NEW 成果報告;2019年6月〜『文書質問』が足立区議会で始まりました!詳細はこちら
NEW 第13回マニフェスト大賞 優秀賞候補ノミネートにあたって特集ページはこちら
第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら

「新撰組」 140周年シンポジウム

3月13日(木)

 18時より、綾瀬プルミエで新撰組の140周年シンポジウムが開催されました。
 講師は綾瀬では有名な「うな万」(鰻屋さん)増田さんです。

 増田さんは、お店の近くに新撰組が駐屯していたことに興味を持ち、独自に資料などを分析し、本を出版されている他、さまざまなところで講演、執筆活動を 行っています。
 内容が面白くて、増田さん説が盛り込まれた内容にしばし、くぎ付けでした(笑)。

 ちょうど今から140年前、慶応4年3月13日に近藤勇ら49名の新撰組の隊士が五兵衛新田にある金子邸(現在の綾瀬4丁目)に現われ、19日間駐屯し たと記録にあります。
 その後も隊士が増え、4月1日には227名にまで膨れあがりました。
 (近藤勇が子供たちに菓子を配った。土方さんは綾瀬川で釣りを楽しんでいた。などいろいろ噂はあるようです)

 講演では、新撰組の綾瀬駐屯についての様々な謎とされていることについて、増田さんが独自で調査し、資料に基づき結論を導き出したことを中心に、約2時 間にわたり、お話しをされました。(増田さんいわく、新撰組を語りだしたら、2泊3日でも足りないそうです。。。)

 増田さん説:新撰組、3つの謎!
 1.五兵衛新田屯集の謎
 2.流山での戦闘の謎
 3.近藤勇捕縛出頭の謎

 興味のある方は、ぜひ調べてみてください。

 綾瀬に駐屯後、4月1日には綾瀬から流山に移動したのではないかと推測され、4月3日に近藤勇は流山で官軍に包囲され、出頭。4月25日に斬首となって います。享年35です。まだまだ、若いですよね。。。

 余談ですが、綾瀬の村ができたのは、いつか皆さんご存知ですか?1889年5月1日だそうです。綾瀬村が誕生して来年5月で120年。

 綾瀬の地に屯集していた新撰組については、郷土の歴史財産として、語り継がれていくべきものだと思います。
 新撰組が綾瀬に駐屯していたことを知らない人はたくさんいます。足立区民の皆さんが、この綾瀬での新撰組駐屯の歴史を大切に守り、語り継いでいくこと で、多くの新撰組ファンを中心に、全国に足立区を発信していければと思います。

HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク