NEW 成果報告;2019年6月〜『文書質問』が足立区議会で始まりました!詳細はこちら
NEW 第13回マニフェスト大賞 優秀賞候補ノミネートにあたって特集ページはこちら
第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら

東京未来大学 発達障がい支援事業「こどもみらい園」

朝日新聞に東京未来大学「こどもみらい園」についての記事が掲載されました。
今年の7月に私の地元である綾瀬2丁目に不登校や発達障がいなどの悩みを抱える子供たちを対象とした個別学習塾がオープンします。
未来大学が運営し、発達障がいで人間関係やコミュニケーションを苦手とする2歳から小学6年生の子どもを受け入れ、心理学部の臨床心理士や心理学の専門家がカリキュラム編成や子どもの特性を把握し支援されます。

実は1月に千住曙町にある東京未来大学に行き、准教授の石阪先生から発達障害についての取組について、色々とお話を伺ってきました。

発達障がいはその特性ゆえに、人間関係などが築きにくく2次障害などで鬱や人格障害などを発症させ、生きづらさを抱えている人たちが社会的にもたくさんいます。
どの段階でもその特性に気づき、支援に乗ることがとても大切なことですが、支援自体も効果的なものがなかなか見出されていません。特に青年期や成人期での支援の構築は皆無に等しいと言ってよいほどです。

子どもの頃から、発達障がいの個々の特性を見極め、適切な指導がなされれば、個々に抱える生きづらさを軽減させることが可能となり、将来的に有能な人材を育むことにも繋がっていきます。

今回の東京未来大学での支援は、明るい希望の持てる支援になると期待しています。



DSC_0077

発達障がい当事者会イイトコサガシの冠地情さんも一緒に視察に行きました!ホワイトボードを使用しながら、東京未来大学石阪准教授に熱く語っています。


HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク