NEW 成果報告;2019年6月〜『文書質問』が足立区議会で始まりました!詳細はこちら
NEW 第13回マニフェスト大賞 優秀賞候補ノミネートにあたって特集ページはこちら
第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら

東京未来大学こどもみらい園 視察

今日は午後から足立区議会民主党会派で7月に足立区綾瀬に開園した「東京未来大学こどもみらい園」に視察に行ってきました。この学園では、発達障がい特性をもつ子ども達(2歳から小学6年生の子どもを対象)に対する支援を行っています。
強い個性と突き出た才能を、決してネガティブには考えずに、一つの得難い個性としてポジティブに捉え、理解と情熱をもって向き合うことを目的としています。

通学児たちは主に小学1~2年生が多く、次に3~4年生と合計40名の子ども達が通っているそうです。足立区は2割ほど、他は千葉や名古屋からも来られているそうです。

この学園では、体系的にそして科学的に、子ども達の可能性を伸ばす仕組みを提供しており、主に個別学習と総合学習の2種類の学習タイプと、6種類のイノベーションコースタイプに分け、一人ひとりの才能を発見し発掘しています。

コースは以下の通り。
・読み・書き・計算・SSTコース
・イングリッシュコース
・ITコース
・アートコース
・ダンスコース
・体操コース

発達障がい特性を持つ子ども達に対する支援は、早期に行うことが何より大切です。

通常学級ではついていけないところがあっても特別支援学級ではなにかモノ足りない、そのような子供たちを対象にした親のニーズに応える学び舎として開設された「こども未来園」の能力開発型の個別学習スクールに期待していきたいと思います。

DSC_0641

東京未来大学こどもみらい園前で記念撮影。

DSC_0643

東京未来大学こどもみらい園の中はデザイン性が高く、子ども達にとっても楽しい素敵な空間になっていました。


HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク