くなるようにと小石も添えられていました。

我が家の赤ちゃんは、すくすくと目いっぱいに心と体を発達させています。

今は毎日が赤ちゃん中心の生活です。
夫は事務所でボス育宣言をして実行中です。
家事は分担制ですが、ほとんど主要なことは夫がしています。感謝です。
ちなみに赤ちゃんの沐浴は毎日欠かさず夫がしてくれています!

生後2か月目と3か月目には、予防接種の同時接種を4種類・5種類と受けました。
産まれた時から新生児微笑でよく笑う子でしたが、今ではあやすと声を立ててよく笑います。
生後20日でベッドのメリーを目で追って追視を始めたり、生後46日目から「はうー。」といったクーイングも始めました。生後75日目で自分の意思でがらがらのおもちゃを握ってみたり、生後80日目でうつぶせにすると頭を高く持ち上げるようになったり、生後90日目で自分の手の存在に気が付いて左手をじーっと眺めています。

家族みんなで「かわいいね。かわいいね。大好きだよ。」とかわるがわる声をかけて抱っこしている毎日です。
娘の成長とともに、いろいろな所に家族でお出かけしながら、豊かな経験をたくさんさせてあげたいと思っています。



DSC00699

お食い初め。尾頭付の鯛、お赤飯、煮物、すまし汁、香の物等など。



DSC00732

赤ちゃんの防寒着は小さくて可愛いですね。



DSC00716

夫の法律事務所がある泉岳寺駅前は2024年度を目途に新駅の着工に取り掛かっています。再開発の整備に地元住民の関心が高まっています。




長谷川たかこ後援会 忘年会

今日は地元綾瀬で、後援会の皆さまと一緒に長谷川たかこ後援会の忘年会年を行いました。
お忙しい時期にもかかわらずお集まりいただき、大変感謝しております。

今年の忘年会には、都議会議員の大西さとるさんをはじめ、第13区総支部長 北條智彦さん、そして私の選挙を支えて下さった仲良しの野田市議会議員 小椋直樹さんも来賓で参加をして下さいました(笑)。

日頃から私を支えて下さっている皆さまと共に楽しいお時間を過ごすことができました。
後援会の皆さまと年の瀬を締めくくることができ感激です。

来年も私を支えて下さっている皆様さまと共にさらにパワーアップをしながら、よりよい足立区に向けて一歩ずつ着実に政策実現をしていきたいと思います。
来年もよろしくお願いいたします!



DSC00686

後援会の皆様と。



DSC00685

いつも温かく支えて下さりありがとうございます。



DSC00683

来年、選挙の都議会議員の大西さとるさんです。



15451123_937569329707281_1051830183_n[2]

後援会長 佐々さんと野田市議会議員 小椋直樹さん、都議会議員 大西さとるさんと一緒に記念撮影♪




衆議院議員 玉木雄一郎を励ます会

今日は、夜にANAインターコンチネンタル東京で行われた衆議院議員 玉木雄一郎を励ます会に出席しました。

現在の政治状況に対する危機感を募らせ、政権担当能力を備えたもう一つの選択肢を実現させたいと熱く語っていらっしゃいます。
そんな玉木代議士は、とても有能な方です。

最近では、私は玉木代議士の勉強会に参加をさせて頂き、政策立案の研鑽を日々積んでいます。
今後も玉木代議士やその仲間たちと様々な分野の勉強をしていきたいと思います。





DSC_0593

励ます会での一コマ。耳の不自由な方に対する器具を開発された方のご紹介がありました。






東京日韓親善協会連合会 創立40周年祝賀会

今日は上野精養軒で東京日韓親善協会連合会の創立40周年祝賀会が行われました。
私は足立区議会日韓議員連盟の代表として、超党派の皆様と一緒に参加をさせて頂きました。国会議員はじめ、都議会議員、区議会議員、民団関係者など大勢の皆様が出席されました。

国や言葉や文化が違っても同じ地で生活をする私たちは同士として、両国民の親善交流を深め、多文化共生社会の実現に向けて、すべての人に優しい社会をつくっていきたいと思います。



DSC_0587



DSC_0588




生後2か月目3か月目のワクチン・同時接種をしてきました!

我が家の3番目の娘は、今日で生後95日目となりました。

 

出産した病院で、生後2か月目で4種類(ヒブ・肺炎球菌・B型肝炎・ロタウイルス1価)、生後3か月目で5種類(ヒブ・肺炎球菌・B型肝炎・ロタウイルス1価・四種混合)のワクチンを同時接種してきました。

 

生まれて初めてのワクチンを4種類も5種類も同時に接種することで、赤ちゃんのからだへの負担がとても心配でした。でも結果としては、接種後は少しぐったりしているような感じはありましたが、高熱が出ることもなく、半日経つと元気になり、我が家の赤ちゃんは何事もなく過ごすことができました。

 

赤ちゃんが1歳前に接種する主なワクチンは6~7種類です。ワクチンには不活化と生ワクチンがあり、生ワクチンは接種後4週間あけないと次のワクチンが接種できないこととなっています。
新しいワクチンの開発により、長女(19年前)と次女(16年前)の時と違い1歳までに接種するワクチンが明らかに多くなっています。ワクチンの種類によっては、初回接種と接種完了の月齢が厳しく規定されているものもあります。推奨されているワクチンはどれも優先的に受けた方が良いワクチンばかりです。そうなると、ワクチンスケジュールは同時接種をしなければ、定められている期間内に接種をすることが難しくなってきます。

 

同時接種によって副反応が出やすかったらどうしようかと悩みに悩みましたが、小児科の先生に不安な点をしっかりとお聞きし、解消することができました。同時接種の安全性は単独接種した時と変わらないそうです。

 

悩んでいるママたちへ

小さな赤ちゃんは免疫力が弱くて、感染症には重い病気が多くあります。ワクチンを接種した時に起こる副反応と、ワクチンを接種しないで感染症にかかった時の危険性をくらべると、ワクチンを接種しないで重症になった時の方がこわいと言えます。
そして、ワクチンを受けようと思ったママさん達、同時接種は、必要な免疫をできるだけ早くつけることで、赤ちゃんのからだを病気から予防するといったメリットが高いようですよ。
 
私の家は父方母方の両家の祖父や伯父たちが薬剤師でした。昔のワクチン接種による副反応のこわさから、私が予防接種を受けさせてもらえたのは風疹のみでした。その為、おたふくかぜから水疱瘡、麻疹とすべて感染症にかかりました。その時の辛さを考えると、わが子には絶対に同じ思いはさせたくありません。
 
先ずは、お医者様に疑問点をお聞きしながら不安を解消させ、納得のいくワクチン接種を受けて下さいね。

 




第36回障がい者週間記念事業「アート展」

今日は区役所本庁舎ホールで行われた第36回足立区障がい者週間記念事業オープニングセレモニーに出席しました。

国では、平成16年6月の障害者基本法の改正により、国民の間に広く障害者の福祉についての関心と理解を深めるとともに、障害者が社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めることを目的として12月3日から9日まで「障害者週間」と定められています。
従来あった12月9日の「障害者の日」に代わるものとして設定されました。

この期間、国や地方公共団体、関係団体等においては、様々な意識啓発に係る取組を展開し、足立区でも区内で活動する障がい者及び12団体で構成されているボランティアの皆様が実行委員会を組織し、障がい者週間記念事業として「アート展」が開催されています。

皆さん、日常の活動成果でもある作品を是非見に来てください!
ステキな作品に出会えますよ。



DSC_0579

見応えあるステキな作品がたくさんあります。



DSC_0578

12月3日から8日まで区役所1階アトリウムで展示されています。



DSC_0581

作品の前で記念撮影をしました。







HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク