NEW 成果報告;2019年6月〜『文書質問』が足立区議会で始まります!詳細はこちら
NEW 第13回マニフェスト大賞 優秀賞候補ノミネートにあたって特集ページはこちら
第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら

鹿浜 都市農業公園の「豆まき」イベント

 今日は、子どもたちとそのお友達と一緒に鹿浜の「都市農業公園」に行ってきました。
 2月3日の節分に向けて、一足早い「豆まき」のイベントが開催され、定員をオーバーするたくさんの参加者の皆さんと一緒に、楽しく節分を味わってきまし た。

 最初に節分の由来を勉強しました。
 節分は、季節の分かれ目の意味で、元々は、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日を指していたそうです。
 現在のように、節分が立春の前日だけを指すようになったのは、冬から春になる時期を一年の境としたからだそうです。

 由来の勉強をした後は、職員のお兄さんと一緒に、みんなで公園内にある柊を切り取りに行き、古民家でイワシの頭に似せて葉を工作し、先ほど切り取ってき た柊の先に付け、魔除けを作りました。
(鬼は、「柊のはっぱのトゲトゲ」、「イワシの頭のにおい」が嫌いだそうです。)

 この建物は、区の指定文化財の旧和井田家母屋(建築時期:江戸時代後期)で、普段は中には入れませんが、今回は特別に開放されました。

 途中、鬼も出てきて、みんなでやっつけました(子どもたちは、大騒ぎでした!)・・・職員さん、お疲れ様です。。。

 「鬼は外!福は内!!」と掛け声をかけながら豆まきをして、一年の無病息災を祈願してきました。
 最後には、お兄さんが炒ってくれた大豆を、歳の分だけみんなで美味しく食べました。


 今回、初めて鹿浜の都市農業公園に行きましたが、自然環境館では、オナモミダーツをしたり、季節の展示物や鳥や昆虫の勉強ができるようになっていて、自 然と人との触れ合いができるよう工夫がされていました。
 また、この公園内には28品種、83本の五色桜が植えられています(荒川堤の五色桜です。以前ホームページで紹介をしました。詳しくは、昨 年の3月26日の記事
をご覧ください)
 3月の下旬頃には、きっと公園内一面、五色桜でいっぱいになることと思います。

 公園内にあるレストランでは、富士山も一望でき、さらに36種類もあるソフトクリームは名物のひとつのようです。
 お花見のシーズンには、子どもたちと、また遊びに行きたいと思います。
20090201_1

足立区指定文化財・旧和井田家母屋
(建築時期:江戸時代後期  元所在:足立区花畑)

20090201_2

柊とイワシに似せて作った葉の魔除けです。

20090201_3

古民家から鬼が出てきました!。
みんなで、退治です!(笑)

20090201_4

都市農業公園から見えた富士山です。

20090201_5

36種類あるソフトクリームの一部。(もちろん全部は食べていません(笑))



HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク