NEW 成果報告;2019年6月〜『文書質問』が足立区議会で始まります!詳細はこちら
NEW 第13回マニフェスト大賞 優秀賞候補ノミネートにあたって特集ページはこちら
第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら

足立区立憲民主党~貴方達はどこを向いて政治をしているのか~

21日㈮令和2年第1回定例会における本会議で、立憲民主党が代表質問において以下の内容を区長質問しました。

「前回の定例会において「足立区議会 議会改革を全力で推し進める会」から文書質問が提出された。その質問書では「当区は子育て施策東京23区ワースト1」と断定して当区を批評していたが、事実かどうかも含めて、区は正しく伝える責任がある。区長の見解を伺う。


皆さん、如何思われますか?
ホームページ上でも皆様にご紹介しているように、足立区は妊娠期から出産期にかけて支援が乏しく、国や東京都の母子支援事業の補助金に全く手を挙げていません。手を挙げていないのは、港区と足立区だけです。そして、港区では自主財源で手厚い支援がされています。

この実態を踏まえ、東京23区でワースト1は当然のこと。
母子支援事業における子育て支援が東京23区でワースト1。

既に区民が提出した請願文書でも同様の文言が入っています。
今回の立憲民主党の代表質問は、請願に署名をしている1228名もの方々の気持ちを踏みにじるものです。

立憲民主党は、足立区の汚名返上、足立区のために何とかしないといけないと思っているのでしょうか。

どこを向いて政治をしているのか。
安心して妊娠・出産をしたいと心から思っている足立区のお母さんやお父さんの想いを踏みにじる足立区立憲民主党。
今日も請願の署名を集め、足立区をもっと住みやすい、子育てしやすい区にしたいという情熱をもって活動をしている区民の皆さんの気持ちを阻害する質問です。

私は区民を代表し、立憲民主党の質問後に会派を代表して行う代表質問20分のうち2分を立憲民主党に対する反論として、請願に署名されている1228名の方々の想いを述べました。この代表質問を見ていた区民の皆様からは、その後、お電話が何件もありました。そして足立区議会自民、公明、共産党の超党派の議員の皆様からもご意見が寄せられています。

立憲民主党、貴方達はどこを向いて政治をしているのか。
立憲民主党、区長質問に無意味な質問を投げかける姿に誰もが心底、驚きと憤慨、情けなさを感じました。


『このような人達が区民の代表になっていることに対して残念』

多くの方々から寄せられた声です。

*****以下、代表質問での発言要旨です。*****

私は足立区議会 議会改革を全力で推し進める会を代表して質問を致します。

先程、立憲民主党より「東京23区でワースト1と断定して当区を批評していた。」との質問がありました。区民の皆様から提出された子どもを産み育てやすい新たな制度を求める請願書にも「他区の状況も含め総合的に見る限り、足立区の子育て応援は東京23区でワースト1」と記載されています。足立区は妊娠期から出産期にかけての支援事業では、他の区よりも出遅れており、産後ケア事業やネウボラ事業が全く行われておらず、今年度まで足立区は国や東京都の子育て施策の補助事業に手をあげていません。

この補助事業に手を挙げていないのは港区と足立区のみです。

そして、港区においては、自主財源で手当てが厚く、不妊治療の補助金を用意し5年でトータル150万円の支給。出産費用の助成も最高60万円まで支給しており、妊婦に対するコミュニティーバスの無料乗車券の発行をしています。

区民の請願文書にもある「東京23区でワースト1」という文言は、このような実態を踏まえたものです。妊娠期から出産期まで今までなかった新たな支援を足立区の多くのお母さんやお父さん達は強く求めています。

立憲民主党の質問は、請願を出し署名をされている1228名もの方々の気持ちを踏みにじるものです。立憲民主党はどこを向いて政治をしているのか、区民を代表して問いたいと思います。

 


HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク