NEW 成果報告;2019年6月〜『文書質問』が足立区議会で始まりました!詳細はこちら
NEW 第13回マニフェスト大賞 優秀賞候補ノミネートにあたって特集ページはこちら
第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら

地域の防災訓練

 今日は、朝から地元の避難所・防災訓練が綾瀬小学校で行われました。
 地域の6つの自治会の合同防災訓練で、参加者も多く、大人から子どもまで200名近く人が集まりました。

 途中、雨が強く降ることもありましたが、皆さん真剣に、煙体験、消火訓練、応急手当などを、実際に体験をしました。


 訓練の中での自治会長の挨拶に、「この防災訓練は何回やっても多いということはない。自然と行動できるようになることが大事です。」とのお話しがありま した。
 私も、まさにその通りだと思います。
 災害時に冷静に行動できるようにするためには、日ごろの準備や、訓練の積み重ねが大切です。
 また、訓練を通して、各自治会の方々ともコミュニケーションができ、近隣の方と親しくなることで防災意識の結束を図ることも重要だと思います。


 今日の訓練では、NTT東日本の「災害時の声の伝言板」の説明書も頂きました。
 これは、被災地域内やそのほかの地域の方々との「声の伝言板」で、被災地の方、もしくは他の地域の人に自分の安否を知らせたい場合に、メッセージを送る ことができるようになっています。
 利用にあたっては、契約等は一切必要ありません。
 提供開始や録音件数等、提供条件については、NTT東日本で決定し、テレビ・ラジオなどで知らせるそうです。
 災害時には電話がパンクをしてしまい、かからなくなってしまうことが予想されるので、このようなサービスを利用するのも有効です。


 私も議会の場で、災害対策について、日ごろからの準備と体制つくりについて行政側の認識を確認し、さまざまな提案を行っています。(詳しくは、4 月7日の記事をご覧ください)
 足立区としても、防災体制、また災害が発生したときの対応について、さらに整備を進めるよう、私も引き続き取り組んでいきたいと思いますが、それだけで なく、地域の皆さんが、「自分達の命は、自分達で守る」という意識も大切だと、改めて感じました。

 今日はおよそ2時間にわたる防災訓練でしたが、大変、有意義な訓練だったと思います。
20081026_1

火災時の煙が擬似体験できる、煙ハウス。

20081026_2

初期消火訓練の様子です。

20081026_3

体育館で救命救急・応急手当の講習も行われました。

20081026_4

地域の消防団による放水訓練の様子です。



HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク