NEW 第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら
« 2017年 08月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


成果報告:「野外彫刻たんけんマップ」が区のホームページにアップされました!

本日、足立区のホームページに「野外彫刻たんけんマップ」がアップされました!

今年の3月の予算特別委員会で、私は「パブリックアート」について質問・提案をさせて頂きました。

私の提案を受けて、本日より区のホームページにまず第1弾として「野外彫刻たんけんマップ」が掲載されました。

足立区では、過去に野外彫刻を芸術や文化の視点から、まちづくりの中で都市景観を形成する重要な要素と捉え、まちづくりの一つとして道路や公園などの都市施設に野外彫刻を設置してきた経緯があります。
そのような経緯の中で、区内には、竹の塚彫刻の道や彫刻とみどりを楽しめる公園をはじめ、数多くの野外彫刻があります。

このような芸術に触れることができるパブリックアートの街並みを楽しむためにも、このアートを生かしたまちづくりを区として積極的に進めるよう、私は提案をしているところです。

いつもは素通りしているところにも、注意して見ると身近な場所に、彫刻作品があります。

「あだち野外彫刻たんけんマップ」を見ながら、身近なところにある芸術作品とふれあう機会を多くの皆様に沢山つくってもらいたいと思います。

私の提案をご理解いただき、迅速に対応をしてくださいました関係部署の皆様、ありがとうございます。
今後も、「芸術の街・足立区」を目指して、彫刻会の皆様とも協議をしながらさらなる提案をしていきます!
DSC_1452.2pg

「あだち野外彫刻たんけんマップ」です。

DSC_1451

マップの中には、区内の芸術作品が紹介されています。

DSC_1449

このマップに掲載されている芸術作品は78作品。彫刻会の方のお話によると他にも区内に芸術作品がもっとあるそうです。

DSC_1450

足立区に設置されている芸術作品は何と100を超えるそうですよ!。




はらぺこあおむし

今日は、仕事の合間に北千住シアター1010で開催された、エリック・カール原作の人形劇「はらぺこあおむし」を3女と夫と一緒に観賞してきました!

カナダから人形劇団・Mermaid Theatre of Nova Scotiaが日本に来日し、公演をしました。大型のパペットとブラックライトを使用し、『ちいさなくも』『ごちゃまぜカメレオン』『はらぺこあおむし』の3作品を舞台上で繰り広げました。
声の出演はアニメ『ムーミン』シリーズなどの岸田今日子さん。

絵本『はらぺこあおむし』などで知られる絵本作家のエリック・カールは大変有名ですよね。長女も次女も日本語・英語、両方の絵本を読み聞かせて育てました(笑)。

一番見せてあげたかった『はらぺこあおむし』は、最後に上演されたので、途中、娘は寝てしまいました。赤ちゃんの体力はなかなか最後まではいかないようです。

でも上演後は、すっきりと目覚めて、丸井デパートの中村屋でパクパクもぐもぐ、おいしそうにランチを食べましたよ(笑)。1歳近くなったので、グラタン類が食べれるようになり、外食も楽になりました(笑)。

一からの子育てですが、また最初から子育てをするのは、本当に楽しい限りです。
毎日の子育て、家族みんなで心から楽しんでいます!

DSC_1409

カナダの人形劇団・Mermaid Theatre of Nova Scotiaが日本に来日♪

DSC_1401.2jpg

「はらぺこあおむし」上演中は、娘はすやすやと夢の中。

DSC01817.2jpg

娘とやさしいパパと3人で記念撮影♪




第54年次 東京清掃労働組合・自治研修会

今日は市ヶ谷の自治労会館で行われた、東京清掃労働組合・自治研修会に参加をしました。

常日頃から、私たちは想像力を駆使して未経験の災害リスクに対応する力を日々の生活の中で構築していくことが必要です。
物資の配送、災害弱者の対策、災害ごみの対策などの具体例をもとに十分な検証を行い、自治体としての行政機能を確実に維持することが求められます。

災害による被害を未然に防ぎ軽減するためにも、「防災」は欠かすことができない大切な取り組みです。
大規模災害を想定して、住民と行政が協同で対策を講じる体制を確立する必要性があります。
このことからも、日ごろから大規模災害の発生に留意して、国、地方公共団体、関係機関、個人が正確な被災状況の把握と迅速な伝達、適切で効果的な対応を確認する実質的な訓練を定期的に実施する必要があります。

その中で23区清掃事業に従事する職員が住民の安全と安心を守るためには、地域や避難所との衛生環境を維持していかなくてはなりません。

大規模発生後に排出されるごみは想像を絶する量であり、ごみの集積所だけでは到底収まらない状況となります。
この自治研修会では、熊本地震災害発生時の対応で明らかとなった被災自治体の課題や問題点をもとにして、大規模災害発生時における各区・清掃一組の災害廃棄物処理基本計画や処理マニュアルを検証して、23区における災害対策の充実と強化を求める取り組みを議論しました。

DSC_1399

大規模災害発生時に伴う東京23区清掃事業としての確立について講義がありました。




長谷川たかこを囲む会 暑気払い

今日は夜から地元綾瀬で「長谷川たかこを囲む会 暑気払い」を行いました。

毎回、多くの皆様にお越しいただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
今回も皆様の温かいお気持ちを沢山いただきながら、後援会を楽しく運営させて頂きました。

先日の都議会議員選挙での内容や今回の民進党代表選について、私の心情踏まえて、お話をさせて頂きました。 また、会の中では、後援会の皆様、お一人お一人からお話を伺い、皆様の率直なご意見もお聞きできました。

今後も、日々勉強を重ね、皆様のお声を政策の原点として、「日本で一番住みやすい街 足立区」を目指して、がんばって参ります。

今日は、本当にありがとうございました。

DSC01770

後援会長と一緒に(笑)。いつもありがとうございます♪

DSC01796

みんなで楽しく懇談。

DSC01798

皆様からの温かい愛情をいつも頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。




連合東部夏まつり in 花やしき

今日は、連合東部夏まつり in 花やしきに参加をしました。

ちょうど行く間際に、世田谷区での集中豪雨をテレビで見て、綾瀬では雷ごろごろ。
3女と夫と3人で行くはずでしたが、赤ちゃん連れで万が一、集中豪雨に見舞われると危険との判断から一人で花やしきに出かけました。

焼きそば、生姜焼き、フランクフルト、トウモロコシなどなど、たくさんの屋台が並んでいて、子ども連れの親子で賑わっていました。

私は帰り際に、人力車に乗って浅草寺まで。
初めての乗車でした。

人力車では、記念撮影もあり、楽しいお話もありで、至れり尽くせり。
今度は、娘たちを連れて家族で乗車をしたいと思いました!

連合の皆様、本日はお疲れさまでした。
来年は、家族と一緒に伺いたいと思っております。

また、来年もよろしくお願いいたします!

DSC_1391.2jpg

花やしき。

DSC_1386

夜景がきれいです。

DSC_1397.2jpg

人生初の人力車に乗りました!。

DSC_1393.2jpg

記念撮影もしてくださいました(笑)。




原爆・平和・戦争を考える展示会

今日は、足立区役所1階アトリウムで行われている「原爆・平和・戦争を考える展示会」に行きました。

広島への原爆投下から今年で72年が経ちました。
毎年、足立区原爆被害者の会の皆様が、原爆・東京大空襲を描いた絵画などを展示し、被ばく体験証言ビデオや映像資料の放映や音楽の集いを開催しています。

我が家の長女と次女が学校の自由研究の一環として原爆・平和・戦争についてレポートを作成する為、被害者の会の皆様からお話を伺ったのが今から3年前。今では貴重なお話をして下さいました当時の方がお亡くなりになり、段々と被害者の会の皆様の高齢化が進んでいます。

この悲惨な戦争の体験が風化しないよう、次の世代に私たちは語り継いでいくことが、大変大事な取り組みでもあります。

集団的自衛権の行使容認が閣議決定され、憲法解釈による懸念事項がある中で、今、戦争を知らない若い世代の人たちが、多くの被爆者の方々に耳を傾け、平和の尊さを一緒に考え、訴えることを積極的に行っていかなければならない時代に突入しています。
未来永劫、核兵器の廃絶、核兵器のない平和な世の中を我々の手で育てていくことが求められます。

資料展と展示会は、8月1日から8月8日までです。
皆様も、ぜひ区役所に足を運んで頂き、戦争や平和について家族で語りあい「戦争や核兵器がない世界をつくること」を次の世代を担う子ども達にしっかりと伝えていきましょう。
DSC_1341

被ばくにより全身に大やけどをされた谷口さんの写真です。

DSC_1343

焼き場の少年などなど、戦争の悲惨な写真の数々。

DSC_1336

長崎に投下された原子爆弾・きのこ雲。

DSC_1339

爆風・圧迫感・熱風を表現した絵。




第68回利根川治水同盟 治水大会

今日は、恒例の利根川治水同盟治水大会に行ってきました。

この利根川治水同盟は、昭和22年9月に来襲したカスリーン台風による甚大な被災を契機に発足しました。
2日間で、関東地方の年間、総雨量の約4分の1もの豪雨を降らせた戦後最大級の雨台風カスリーンは、大きな被害の爪痕と共に遅れていた河川の整備の必要性や防災の備えの重要性を問うものとなりました。

以来、半世紀を超えて長きにわたり、1都5県の利根川流域住民3千万人の悲願でもある「水害の防止と水資源の確保」を目指して、毎年各地において治水大会を開催しているそうです。

この治水大会では、流域の治水・利水・環境事業の早期実現に向けて要望を決議して、国会及び政府関係機関に対して要望活動を行っています。

この間、利根川流域の堤防・護岸・砂防施設は着々と整備され、防災性は飛躍的に向上し、ダムの整備による水資源の確保んどにより流域住民の生活環境は着実に豊かになっているそうです。

今後も、足を運びながら私も利根川水系の治水・利水事業の更なる推進を期待していきたいと思います。

DSC_1356

第68回利根川治水同盟 治水大会です。

DSC_1357

カスリーン台風70年特別講演会もありました。





HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク