NEW 成果報告;2019年6月〜『文書質問』が足立区議会で始まりました!詳細はこちら
NEW 第13回マニフェスト大賞 優秀賞候補ノミネートにあたって特集ページはこちら
第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら

近藤区長へ「民主党予算要望」を提出

19日木曜日、民主党会派で近藤区長に平成26年度の予算要望を提出してきました。
今年も区長に直接手渡しし、意見交換をさせていただきました。足立区でも、区民の皆さんの目線で区民の皆さんのための区政を目指し、個人としてもそして民主党足立区議団としても、しっかりと要望・実現を求めていきたいと思います。

以下、今回、提出した予算要望の一部抜粋です。

[政策経営関係]
1. 指定管理者制度の公平、公正、透明な運用を図るため、個々に策定されている指定管理者条例を改訂し、基本をなす指定管理者制度基本条例を早急に策定されたい。
2. ユニバーサルデザインを推進するために所管の機能の強化と、さらに区民に対する啓発活動を図られたい。なお、カラーも含めたユニバーサルデザインに特段の配慮をされ、まず、区役所本庁舎を早急にモデル施設とされたい。
[総務関係]
1. 災害時におけるガソリンなどの燃料確保について、医療・福祉機関に優先的に配備される仕組みを区として構築されたい。
[地域のちから推進関係]
1. 予約図書の貸出しはされたが、子どもが図書にふれる機会がないため、西新井駅や綾瀬駅周辺など、図書館空白地域に図書館を設置されたい。
2. 多文化共生を推進するため条例化するなど検討されたい。
3. 新宿区のように多文化共生センターを設置し、区内在住、滞在の外国人の医療、職業、居住相談に加えて、行政・教育・生活習慣などについての情報提供やサポート体制を一層拡充されたい。
4. 鹿浜の取り組み事例をモデルケースとした地域コミュニティの場を中国残留帰国者が多い地域に拡充し、NPOと協働しながら中国残留帰国者への施策を一層充実されたい。
5. 毎年行われている原爆展の設営を音響効果を含めてしっかりと担当されたい。また、区の広報誌・HPを活用し戦争体験者からの資料を区民から積極的に収集されたい。
[福祉関係]
1. ライフステージにあわせた発達障がい施策の構築を図られたい。特に社会的な整備が乏しい青年期・成人期の発達障がい当事者家族支援の構築すると共に、青年期・成人期向けの相談会やワークショップを行い普及啓発活動を強化されたい。
[衛生関係]
1. 区独自の不妊治療助成制度を創設されたい。また、不妊症・不育症相談窓口を設置されたい。
2. 小・中学生及び若年層の肥満傾向・糖尿病の割合が高い当区であるからこそ、10代、20代の健診の実施と児童・生徒を対象とする若年層からの体系的な生活習慣病予防の推進を図られたい。
[都市建設関係]
1. 児童が自由に遊べる自己責任型プレイパーク公園の導入、中高生が健全に気ままに集える中高生重視型の公園の導入を検討されたい。導入にあたっては地域住民との協力体制を整えられたい。
2. 地域の憩いの場となるドッグランを荒川河川敷に設置されたい。
3. 都ユニバーサルデザインの観点から区内鉄道駅の案内表示が障がい者にとってわかりやすいものか徹底的に調査し、要望解決のため努力されたい。
4. 本庁舎や各福祉事務所ならびに幹線道路の交差点への音響誘導装置の設置を進められたい。
5. 北千住駅付近の大踏切の解消をさらに国、都、鉄道事業者に求め、鉄道高架化の早期実現に向け一層の努力をされたい。
[学校教育関係]
1. 中学校で着衣水泳の講習を実施されたい。
2. 小中学校のパソコン・プロジェクター・電子黒板・タブレットなどの情報通信技術(ICT)の授業における積極的な活用をされたい。
3. 学ステップアップ講師については少人数クラス指導をふくめ活用範囲を学校に任せ予算も増額されたい。授業ボランティアも拡充継続されたい。
4. 図工室等の特別教室の冷房化を進められたい。
5. 小・中学校の学校図書館の図書購入のための予算拡大と、小学校の司書配置を検討されたい。また、学校図書館支援員によるモデル校を拡大されたい。
6. 小学校の教科担任制を拡大されたい。
7. 放課後子ども教室の拡充を強化されたい。なお、指導員は地域からの選任が望ましいが、指導員の確保が困難であれば広く公募をして確保されたい。 8. 今後も引き続きコミュニティースクールを増やされたい。
9. 区内の都立高校と区立中学校を「中高一貫教育校」として運営することを検討されたい。
10. 校教育においていじめ防止教育やDV、男女平等教育の徹底をされたい。
[子ども家庭関係]
1. 病後時保育は利用者の利便性を考慮し地域の適正配置に努め新規設置されたい。
2. 障がい者が住み慣れた地域で自立と社会参加ができる「生活寮」などの拡充に努められたい。
3. 保育園の待機児童ゼロに向け早急に解消するよう取り組まれたい。



DSCF4303

近藤区長へ予算要望提出。おぐら修平議員のインターン生(左・大学2年生)も一緒に記念撮影(笑)。


HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク