NEW 第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら
« 2017年 02月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28


医療的ケア児・障がい児保育園ヘレン視察

今日は中央区議会議員 渡部恵子さんのご紹介で杉並区にある「障がい児保育園ヘレン」を視察させて頂きました。

 

「障がい児保育園ヘレン」は、2014年9月に開園されました。

保育の事業などに取り組むNPO法人が区の助成などを受けて始めたもので、障がいのある子どもを専門に預かっています。

医療的なケアが必要な子ども達の受け入れをされており、たん吸引や胃に穴を開けてチューブで栄養や水分を送る「胃ろう」といった医療的ケアなどが必要な0歳から3歳の子ども達が入園されています。

定員枠は、重症心身障害児は5名、医療的ケア児・肢体不自由児10名です。

 

保育園には、病院の小児科で勤務した経験がある看護師など障害がある子どもの対応に熟練した10人ほどのスタッフが常駐し、子どもの体調や預かるうえで注意が必要な点などについて母親から説明を受けたあと、保育をします。

障がいがある子どもに特化した保育園は、全国で初めてとのこと。

 

昨年6月に児童福祉法の改正で自治体に医療的ケア児支援強化の努力義務が課されました。しかし、全国的にも保育園の受け入れ準備は進んでいません。

厚生労働省は各市区町村の実態を把握していないそうです。

 

毎日新聞の調査によると医療的ケア児を受け入れないとした自治体では、看護師を配置できない、安全確保が困難、待機児童対策を優先していると回答をしたそうです。

 

国では2017年度の概算要求で、厚労省は医療的ケア児保育支援モデル事業を盛り込むそうです。本日、視察にお伺いをしたヘレンや様々な当事者の皆様の会合にも参加をしながら、足立区でも国の事業を活用しながら、区の新規事業として打ち出すことができるよう、議会で強く働きかけをしていきたいと思います。

 

本日はご丁寧なご説明を頂きまして、ありがとうございました。




東京自治研究センター第33回財政学校

今日は四谷にある主婦会館プラザエフで行われた東京自治研究センター第33回財政学校の勉強会に出席をしてきました。

 

私が受講した内容は2017年度の東京都予算案について、メリハリある予算配分になっているか検証がされました。

 

東京都は事業の必要性や経費の内容を厳しく検証しながら投資を積極的に行い、過去最高となる382件の新規事業を立ち上げるなどメリハリある予算配分を行ったとしています。投資的経費は、東京2020年オリンピックの選手村の用地所管替経費減などにより、前年度比マイナスになっているものの、幹線道路などのインフラ整備などに重点配備するなど、傾向としては増加基調を継続しており、382件の新規事業については、その内容の精査が必要との見解をこの講義の中で示されました。

 

舛添都知事時代も新規事業は多く、昨年も見直し・再構築などを行った事業についても看板を掛け替えただけではないのかと疑問を呈するものだったようです。昨年は予算編成におけるスクラップ・アンド・ビルト方式と言い、今年は終期設定の徹底によるPCDAサイクルの強化と言っており、手法は同じであると厳しい評価を下されていました。

 

首都直下型の地震などの災害リスクや景気変動、人口減少や超高齢化社会の進行など、不安な将来予測がたくさんあります。しかし、すべての都民に対し明るい未来を示す予算編成の立て方が必要です。今後、東京都が直面する課題をどのように捉えていくのか、これまでの延長を超えた政策立案とその推進力を見据えていきたいと思います。




東京商工会議所主催「ユニバーサルデザインについて」

今日は東京商工会議所主催の「ユニバーサルデザインについて」の講義を受けてきました。

子育てを一からし始めて感じることは、まだまだ社会が全ての人たちにとってやさしい社会になっていないことです。
日常生活に不便を感じているのは決して障害を持った方々や高齢者のみではありません。妊婦やベビーカー利用者、小さな子供や外国人と様々な方々が求めています。

今、ユニバーサルデザインを必要とする人たちは
高齢者で3300万人(人口の約26%)
障がい者788万人(人口の約6%)
3歳未満315万人(人口の約2%)
高齢者と暮らす世帯2093万世帯(全世帯の43.4%)
児童と暮らす世帯1200万世帯(前生体の24.9%)
となるそうです。

障害とは何か?

障がい者とは、障がいを持つ人のことを指すのではなく物や環境が生活の障がいになっていることを指すとの話でした。多数派と少数派のはざまで全ての人にとって100%を目指すのではなく、お互いに60~70%を目指していく社会を構築していく事。これはまさに私がカラーユニバーサルデザインを足立区で構築した考えと同じです。

今日は、ユニバーサルデザインにすることで全ての人にとって使いやすい、見やすい、心地よい、そのような物やサービスの在り方を学ことができました。このことは、建物や製品だけでなく、サービスやコミュニケーション、そして情報の在り方にも通じることです。

今日の講義を糧にしながら、妊婦さんにも小さな子ども達にも優しい、全ての人にとって心地よい足立区を全力で構築して行きたいと思います!





DSC_0864

千代田区丸の内で講義を聞いてきました。




「おっぱいでらくらく子育て」母乳講座

今日は東部保健センターで、待ちに待った「おっぱいでらくらく子育て」の母乳講座に参加をしてきました。

 

講師は足立区で助産院を開業されている助産師さんです。今日は看護師2名も補助されていました。出席者は、私以外は全員妊婦さんで、妊娠6か月から9か月の妊婦さんと生後5か月の赤ちゃんがいる私、計8名の参加でした。

 

東部保健センターでは、母乳講座は年2回のみ開催されているそうです。

実は昨年の6月、妊娠7か月ごろに両親学級を受講しに東部保健センターに足を運んでみたところ、そこで初めて母乳講座のチラシを頂きました。

しかし、母乳講座に参加をしたいと思っても、すでにお腹が大きく圧迫されて苦しくて苦しくて自分の身体を運ぶのがやっとだったので、自宅から距離のある東部保健センターに行くこと自体がその後、困難で参加出来ませんでした。

出産後もすぐにでも母乳講座に行って勉強をしたかったのですが、なかなか開催されず(年に2回のみなので…)やっと念願かなって今日受講できたという次第です。

 

助産師さんにお聞きしたところ、東部保健センターは5~6年前までは生後半年までのお母さんを対象として年1回の開催だったそうです。2年ほど前から妊婦さん・出産後のお母さんを対象とした母乳講座を年2回にして開催するようになったとのことでした。

 

私自身、視察でつつみ式の母乳研究所に行ってレクを受けてきました。

 

それがあったので、そのようなやり方を教わることができると期待していました。今回の足立区の講座は、実際に出産をし終えた人に対する内容としては、物足りなさを感じました。人形を利用したおっぱいの吸わせ方などの実演が無かったという点、人によっておっぱいの形状が違うので、その飲ませ方の工夫など、実演に基づいたおっぱいの吸わせ方を教えないと、結局、おっぱいを断念してミルクになってしまう方々が多くなります。

 

出産=ゴールではありません。

出産しても、わが子のためにお母さん・お父さんは日々、育児の勉強をしないといけません。

 

出産後すぐに始まる母乳育児、沐浴、日光浴の仕方、赤ちゃんとの接し方、生後2か月から始まる予防接種、生後5か月過ぎから始まる離乳食の作り方・上げ方、赤ちゃんの発達にあわせた接し方(微笑・追視・寝返り・お座り・ずりバイ・はいはい・つかまり立ち等など…)、それを保護者たちは日々勉強をしながら、愛情豊かに我が子と触れ合うことが重要です。

 

赤ちゃんの細かい反応やわずかな進捗を見落とさない観察力を保護者たちが自信を持って身につけられるよう、先ずは赤ちゃんとのかかわりが深い「母乳育児」を足立区がお母さんたちの強力な支援者として、この事業に力を入れて頂きたいと思うところです。是非、お母さんたちを力強く導いてください。

出産後は赤ちゃんとの共同作業が母乳育児です。この共同作業を日々、行うことで、母親と赤ちゃんとの愛着形成はより深まっていきます。

全てのお母さんたちが母乳育児を実践すれば、赤ちゃんに対する深い愛着形成が育まれ、児童虐待は無くなります。

今後も当事者目線で、「母乳育児を推進する足立区」と言えるよう、その実現に向けて頑張りたいと思います。

 

「おっぱいでらくらく子育て」母乳講座で学んだことは以下の通りです。

・母乳は栄養面において完璧であること。

・母乳から与えられる免疫機能が大変重要であること。

・母乳が産後の母体回復に密接に関わっていること。

・母乳が赤ちゃんの繊細で豊かな味覚を育てること。

・母乳を良く飲む赤ちゃんは、離乳食への移行が楽であること。

・母乳育児でスキンシップが楽に取れること。

・授乳をするだけで赤ちゃんの健康チェックができること。

・授乳をするお母さんの心臓の鼓動が伝わり感情が豊かに育まれる事。

・肌の温もりによって、自己肯定感が育まれる事。

・育児のコスト(ミルク代)が抑えられること。

・母乳育児でお母さんのダイエットに効果がある事。

 

※重要ポイントは以下の通り。

母乳をあげるとお母さんの体の中でプロラクチンが沢山出て、お母さんの愛情がいっぱいになる。→赤ちゃんに夢中になる仕組みになっている。

母乳は何歳まで飲ませても大丈夫。血液で出来ているので薄くなることはない。

免疫をずっと確保できる。自信を持って母乳を与え続けてよい。

赤ちゃんは母乳を飲むことで、人を信頼するという感情を得ることができる。赤ちゃんの心を発達させ、子どもの人格形成に役立つ。

 

 




NPO法人中国帰国者・日中友好の会 新年会

今日は、台東区にある東京都立産業貿易センターで、恒例のNPO法人中国帰国者・日中友好の会 新年会が開催されました。

このNPOは、元々、残留孤児の皆さんが国に対して、より人間らしい生活をするために国に賠償請求をしたことが始まりです。長期化した裁判でしたが、多くの帰国者の皆さんと弁護士をはじめ、それを支えた皆さんのお力により、国の支援策が変わり、その結果、国との和解が成立しています。
その国家賠償請求訴訟の終結(和解)を機に、NPO法人 中国帰国者・日中友好の会が設立された経緯があります。

第2次世界大戦による歴史のはざまで悲劇の犠牲者となった残留孤児の皆さんは二度と同じ過ちが起こらないよう、その想いをいつも私に語ってくれます。

足立区にも、多くの中国残留帰国者の方が生活されています。

今日、この場所に来られない方々のためにもそれぞれの地域に根づいた活動を今後も進めていきたいと思います。
NPOの皆さんや各自治体の皆さんと連携を取りながら、共に知恵を出し合い、きめの細かい支援策を今後も足立区で進めて参ります。



DSC_0808

今年も沢山の皆さんが集まりました。

DSC_0830

団体代表理事 池田 澄江さんと記念撮影。



DSC_0820

日頃から親しくさせて頂いている方との記念撮影。

DSC_0846

ご夫妻でステキな舞を披露されました!



DSC_0812

色とりどりの鮮やかなコスチュームで、楽しい演舞です。

DSC_0855

沢山の演目が披露されました(笑)。 




綾瀬住区センター「豆まき」

今日は節分という事も有り、綾瀬住区センターで行われた「豆まき」のイベントに参加をさせて頂きました。生後5か月の娘と夫と共に久々にリフレッシュ!

現在、綾瀬住区センターでは、地域に住み乳幼児がいる保護者を対象とした健やか親子相談を月に1回開催しています。
0歳児から行っている親子の教室名は、地域デビュー「ともだち みつけた」。
娘が生後2ヶ月くらいから夫と共に参加をしています。内容は、自由懇談や育児相談・折り紙や手遊び歌、育児ワンポイント情報・読み聞かせなどです。

長女と次女も既に3女と一緒に一度、参加をさせて頂きました(笑)。夫も常連さんなので、ママさんたちとも顔見知りです!

このような場があると子育てに孤立すると言ったことは軽減されます。
ただ月に1回しかやっていないのが難点。ママ友のコミュニティーをつくるには、もう少し回数を増やして頂かないとお友達づきあいは厳しいと感じます。

子育てをまた一からしていると長女・次女の時には気付かなかったことが今の仕事を通じてよく見えてきます。
子育て真っ最中のママの目線で、課題や問題点、その視点をしっかりと役所の皆様と議論を交わしながら改善し、子育てにやさしい足立区を全力で構築して行きたいと思います。



DSC_0798

DSC_0800

綾瀬住区センターでの節分。 




医療的ケア児 勉強会at星陵会館

今日は永田町にある星陵会館で医療的ケア児の勉強会に参加をさせて頂きました。

 

以前から中央区議会議員の渡辺恵子さんから医療的ケア児の様々な諸問題をお聞きしていた中での勉強会です。先日の秋葉原で行われた講演会の内容を踏まえ、今日はさらに当事者の皆様からの切実なお声を拝聴させて頂きました。当事者の皆様を交えた勉強会を開催して下さった、中央区議会議員の渡辺恵子さんには大変感謝申し上げます。

 

今日の勉強会には、医療器具を付けた2歳10か月(見た感じは娘と同じ生後5ヶ月くらいの大きさでした。その為、最初にお声を掛けさせて頂いた時には、「生後何ヶ月ですか?」と聞いてしまいました。)のお子さまをご一緒にご両親がお連れになり、大変な状況の中でも、地方議員に現状を知ってもらい少しでも支援の輪を広げてもらいたいという一心でお越しになられていました。

 

同じ子を持つ親として、話しを聞くと涙があふれてしまいます。私も昨年の出産で生死の境までいき、「呼吸器を使わないと死にますよ」「気管切開」と医師から耳元で言われた時の状況を思い出しました。私の場合には、私自身が当事者として出産後に気管挿管をした状態で意識が戻り、気管挿管によって喉に痰が詰まる苦しさを味わい、頻回にたん吸引を看護師さんに行って頂く経験をしました。EICU(重篤患者が入る緊急集中治療室の個室)に入り治療をして頂きましたが、通常では体験できない経験をしました。そんな体験をしたうえでの今回の話しは、自分自身が経験した悶絶の苦しみとオーバーラップをしてしまいます。

 

今日お越しの2歳10か月のお子さんの現状についてです。

現在、中央区在住。妊娠8ヶ月に、羊水が多いと言われ大きな病院に転院をしたそうです。染色体異常の可能性を妊娠期間中に指摘され、医師からは「食道がつながっていないかもしれない」「生きて生まれてくることが難しいかもしれない」「長く生きられないかも」「この病院で退院できた子はいない」と言われたそうです。

 

妊娠38週1488グラムで生まれ、NICUに入院。

生まれたその日に胃と腸に穴をあけ、栄養を摂れるように手術を受けたそうです。

生後1か月後、18トリソミーと判明。医師からは、歩けないし、長く生きられないだろうと、あまり治療に積極的ではなかったそうです。

しかし、生後6か月頃、少しずつ体重も増え、医師たちも前向きになり、計4回の手術をして1年2か月で小児科に転院されました。

 

小児科では約2か月間入院。その後、自宅で過ごせるようにと機械の使い方や痰吸引の仕方や入浴の仕方、緊急時や24時間の生活のシュミレーション、訪問看護資産のことなどを夫婦そろって練習し、それを覚えて退院をされたとのことでした。

自宅での在宅生活では、表情が豊かになり、体重も増えているそうです。呼吸器、腸ろう(ミルクなどの栄養を24時間注入)、サチュレーションを常につけ頻回にたん吸引をしている状況で、夜間は両親が交代(母親:夜8時~深夜の2時まで介護、その後、睡眠、父親:深夜2時~朝7時まで介護、その後、睡眠の交代制)で介護をし、祖母に時々看てもらっている間に父親は週4日、母親は週2日働けているとのことでした。また、訪問看護の入浴介助は週5日、また月に1回は通院し、月2回は訪問医の往診を受けているそうです。

 

現在では、機械などが多くて外出するのが1人では大変でなかなか自宅から出ることができないそうです。外の刺激を与えることで発達の諸刺激を促すことにつながるので、出来れば同年代の子ども達と交流する機会が欲しいとお話がありました。また、介護に時間を追われて外に出る時間がないので情報量が少ないそうです。

 

ここで、今日、お話を伺った方の必要な支援をまとめると以下の通りです。

・看護師などの医療ケアができるスタッフがいないことが原因で保育園や幼稚園などの預け先がないので、医療的ケア児が通える療育施設を増やしてほしい

・子どもに適齢期に合った発達・発育の機会を与えるためにも、健常児と医療的ケア児が交流できる場を作ってほしい

・介護に追われ外に出る機会が少ないため、情報不足。地域で医療的ケア児を育てている家族とつながるように交流を促進してほしい

 

厚生労働省の実態調査では、医療的ケア児0~4歳が全国に約6100人、5~9歳が約4100人おり、全国的にも医療的ケア児は増加傾向にあるそうです。このように、医療の進歩に伴い痰吸引や栄養剤を注入するなど「医療的ケア」が必要な子ども達が急増している中で、保護者たちは家庭での過大な負担により疲弊をしています。そして、ケアに追われて社会から孤立し、行政とも交渉する余裕がない中で、保護者の休息や子どもの発達を促す役割を担うはずの保育の受け皿は全く進んでいません。

 

政令指定都市、道府県庁所在地、東京23区の計74自治体のうち、医療的ケア児を保育所で預かっているのは40市区になるそうです(毎日新聞調査)。保育士も研修を受ければ特定のケアは対応可能のようですが、研修には日数が必要で、実習も大変であり、命の危機管理の問題につながるため、即公立保育園で預かることは厳しい状況です。ある自治体では、保護者が相談に行くと相談段階で「前例がない」と難色を示され、受け入れに向けた検討すら渋られ、他の自治体への転居まで促されたそうです。結局、育児の負担が大きい中で、行政とのやり取りに疲れ果て、入所を諦めてしまったケースがあります。

NPOフローレンス「障がい児保育園ヘレン荻窪」は2年前に杉並区に開設され、医療的ケア児を現在では10人預かっているそうです。また、足立区扇にある「療育室つばさ」でも一時保育をしています。来年2018年には、東京都世田谷区は拠点圏を作る方向で検討中とのこと。渋谷区では受け入れ可能な保育施設の開設に向け準備を始めており、墨田区や文京区でも受け入れ態勢を検討しているそうです。

 

昨年2016年5月、医療的ケア児に対する支援を史上初めて法律に定義し、自治体による医療・福祉・教育が連携をした支援の努力義務を盛り込んだ「改正障害者総合支援法ならびに改正児童福祉法」が国会で成立しました。

しかし、医療的ケアが必要な子どもの保育所の受け入れ先が自治体によって大きくわかれると言った実状が保護者の声により明らかとなってきています。

医療的ケアのために保護者が就労機会を奪われたり、子どもが集団生活の中で発達の刺激を得られる機会を奪われることがあってはなりません。行政の責任として医療的ケア児に対し必要な配慮をすべきで、集団生活をする場を保障するのが行政の役割です。

専門家から指摘されているように、公立・私立保育園問わずに医療的ケア児対応型拠点保育所を各自治体に1箇所でも作り、看護師や研修を受けた保育士を配置して、受け入れ態勢を早急に構築する必要性があると感じました。

 

今日頂いた内容をしっかりと研究し、足立区でも医療・福祉・教育が連携した対応を構築するよう、議会で強力に働きかけていきたいと思います。




東京都予算案 東京都自治研究センター

今日は新宿住友ホール・スカイルームで、平成29年度の東京都予算について、東京都財務局主計部財政担当課長よりお話を伺ってきました。

 

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて世界中の眼差しが東京に注がれている今、都政を強力に前に進めていかねばなりません。

その中で、小池都知事が編成する初めての東京都の予算案。

小池都知事が目指すのは「新しい東京」。

小池都知事は3つのシティを打ち出されました。

「セーフシティ」「ダイバーシティ」「スマートシティ」です。

 

1.安全・安心・元気な「セーフシティ」に向けた「地震が起こっても、倒れない・燃えないまちづくり」。

2.誰もが生き生きと活躍できる「ダイバーシティ」に不可欠な「安心して子どもを産み育てられ、子ども達が健やかに成長できる」環境の整備。

3.世界に開かれ成長を続ける「スマートシティ」を目指した「スマートエネルギー都市」の実現。

これらの政策を打ち出し、都民の共感を追い風としながら着実かつスピーディに展開を図っていくそうです。

 

さらに興味深かい内容として私が注目をしたのは、2020年後の東京都の展望。2017年度の予算の概要版に、未来の東京像についても触れています。

 

この内容は、東京都の職員によるワークショップや都立学校における出前事業で、「東京の未来を考えるワークショップ」を実施し、自由な発想でブレイン・ストーミングをされたそうです。

 

科学技術の進歩により、家事はロボットが担う時代となり、通勤ラッシュは過去の話しとなっていたり、働き方の変革により、バカンスを1か月単位で取得できるようになり、完全自動運転車が郊外に住む高齢者の足になっていて、いつでもどこへでも出かけられるようになっていたりと、科学技術がふんだんに反映された社会として描かれています。

 

そんな夢のように思えることがいくつか実現できれば、家事と育児と仕事の両立もはかどって、仕事のために子ども達にしわ寄せがいくこともないような世の中になるのかな…と未来に期待を寄せてみたくなりました。





HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク