NEW 成果報告;2019年6月〜『文書質問』が足立区議会で始まりました!詳細はこちら
NEW 第13回マニフェスト大賞 優秀賞候補ノミネートにあたって特集ページはこちら
第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら

TBS噂の特ダネ 東京マガジン

今回、28日にTBSで放送される「噂の特ダネ 東京マガジン」の取材を3月16日、18日に受けました。
 綾瀬2丁目の古隅田川の駐輪場の廃止、緑地化計画による自転車駐輪場の無料から有料、さらには一部駐輪場の廃止についての区民、利用者の皆さんの声を聞きたいとのことで、お話しがありました。

 ホームページ等で私の議会での発言をご覧くださり、私の話しも聞きたいとのお話で取材を受けましたが、放送は辞退させていただきました。
 足立区と葛飾区との協議がしっかり進んでいない現状では、私の考えは、しっかりそれぞれの区の担当者に直接伝えたいと考えたからです。


 政治家になっての初めての仕事の一つが、綾瀬2丁目の古隅田川の駐輪場の問題でした。
 足立区に再三、景観面や安全面についての指摘をし、改善を求めてきました。

 そんな中で、足立区役所の職員の皆さんが、景観や安全面で力を入れ、取り組んで下さった案件でもあります。
 実際に何回も現場に職員の方々が出向いて下さり、地元の方を含めた検討をして下さり、逆に地元の方に区役所に来て戴き、職員の皆さんとお話をさせていただいた経緯もあります。


 今回の駐輪場が無料から暫定的に有料になったことで、不満に思われる方がいることは事実です。
 確かに利用者の皆さんに無料でご利用いただくことは理想ではあります。

 しかし、区が財政的にも厳しい現状で、区民の皆さんの税金がこの整備に使われているのも現実であり、その費用の一部を利用者に負担していただくというのは、論理としては筋が通っている面もあります。
 受益者負担の原則から言えば、利用されている方々がその分を多少なりとも負担することも、やむを得ないのが現状です。


 また有料化と同様、駐輪場の一部廃止(緑地化)も、大きな問題を引き起こす可能性があります。
 駐輪場の廃止によって行き場を失う自転車が、放置自転車化しないか? 利用者が大きな不便を感じることはないか? など、利用者目線での計画の検討が必要です。

 この問題は、足立区・葛飾区と2つの区にまたがっているにも関わらず、それぞれの区がそれぞれの計画で行っているため、お互いでうまく調整できていない印象があります。


 綾瀬駅を利用される皆さんにとっては、どれが足立区の管轄で、どれが葛飾区の事業か?などは、ほとんど関係ありません。
 綾瀬駅および周辺の施設を利用される皆さんにとって、便利で安全なことが一番大切なことです。

 両区にとって、両区の区民の皆さんにとって、お互いにプラスになるWIN-WINの解決を目指し、足立区・葛飾区の担当者と協議していきたいと思います。


HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク