NEW 成果報告;2019年6月〜『文書質問』が足立区議会で始まりました!詳細はこちら
NEW 第13回マニフェスト大賞 優秀賞候補ノミネートにあたって特集ページはこちら
第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら

新宿区「多文化共生の街づくり」

 今日は新宿区多文化共生プラザで新宿区における多文化共生の街づくりの研究会に参加をしてきました。


 新宿区の外国人登録人口は約35000人で、区民の約11%が外国人です。
 特に新宿区大久保地区では、9人に1人が外国人で(35805人)、20代では、4人に1人が外国人とのことです。

 この空間に、アジア系を中心にフランス、米国など110か国以上の外国人が暮らすそうです(特に韓国や中国の方が多いとのことです)。


 新大久保がそのような地域になったのは、新宿に隣接し、安い木造アパートが多いいも要因との分析もありました。

 区内にはいくつかの外国人集住地域があり、その代表的なエリアが大久保で、外国人の就学生や留学生、労働者が1990年代から集住していらっしゃるそうです。

 住民間のトラブルや入居差別が当初はあったようですが、自治体の積極的な多文化共生の街づくりを推進していく中で、現在では、外国籍住民との問題点も少なくなってきているようです。


 自治体の方からのご説明と法政大学講師の稲葉先生からもご説明を頂きました。
 また、韓流ショップが急増している大久保の職安通りや旧・多国籍ストリートなどを歩いて実地調査も行いました。


 足立区にもたくさんの多国籍の方々が住んでいらっしゃいます。
 多文化共生の取り組みは、行政だけでなく、地域の皆様のご理解とご協力がなければ決して進みません。


 私も、さまざまな自治体の取り組み状況などを研究しながら、足立区においても、ともに文化を理解し認め合う多文化共生社会の実現に向けて、さらにステップアップした施策が展開されるよう、地域の皆様、区の担当課と引き続き協議をしていきたいと思います。
1028_4

街中にある案内板
日本語・ハングル・中国語・英語表記になっています。


1028_5

外国人も対象とした不動産。


1028_6

多国籍の方に配慮した診療所。



HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク