NEW 成果報告;2019年6月〜『文書質問』が足立区議会で始まりました!詳細はこちら
NEW 第13回マニフェスト大賞 優秀賞候補ノミネートにあたって特集ページはこちら
第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら

中国残留帰国者視察 「練馬区、大田区」

 現在、調査を行っている「中国残留帰国者問題」の各方面での取り組みの視察として、12月16日に練馬区、そして本日は、大田区に行ってきました。
 どちらの区も、中国残留帰国者が多く居住し、4月から始まった新支援制度の中で、積極的な取り組みを進めている区です。

 練馬区では、もともと、先日ご紹介したNPO法人「中国語の医療ネットワーク」などの団体が、中国残留帰国者の支援を行っていました。(詳しくは、12 月2日の記事をご覧ください)
 そのため、4月から始まった新支援制度で、支援主体が区市町村になって以降も、比較的取り組みへのヴィジョンも明確な部分があったようです。

 大田区では、支援事業については、今年度は準備期間とし、来年度からの本格実施を予定していましたが、状況を知るにしたがって、一刻も早い支援体制の確 立が必要になり、急遽、補正予算を組み、事業を前倒しで進めています。


 どちらの区も共通して、支援体制の準備期間の短さが大きな問題であり、とにかく今年4月からの支援給付だけは、確実にスタートできるよう取り組んできた とのことです。
 そのため、足立区を含め、多くの自治体では、早急な支援事業の開始の必要性は認めつつも、手探り状態での取り組みを進めているのが現状です。


 今回の練馬区・大田区の視察を含め、いままで多くのところに足を運び、実際に現場の方々のお話しも聞くことができました。
 今後は、今までの調査・視察をまとめ、政策に生かしていきたいと思います。

 視察の際、丁寧なご対応・ご説明を頂きました皆さん、本当にありがとうございました。
20081218_1

視察の際には、いつもたくさんの資料がいただけます。
大変、勉強になります。

20081218_2

練馬区の区章です。馬の蹄をモチーフに練馬区の「ネ」を表しているそうです。



HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク