NEW 第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら

食中毒の発生について~乳児ボツリヌス症~

区内で痛ましい事故が起きました。

はちみつの摂取が原因として乳児ボツリヌス症による死亡事故です。

同じ乳幼児を持つ身として、大変悲しく感じます。

 

2月22日水曜日午後3時ごろ、都内の医療機関から最寄りの区内保健所に生後5か月の男児が入院しており、神経症状が出ている。離乳食として、はちみつを与えられているとのことでした。

2月16日から咳、鼻水等の症状を呈しており、20日には、けいれん、呼吸不全等の症状を呈し、医療機関に救急搬送をされ、翌日には別の医療機関へ転院。

生後5か月の男児は、発症の約1か月前から離乳食として、市販のジュースにはちみつを混ぜたものを飲んでおり、検査の結果、患者の糞便及び自宅に保管していたはちみつからボツリヌス菌が検出されたそうです。

3月15日足立区保健所は離乳食として与えられたはちみつを原因とする食中毒と断定。

3月30日午前5時34分に生後5か月の男児が死亡。当該保健所は、発症から死亡に至る経過等を精査したうえで、死亡原因はボツリヌス菌によるものと断定をしたそうです。

 

「乳児ボツリヌス症」は1歳未満の乳児に特有の疾病で、経口的に摂取されたボツリヌス菌の芽胞が腸管内で発芽・増殖し、その際に産生される毒素によって発症するそうです。

 

乳児ボツリヌス症の予防のために、一般的には、1歳未満の乳児にははちみつを与えるのは避けるよう、指導されています。市販されている離乳食の育児書には、一言、「ボツリヌス菌の心配があるので、はちみつは1歳を過ぎてから」のコメント。

 

今回このような事故があり、東京都福祉保健局健康安全部食品監視課より頂いた書面には、詳細な記述が書かれています。

 

ボツリヌス菌などの特定の菌は、増殖に適さない環境下において芽胞を形成するとのこと。芽胞は、加熱や乾燥に対して高い抵抗性を持つそうです。

この芽胞を死滅させるためには120℃4分以上またはこれと同等の加熱殺菌が必要で、100℃では長時間加熱しても殺菌できないそうです。

 

このような詳細については、我々一般人は知り得ないことです。

育児書を読んでも、詳細なことは全く書かれていません。今回の痛ましい事故が再び起きないよう、このような上記の記述を区のホームページや広報などで周知するよう担当部署に要望をしていきたいと思います。


HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク