NEW 第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら
« 2018年 08月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


全国労供事業労働組合連合会 意見交換会

今日は台東区の施設で全国労供事業労働組合連合会 意見交換会が行われました。

4月には、組合の方々と一緒に国会の陳情に同行をさせて頂いております。

本日は、日ごろからお世話になっている組合員の皆さまと課題を共有し清掃車両等のお仕事をされている皆さまのご意見をお聞きしました。

 

今年の夏は特に灼熱の暑さでした。

その暑さが災害レベルだった為、清掃現場では救急搬送される事例が多発したそうです。

極めて危険な環境で就労が日々、繰り返されていたという実態があります。

例えば、午前10時から14時の最も危険な時間帯にいったん作業を開始すると60分にも90分にも及ぶ灼熱地獄の中での収集が続けられる環境があるそうです。また、1回の収集で3時間から3時間30分位、ほぼ車に乗らず走りっぱなしの労働環境とのご報告もありました。

 

午前中の炎天下の作業を終えてお昼の休息をとるにしても、収集車両のスペースと運転手や作業員が十分に体を休める施設が不足しており、休憩する場所や昼食をとる場所もないそうです。

路上の端に車を停め、東京都の条例を守りエンジンを停止した状態の車両の温度が50度を超える状況で待機をすることもあるそうです。

 

このような劣悪な労働環境をいち早く改善をしていかなくてはなりません。

働く就労者の安全管理を清掃事業者に携わる組織や私たち議員で、対策を考えていかなくてはならない喫緊の課題です。

今後、足立区だけでなく、他区も含めた我々議員たちの力で、区が委託契約をしている業者との契約内容を見直し、早急に改善を求めていきたいと思います。

 

出産間近ということもあり、3日前には20分おきに陣痛が来ていたので出産かもと思いましたが、陣痛が微弱になったため、本日は何とか自宅からタクシーで現地に向かい、意見交換会に参加をすることができました。

今後、外出ができなくなってしまうため、自宅対応となります

本日お聞きした内容を調査しながら、出産後にしっかりとその取り組みを進めていきたいと思います。

 




一般社団法人 ドゥーラ協会代表理事・松が丘助産院(中野区松が丘)院長 宗 祥子さん

今日は、一般社団法人 ドゥーラ協会代表理事・松が丘助産院(中野区松が丘)の院長 宗 祥子さんが自宅にお越し下さいました。

産後ドゥーラは、産前、産後の母親に寄り添い家事や育児をサポートしてくれる専門家です。

現在、国内の妊娠・出産・子育てにおいて最もサポートが不足しているのは、出産後と言われています。子育ての第一歩をストレスフルな状況で過ごすことは、産後うつや児童虐待につながる可能性が強いため、すぐにでも手を打たなければなりません。
そこでドゥーラ協会では出産前後の女性に寄り添い、温かみのあるサポートを行う存在として設立されました。

約40年前、高度成長期の日本では男性が外で働き女性は家を守るという家庭が大半を占めていました。現代社会は、夫婦共働き、多様なスタイルの家庭がある中で女性が社会進出するにつれ初産年齢は高齢化し、祖父母も高齢化し、従来の里帰りによる祖父母のサポートも難しくなっています。
核家族化や戦後の急激な社会変化、地域における人間関係の希薄さなど、さまざまな問題が複雑に今の時代は絡み合っています。

出産は母親と赤ちゃんの人間関係です。
「母親がどのように子どもに愛情を注ぐか」とても大切な事柄です。

でも、私はお母さんだから私が頑張らなきゃと、出産後のママたちは頑張りすぎてしまう傾向があり、途中で力尽きてしまうお母さんたちも多いのが現状です。
また、出産で疲労した身体を十分に労わらずに赤ちゃんの世話に24時間続け、不安を抱きながら心身のバランスを崩してしまうお母さんたちが多くいます。
産後ケアハウスやドゥーラを活用しながら妊産婦さんとその家族に寄り添ってもらいながら子育てサポートをお願いすることが必要だと感じます。

今日から私は、妊娠10ヶ月。
出産までのあと数週間、赤ちゃんと家族と共に頑張って乗り切っていきたいと思います。

今日は、次女も自宅にいたので、次女、三女、夫と共に大変有意義なお時間を宗さんから沢山頂きました。
早速、私の着こなしからのチェック。
妊婦さんは、スカートではなくズボンに履き替えるのが良いとのこと。
靴下を履くことで、くるぶしを冷やさないようにとのご指導を頂きました。

足のお灸から入り、足全体のマッサージ、お腹、背中などのマッサージをして頂き、夫も出来るようにとレクもして頂きました。
今回、第4子の出産となり、それなりに経験を積んできたつもりでしたが、まだまだ未熟者。
健康管理と食事の見直しをしっかりとして一日一日を過ごしながら、出産を家族と一緒に乗り越えていきたいと思います。

本日は、有意義なお時間を本当にありがとうございました。

 6a0133ed0cfe1e970b022ad366303b200c-200wi

一般社団法人 ドゥーラ協会代表理事・松が丘助産院(中野区松が丘)の院長 宗 祥子さんからたくさんの学びを頂きました。




「がんサバイバーのためのヘルスアカデミー」一般社団法人キャンサーフィットネス

今日はお昼過ぎから、一般社団法人キャンサーフィットネス開催のがんサバイバーのためのヘルスアカデミーに参加をしました。

キャンサーフィットネスは、体力作りを啓発するための運動教室です。
座学として、なぜ運動は健康に必要なのかをまずは知識として知ってほしいとのことから、ヘルスケアアカデミーがスタートされたそうです。

病院では、がん治療後のセルフケアについてまでは教えてくれないため、がん患者は増えているけれども、医療では追いつかない課題が山積しています。

がんの治療が終わっても、その先の当事者たちの課題。

治療が終わった後に、がんという病、その影響、後遺症や副作用、再発の不安、死への考え方、その後の健康管理など、一人で抱えてしまう方が少なくないそうです。
がんサバイバーが体や心の健康管理を正しく知るためのスクールをやりたい、それが一般社団法人キャンサーフィットネス「ヘルスケアアカデミー」です。
毎月2回様々なテーマで、各専門の先生にお越しいただき、勉強会を開催されています。
今年は4年目とのこと。

本日のヘルスアカデミーでは、法医学者「死体は語る」の著者でも有名である上野正彦先生からは、法医学からみた死生学についてのお話がありました。
上野先生は監察医として2万体の検死・解剖を行われたそうです。
本日の講義では、ご遺体の写真が様々出てきて大変驚きましたが、「死体は語る」という点から「肉体は死んでも生きている」という言葉に含まれた貴重なお話を拝聴しました。

また、今日は江東区が夜間窓口を委託するマギーズ東京の秋山正子センター長から「安心して生活し続けることが可能な地域共生社会の構築」についてお話をお聞きすることができました。
マギーズ東京は2016年10月に開業した民間施設です。NPOが運営しています。
医療機関が設置している相談窓口は予約制で医療相談に特化しています。しかし、この施設の特徴は、時間枠を設けずに看護師や臨床心理士が就労や生活に関する悩みまでを幅広く対応する点が医療機関と違います。

がんの相談窓口が全国的に不足している中、がん患者の就労支援や生活に関する支援ができる窓口が必要です。
働きながらがん治療を行う人が増える中、自治体による支援の動きが出始めています。

江東区は、マギーズに委託をし、働くがん患者向けの夜間相談窓口を今年度からスタートしました。江東区は4月から仕事帰りに立ち寄れる相談拠点を設けるため、ゆりかもめの新豊洲駅近くにある、がん患者や家族らの交流拠点「マギーズ東京」に毎月1回、午後6時から8時までを夜間窓口を開設しました。
今年度の当初予算は約28万円。

港区では、2015年度に策定したがん対策推進アクションプランに患者への就労支援を盛り込んでいます。昨年度は医療用ウィッグや胸部補正具などのがん治療の副作用による「見た目」への影響を補正する装具購入の助成制度を創設し、初年度の申込件数93件のうち、半数が30~50代からで好評を得たそうです。
今年度も申込件数は同程度になると想定して、前年度と同額の予算300万円を計上して引き続き支援をするそうです。

また、港区では都内初の在宅緩和ケアの支援拠点を4月に開設しており、同拠点でがん患者同士の交流場所を設けたり、がんについて学べる講座を開催するなど区民にがんの理解を広める取り組みを行っています。平日は午後9時まで営業しているそうです。

日本では、一年間に約100万人が新たにがんになると推定される時代です。 都内のがん患者数は30年間で2倍に増加しています。
がんの就労支援は、国が示すがん対策の柱の一つです。
その中で、今年度に多くの区が改定を予定する「がん対策推進計画」にも盛り込まれる予定の中で足立区の取り組みを検証し、働きかけていきたいと思います。

検診や治療と並んで大変なのは、がんを患ってから「いかに生きるか」「いかに支えていくか」です。
がん患者の皆さまが「自分らしく生きることができる社会」を全力で構築していきたいと思います。



 6a0133ed0cfe1e970b022ad3abfb4b200b

法医学者、「死体は語る」の著者
でも有名である上野正彦先生の
講義。

 

 6a0133ed0cfe1e970b022ad3abfb3c200b-200wi

一般社団法人キャンサーフィット
ネスの皆さまとマギーズ東京の
秋山センター長とご一緒に記念撮影。

 

 6a0133ed0cfe1e970b022ad3abfb5b200b

資料一式です。

 

 6a0133ed0cfe1e970b022ad3abfb65200b-200wi

毎月2回、ヘルスケアアカデミーが
開催されています。

 



女性差別についての緊急院内集会

今、参議院議員会館の院内集会が行われています。
今日は、社民党副党首の参議院議員 福島みずほ先生からお誘いを頂き、女性差別についての緊急院内集会に伺いました。

東京女子医科大学入試の得点を操作し、女子受験者などの合格者数を抑えていたことが報道されています。
この事件は、日本社会がとてつもない女性差別であり、男性優遇社会であることを象徴しています。ハラスメントの処遇にしてみても、まさに男性優遇社会であるこの世の中、私たち女性が声をあげていかなくてはいけません。

今日は女性トークリレーがありました。
作家の北原みのりさん、弁護士の打越さく良さん、武蔵大学教授 千田有紀さん、メディアで働く女性ネットワーク 代表世話人 林美子さんほか 超党派の国会議員も多く参加をされていました。

本日声をかけて頂いた、福島みずほ先生と夫は弁護士の期数が一期違い。
夫が38期、福島先生が39期で司法修習生の際には一緒に研修を受けていた時期もあったそうです。
本日の会合で福島先生からは、「妊娠、出産がないかのように働かせる社会を変えていこう」というお話がありました。

福島先生と共に同じ課題を共有し、女性差別のない社会に向けた法整備を進めていきたいと思います。

 6a0133ed0cfe1e970b022ad3662f35200c

今日も連日、参議院議員の院内集会です。

 

 6a0133ed0cfe1e970b022ad3abf8f1200b-200wi

配布された資料です。

 



出産議員ネットワーク 院内集会

今日は、出産議員ネットワークの勉強会に参加をしています。
場所は、参議院議員会館です。

子育て中の地方議員が安心して働けるよう議会の環境を整備していくことが必要です。
妊娠や出産、子育て中でも働ける環境が整わないと女性の政治参画は進みません。

今日は、地方議員による「子育て議員連盟」が設立されました。
この議員連盟は、任期中に出産を経験した全国の地方議員らで作る「出産議員ネットワーク」の呼びかけで設立され、本日開かれた設立総会には、東京や兵庫、愛知などから子育て中の地方議員およそ30人が集まりました。

議員連盟では今後、多くの議会の「会議規則」で規定がない育児のための休暇や、議員の休暇中に代理人が議会で投票できる「代理投票制度」などについて議論を深め、働きやすい議会に向けた制度改正につなげていきたいと思います。

本日の会議では、9月1日に施行される足立区議会の新たな支援制度、議会活動と妊娠・出産・育児の支援制度についての報告をさせて頂きました。

本日のスケジュール:
① 12:00~ 出産議員ネットワーク 会議
② 13:30~
a.IPU「ジェンダーに配慮した 議会のための行動計画 」
講師:国会図書館職員
b.ニュージーランド首相の産休と子育て支援政策
東北公益文科大学 教授 武田真理子 & ニュージーランド大使秘書 宮崎 様の対談
③ 16:15~ 「子育て議員連盟」設立総会

 6a0133ed0cfe1e970b022ad38c4a0d200d

参議院議員の院内集会で。足立区の取り組を報告させて頂きました。

 

 6a0133ed0cfe1e970b022ad3abf8a0200b

江東区議会議員 三次由梨香さんと一緒に。私のお腹、パンパンです。

 



原爆・平和・戦争を考える展示会

広島と長崎に史上初の原子爆弾が投下されて73年。 被爆者の方々の年齢も80歳を超えました。

今年に入って、米朝のトップ会談を見るたびに
「戦争も核兵器もない世界を」「核と人類は共存できない」
切実な訴えを今でも、被爆者の方々からお聞きします。

未来永劫、核兵器がこの世の中からなくなり、核戦争による生き地獄が決して誰も経験することがないよう、今年も多くの被爆資料の展示が足立区役所1階アトリウムで行われています。

※今年は現役高校生たちが被爆者たちのお話を聞いて描いた絵画が展示されています。

また、ビデオでは、「はだしのげん」、足立区の被爆者の証言ビデオ

9日(木)午前11時から
「被爆体験の証言と音楽の集い」
原爆被爆者の体験証言2人 
笹谷信子さんによるソプラノの歌  
アンサンブルジェニー合唱



 6a0133ed0cfe1e970b022ad3662d6f200c

今年も沢山の展示がされていました。

 

 6a0133ed0cfe1e970b022ad3abf6be200b

現役高校生たちが被爆者たちの
お話を聞いて描いた絵画です。

 



竹ノ塚ガーデンハウスの納涼会

今日は、竹ノ塚ガーデンハウスの納涼会に夫と3女と3人で行って来ました。

今年も皆さまに温かく迎えて頂きました。
議員1期目の時から、竹ノ塚ガーデンハウスの皆さまとは、親しくさせて頂いております。

緊急時の通路が確保されているか消防署から消防車を走らせて頂いたり、警察や役所と交渉し信号機の設置を要望したりと皆様さまと一緒に働きかけて参りました。
地域事情の課題はまだまだ山積しています。
今後も皆さまと一緒に地域の課題を一つずつ解決していきたいと思います。

今日は、気心知れた皆さまと一緒に楽しいひとときを過ごすことができ、大変リラックスできました(笑)。
元気な赤ちゃんを無事出産します!



 6a0133ed0cfe1e970b022ad3662e5d200c-200wi

娘も一緒に行きました♪

 

 6a0133ed0cfe1e970b022ad38c496b200d-pi

竹ノ塚ガーデンハウスの皆さんと一緒に(笑)。

 



中央大学学員会 東京足立区支部 定期総会・懇親会

今日は夕方から足立区役所14階 シーフードレストラン メヒコで、中央大学学員会 東京足立区支部 定期総会・懇親会が開催されました。

 

今日は、夫が私の代理で行ってくれることになりました。

妊娠9か月で前駆陣痛が頻回に起きているためです。

代理と言っても、夫も中央大学の卒業生なので、本人が行っても全く問題ない状況でした()。夫と年齢が近い方々が多く支部に入るので、同じ駿河台キャンパスで青春時代を過ごした仲間として、お話も楽しかったようです。

 

支部では私の後援会の方お一人しか面識がなかったので、私自身が心配をしておりましたが、前支部長の長谷さんに大変お気遣いを頂いたようで、とても楽しかったと夫が笑顔で帰宅したので、安心しました。

長谷さん、そしてお気遣いを頂きました支部の皆様、本当にありがとうございます。

 

今後もこのご縁を大切にして、夫も楽しく支部にも顔を出すことができるのではないかと思います。

 

今回、役員の皆様が変わられました。

大変、お疲れさまでございました。

今後とも新旧役員の皆様、ご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

 




綾瀬東町会の納涼会

今日は、綾瀬東町会の納涼会に行きました。
一歳11ヶ月の三女が初の納涼会デビューです。

「踊りたい?」と娘に聞くと「うん。うん。」と言うので、娘はパパと一緒に生まれて初めて踊りの輪の中に入りました。
なんと、そこから最後の曲まで楽しそうに踊り続けました(笑)。
子どもの好奇心の高さには圧倒されてしまいます。

臨月(来月出産予定ですが、2週間分赤ちゃんが大きいので、今月末、出産の兆候あり)の私は前駆陣痛を何とか呼吸法で切り抜け、沢山の写真撮影をしながら、ビデオカメラも回しました。パパも我が子の為に何周まわったのだろうと思うくらいに、我が子と楽しく踊ったり見守ったりで、お疲れ様でした。夫婦二人で娘から片時も目を離さないよう必死でした。

そんな中、今夜は東綾瀬中学校のPTAの方々や次女の綾瀬小学校時代同級生だったママさん達ともお会いでき、近況報告をしながら、楽しいひとときを過ごさせて頂きました。

そして、楽しい夏の思い出の一ページを娘と夫と共に刻むことができました!
本日は、温かく迎えて下さいました綾瀬東町会の皆様、本当にありがとうございました。

 6a0133ed0cfe1e970b022ad3662de6200c-pi

綾瀬東町会の納涼会です。

6a0133ed0cfe1e970b022ad3662def200c-200wi

最近、ピースができるようになりました♪

 
 6a0133ed0cfe1e970b022ad3662dff200c-200wi


最後の曲まで楽しそうに踊り続けました(笑)。

 




HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク