NEW 成果報告;2019年6月〜『文書質問』が足立区議会で始まります!詳細はこちら
NEW 第13回マニフェスト大賞 優秀賞候補ノミネートにあたって特集ページはこちら
第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら

8月20日の産業環境委員会の内容(後半)

先日、9月30日の記事で前半を掲載しましたが、本日は8月20日の産業環境員会の内容の後半です。

 主な議題や流れについては、「8月20日の産業環境委員会の内容(前半)」の記事をご覧下さい。
 後半は「環境サミット in 足立」についての発言部分です。


 環境サミットの件については、すでにご存じの方も多いと思いまが、6月21日に行われた「環境サミット in 足立」が当初予算の400万円強を大きく 上回り、およそ10倍にあたる4000万円以上のお金がかかったということが、イベント終了後、発覚しました。

 足立区には、「包括予算制度」といって、予算の執行段階において、執行機関において、柔軟な執行が可能となるよう、ある程度は、予算を融通できる制度が あります。
 しかし、当初予算(私も、予算特別委員会の委員として審議した予算)の10倍以上の金額がかかったというのは、当初の議会で審議し、認めた計画とはまっ たく別のものが行われたといっても過言ではありません。
 しかも、環境サミット直前に行われた「産業環境委員会」では、環境サミットの話題が出たにも関わらず、行政側から、当初の10倍の規模のイベントになる という話は、一切ありませんでした。

 いくら「包括予算制度」があるといっても、執行段階で、予算が当初予定よりも10倍以上となるようなことがあっては、議会で予算審議をする意味がありま せん。
 予算の審議というのは、区議会議員として、区民の皆さんから負託された大切な役割のひとつです。

 この件に関しましては、予算のありかた執行の仕方、議会のあり方など、根本にかかわることですので、今後も注目していくつもりです。



*****以下、委員会での議論の要旨(抜粋)です*****

【長谷川】
 環境サミットが終わった後の温暖化対策特別委員会で、温暖化対策課長から、当初予算の10倍のお金がかかったとの報告があったようです。その後、詳細を お聞きするために環境部に問い合わせをしましたけれども、説明用の資料を作成中というお返事をいただいてから、既に40日以上かかっています。
 まず、当初予算の10倍お金がかかったというのは事実でしょうか。

<温暖化対策課長>
 事実でございます。


【長谷川】
 では、こちらが資料を要求したときに、細かい数字でなく大まかな数字でもいいということでお話をしたはずなのですが、今まで40日以上たってもまだ資料 が出てこないというのはどうしてでしょうか。

<温暖化対策課長>
 申しわけございません。
 ただいま、数値を精査してございまして、でき次第、ご報告をさせていただきたいと考えております。


【長谷川】
 当初予算を大幅にオーバーするというのがいつごろわかったのか。
 それから、環境サミットは6月21目ですが、産業環境委員会が直前の6月16目に行われました。
 その際に、当初の予算をかなりオーバーするというお話があったという記憶はございませんけれども、なぜそのときに報告がされなかったのでしょうか。

<温暖化対策課長>
 10倍にいつごろになったのかというご質問につきましては、私、4月に着任以来、部内PTで検討を重ねてまいりまして、環境サミットの形づくりをやって まいりました。
 そのころから、せっかくのサミットということで、是非、区民の皆様方に広く知っていただきたいということで、いろいろな仕掛けを考えてまいったわけてご ざいます。ですから、厳密に申し上げますと、4月ごろからということでございます。

 それと6月の委員会になぜ報告しなかったのかということにつきましては、当時、言い訳がましくて申しわけないのですけれども、準備がかなり逼迫してござ いまして、金額についての大まかなものをお示しするという余裕がなかったというか、金額についてはお示ししなかったということでございます。申しわけござ いません。


【長谷川】
 では、予算案を出した当初の内訳と、実際にかかってしまった内訳、それから、いつごろオーバーすることがわかったのか、そのことについて詳細にご報告を 要求いたします。

HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク