NEW 成果報告;2019年6月〜『文書質問』が足立区議会で始まりました!詳細はこちら
NEW 第13回マニフェスト大賞 優秀賞候補ノミネートにあたって特集ページはこちら
第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら

第1回 民主党あだち政治塾

 今日は、午前中から北千住にある東京芸術センターで、「第1回 民主党あだち政治塾」が開催されました。
 講師は元我孫子市長で、行政刷新会議の事業仕分けにも参加されています「福嶋浩彦」さんでした。

 テーマは「新しい公共」「地方政府と民との関係性」「議院内閣制」についてです。
 2時間の講義でしたが、非常に内容が濃く、あっという間に感じました。


 民主党政権でも進めている「新しい公共」とは、官や役所、政治家のための公共ではなく、主権者である市民が市民の意思に基づく政府を行っていき、民と官 がともに担う部分であるというものです。
 旧来の官が民間に下請けのような感じであった部分を、今後は、民間からやりたいと思うことを官が民間に移動することで、ある意味対等の関係へ変えていく ことであるとの話でした。


 実際に我孫子市では、より良い公共サービスとスリムで効率的な市役所を目指して、市の全事業を対象に、企業やNPOなどから民営化や委託化の提案を募集 する「提案型公共サービス民営化制度」をしています。
 第1回募集で寄せられた提案79件のうち協議中などを除く56件を審査し34件が採用されているそうです。

 実際にこのような制度にすることで、その道の専門の方々に携わってもらい、市民サービスの向上に一役買っているとのご説明でした。
(例えば、「赤ちゃん出産育児ママパパ教室」は、助産師さんがその専門知識を生かし、運営を行っているそうです)


 足立区でも「提案型事業」として毎年、数事業ではありますが、NPOなどの民間事業者から事業の提案を受け、区が審査・採用を行っています。
 私の重点政策の一つでもある「カラーユニバーサルデザイン」についても、当初は提案型事業としてNPO法人と協力して進められてきました。

 民間の優れた知識やノウハウ、人材を生かし、行政のスリム化を行うことはもちろんのこと、区民の皆さんに質の高いサービスを提供できるよう、我孫子市の 取り組み等を参考にしながら、提案・取り組みを進めていただきたいと思います。
20100523

講師の福嶋浩彦 元我孫子市長。
現在は、中央学院大学社会システム研究所教授、東洋大学大学院客員教授などもされています。


HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク