NEW 第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら

あだち国際祭り2017

今日はお昼頃、家族と一緒に梅島にあるベルモント公園「あだち国際まつり2017」に行ってきました。

ベルモント公園は、昭和59年に足立区とオーストラリアの「ベルモント市」が姉妹都市になり、その後、交流の記念として造られた公園です。(ベルモント市には、「足立パーク」という日本庭園風の公園があるそうです)

公園内の会場は世界の食のテントが広がっていて、おいしそうな珍しい食べ物が並んでいました。毎回、外のステージでは、各国の音楽の披露が行われています。

今年も参加させていただき、このイベントを通して、他国の皆様と触れ合うことができ、また皆さんの生き生きとしたお顔を拝見することができました。

足立区には多くの外国人の方が暮らしています。お互いの文化習慣などを含めより理解が深まり、同じ地域で暮らす仲間として、助け合って生活をしていければと思います。

外国人が日本に入国・在留する目的が、観光のほか、就労、留学、研修、永住等、多様化していて、各種行政において外国人の入国、在留状況を正確に把握することの重要性が増しています。そのような中で、人口減少と少子高齢化が加速する日本で、外国人をいかに受容すべきかといった施策をこの足立区でも積極的に議論をしていくことが必要です。グローバル化や人口減少・少子高齢化の進展によって、外国人の増加と定住化傾向はさらに進んでいきます。

これからの日本において、地域に住む外国人が地域社会の担い手の一員となるような社会作りを早急に進めていかなければなりません。

そのような社会を作るために、私たちは国籍や民族が異なる人々が互いの文化や違いを認め合い、対等な関係を築いていく、「多文化共生社会」の形成が極めて重要であり、共に生きていく社会を構築していくことが求められています。
あだち国際まつりが、そのきっかけ作りのひとつになればと考えています。

外国人が多く暮らす足立区として、今後も、このテーマについても、区民の皆様、区の職員の皆様と協力、議論をしながら取り組んでいきたいと思います。

最後になりましたが、運営にあたられました区の職員の皆様を始め、地域の皆様、本当にお疲れ様でした。
DSC_1606

娘と一緒に。

DSC_1608

おいしそうな世界の食が勢ぞろい。

DSC_1614

演舞の舞が素敵です。

DSC_1611

記念撮影(笑)。


HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク