NEW 成果報告;2019年6月〜『文書質問』が足立区議会で始まりました!詳細はこちら
NEW 第13回マニフェスト大賞 優秀賞候補ノミネートにあたって特集ページはこちら
第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら

公契約条例シンポジウム

今日は連合東京が主催の公契約条例のシンポジウムに参加をしてきました。場所は田町交通会館です。

講演は「公契約条例の意義、現状と課題」と題して弁護士の古川景一先生よりお話がありました。
公契約条例については、野田市・川崎市・多摩市・国分寺市が制定され、渋谷区でも昨年公契約条例が可決され、 足立区でも今年の4月から公契約条例が施行されています。そして今年の10月には千代田区が来年の4月には世田谷区が条例が施行することになりました。この事により都内では6自治体での条例制定となり、全国の公契約条例の半数が東京都内での条例という状況です。

公契約条例によって、労働者に対する適正な賃金の提供と、公共サービスに従事する労働者の労働条件の整備や質の確保が保たれます。一方、開かれた競争入札、事業者の自主性などの課題もあることも事実です。

国レベルの対応が遅れている公契約条例を議会で詰めていく為にも、日頃からこのような場を頂きながら、公契約条例の意義やそれぞれの自治体間での取り組み状況を検証し、その課題を理解しながら、わたし自身も地方から出来る取り組みを少しでも前に進めていきたいと強く思っています。

DSC_0001

公契約条例のシンポジウム。熱気が伝わってきました。


HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク