NEW 成果報告;2019年6月〜『文書質問』が足立区議会で始まります!詳細はこちら
NEW 第13回マニフェスト大賞 優秀賞候補ノミネートにあたって特集ページはこちら
第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら

本会議で一般質問を行いました

 今日は、先日もご案内いたしました、本会議で一般質問を行いました。

 今回は、15分と時間が限られていましたが、「ユニバーサルデザインを導入した街づくり」と「子ども政策」の大きく2つのテーマについて、現状の問題を 指摘し、さまざまな提案をいたしました。

 傍聴に来ていただいた皆さん、ありがとうございました。
 また、足立ケーブルテレビで中継をご覧いただけた方もみえました。本当にありがとうございました。

 それぞれの政策の詳しい内容などは、後日、改めてご報告したいと思います。
 また、本会議の様子は、足立区議会のホームページで動画をご覧になることもできます。
 足立区議会HP : http://www.gikai-adachi.jp/yousu.html
※平成20年 第3回定例会 9月25日(木)の5番目の発言者です

 なお、10月2日から始まる「決算特別委員会」でも、質問を行います。
 日時につきましては、後日、このホームページでお知らせいたします。



 *****今回の発言の主な内容は、以下のようになっています。*****

①「ユニバーサルデザインを導入した街づくり」について

 ユニバーサルデザインとは、一言でいえば、「みんなにやさしい、だれにもやさしい」ということです。
 特定の人のための「バリアフリー」という考え方でなく、みんなにやさしいという「ユニバーサルデザイン」の考え方を取り入れ、足立区の街づくりを進める べきだと考えています。

 足立区に暮らす全ての人にとって、暮らしやすい、やさしい街を目指して、ユニバーサルデザインを導入した街づくりの提案を行いました。
 具体的には、公共施設の段差の解消などはもちろん、案内板や地図などの文字の大きさ、色使いの配慮、多言語化の導入などを求め、それらを推進するための 条例の制定や推進部署の新設、推進地区の設置などを提案しました。


②足立区の将来を担う「子ども政策」について

 今後、足立区が継続的に発展していくためには、将来を担う子どもたちを、地域で育んでいくことは、大変重要な政策といえます。

 足立区が現在進めている「子育てサロン」は、多くの区民の皆さんに利用され、その拡充が求められていますが、施設の確保や場所等に課題もあるようです。
 そこで、商店街の空き店舗を利用することにより、商店街の活性化も同時に期待できる提案を行いました。また、スペース等の問題を解決するために、従来の 全てのサービスを行うのでなく、一部のサービスだけでも開設するような「簡易版の子育てサロン」の導入を提案しました。

 この他、事故や災害から子どもたちを守ることを目的に、各学校に設置されているAEDの利用講習会の開催や、都市型の水害に備えた着衣水泳授業の全校で の実施などを求めました。

本会議場での発言の様子です。

20081009
20080925_2


HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク