NEW 成果報告;2019年6月〜『文書質問』が足立区議会で始まりました!詳細はこちら
NEW 第13回マニフェスト大賞 優秀賞候補ノミネートにあたって特集ページはこちら
第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら

神奈川県庁視察:カラーバリアフリーについて

 代表質問で取り上げたカラーバリアフリー・カラーユニバーサルデザインについて、年末の世田谷区に続き、先進的な取り組みがされている神奈川県に視察に 行ってきました。

 神奈川県は平成15年に「カラーバリアフリーのガイドライン」をまとめ、その取り組みを進めています。
 私も、この問題に取り組み始めたときに、この神奈川県のガイドラインを入手し、拝見しましたが、他の自治体で取りまとめているものと比べて、大変わかり やすくまとまっており、色覚を人に説明するときに、資料として用いるときもあります。

 神奈川県では、ガイドライン作成後も、毎年、専門家を招いての講演会や、実際に色覚障害のある人とさまざまな施設を実地調査し、改善策の検討などを積極 的に行っているとの説明がありました。
 カラーバリアフリーのガイドラインを作っている自治体の中には、ガイドラインだけを作成し、あとはほとんど取り組みが進んでいない自治体もあります。
 そのような中、神奈川県の取り組みは、実効性のある取り組みとして、大変勉強になりました。

 もちろん、すべてが順調に進んでいるという訳ではありませんでした。しかし、そのようなうまくいっていない事例もまた、今後、足立区に取り入れていく中 で、大変参考になります。

 今後も、このような視察や、専門的な知識を持つ人、実際に色覚障害をお持ちの方々との話し合いを重ね、足立区でどのように取り組んで行ったらよいかの検 討を進めていきたいと思います。

 最後になりましたが、年始のお忙しい時期に、長時間にわたり丁寧なご説明をいただきました神奈川県の担当者の皆さん、県議会事務局の職員の皆さんに、こ の場をお借りしてお礼を申し上げます。ありがとうございました。
20080111_1

県職員の方にご説明をいただきました。

20080111_2

資料もたくさん準備していただきました。


HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク