NEW 第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら
« 2017年 09月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


第12回マニフェスト大賞ノミネート(優秀賞候補)「発達障がい児(者)家族支援」が選ばれました。

本日、第12回マニフェスト大賞ノミネート(優秀賞候補)が発表され、私が政策実現をした内容「発達障がい児(者)家族支援施策に向けた取り組み」が選ばれました。

今回、応募総数 2,597件から選ばれたのは、108件の取り組みです(審査委員長:北川正恭早稲田大学マニフェスト研究所所長・元三重県知事)。

 

私が提案した発達障がい支援施策は、「普及・啓発」「相談支援」「発達支援」「就労支援」「家族支援」という5つの事業です。中でも、発達障がい特性がある子どもの親が同じ立場の親に対して、相談や地域情報の提供や専門機関への紹介などを通して行う当事者支援活動「ペアレントメンター」を提案し、東京23区で初めての事業化に成功しました。

 

今後の予定は、10月5日(木)毎日新聞紙面にて、ノミネートの中から優秀賞(7つの賞から各5件程度)が発表されます。11月2日(木)授賞式にて、優秀賞の中から最優秀賞(7つの賞から各1件)とグランプリ(最優秀賞から1件)が発表される手順です。

 

マニフェスト大賞は、地方自治体の議会・首長等や地域主権を支える市民等の、優れた活動を募集し、表彰するものです。これにより、地方創生を推進する方々に栄誉を与え、さらなる意欲向上を期するとともに、優れた取り組みが広く知られ互いに競うようにまちづくりを進める「善政競争」の輪を拡げるために設けられました。

 

私の今回の政策提言は、5年もの長きにわたって全国展開した視察と調査・分析、足立区役所関係所管・当事者(親)・学者の皆様との連携により実現をしました。
今後も、制度の谷間に落ちている人達に対する支援施策を議論をし、それを一つ一つ解決しながら本当に困っている人達に光が当たる社会を私は全力で構築していきたいと思います。




成果報告:綾瀬駅前の東綾瀬公園・ハト公園のトイレ「ファイブベインズ」に看板が再設置されました!

昨年12月、私のホームページで報告をした、綾瀬駅前の東綾瀬公園・ハト公園のトイレ「ファイブベインズ」に新たな看板が再設置されました!

今年の予算特別委員会でも、公衆トイレのデザインの由来や東京藝術大学名誉教授でもある六角鬼丈さんのご紹介をして頂きたいと再度、要望をしていたところです。

予算特別委員会終了後、六角鬼丈氏と区が話を進められ、当初は暫定的なものでしたが、今回、このようなしっかりとした看板に代わりました!

今後も足立区の貴重な財産として私たちが大切に使用し、そしてこの由来を未来を担う子ども達にもつなげて、「芸術・文化の街・足立区」を構築して行きたいと思います!

今回、私の提案の主旨をご理解くださり、昨年から迅速に対応をしてくださいました区の執行機関の皆様には大変、感謝申し上げます。
ありがとうございます。

DSC_1496.2jpg

トイレに入る手前の目立つ場所に、新しい看板が設置されました!

DSC_1494

雨にぬれても大丈夫です!




こんにちは歯のひろば

今日は大谷田にある東部保険センターで行われた「こんにちは歯のひろば」にパパと娘と3人で参加をしました。
歯が生え始めたころの子どもを持つ親子を対象にした「歯と口の健康教室」です。

1グループ5名で保健師さんから、歯磨きをどうしたらよいのかなどを含めてレクチャーを受けました。グループ交流も含めれています!
来ている皆さんは9か月から10か月くらいのお子さんばかり。
我が家の赤ちゃんは1歳になりましたが、歯が生えてくる時期がやや遅かったので、今の時期になりました。

講義内容は、
・子どもの口のケアの方法
・虫歯の原因と虫歯菌について
・口腔機能育成のポイント

上下の歯が生え始めたころに、しっかりと親が赤ちゃんの口腔ケアをすることが大切です。
1歳のお誕生日を過ぎたころにナイロンの歯ブラシを使い、1歳半には大人による歯磨きが我が子にできるとよいそうです。

虫歯菌に感染しやすい時期は
生後19か月~31か月。1歳7か月~2歳7か月ごろとのこと。
そもそも最初から赤ちゃんの口の中には虫歯菌はないそうです。

お口の機能や自分で食べたいという気持ちをはぐくませるためにも「手づかみ食べ」をさせて、前歯でかじり取りを行わせ、コップで飲ませることがとても大切とのことでした。
離乳食中期から後期にかけて、手づかみ食べにはチャレンジをしていますが、娘は離乳食をぐちょぐちょとお手々でかき回すので、毎回、大変なことになっています(笑)!
でも、パパやママはわかっているので、まったく怒りません。

子どもの発達段階において最重要であることを再認識をさせて頂きました(笑)。
手づかみ食べをさせることで、自分で食べたい意欲が育ち、食べ方を学んでいくのですね。また、食を通じて目と手と口の協調運動にもつながるそうですよ。

最後は、親子の虫歯検診でした。
パパは虫歯を発見。あんなに自分は虫歯はないと言っていたのに(笑)。

とても有意義な講習会でした。

DSC_1498.2jpg

ジュースの中には、たくさんのお砂糖が含まれています。

DSC_1351.2jpg

1歳に満たないころの娘です。




永田町子ども未来会議 

今日は衆議院議員会館で永田町子ども未来会議がありました。
医療的ケア児を支援するNPO関係者、在宅小児科医らによる合同勉強会です。

今回も中央議会議員 渡部けいこ先生、北区議会議員 赤江なつ先生とご一緒です。
また、超党派の国会議員、医療・NPO関係者、厚労省、文科省、当事者の方々も参加しています。

文科省からは医療的ケア児平成30年度概算要求について、厚労省からは、平成30年度 障害保健福祉部概算要求の概要についてご説明がありました。

現在の医療的ケア児は、昭和46年の大島分類基準では、充分な医療保険福祉のサービスを利用することができません。
医療依存や見守り度などの医療的ケアを加味した新判定基準の確率が急務であることなど、様々な緊急課題を議論しました。

また、平成30年度障がい福祉報酬改定において、医療的ケア児に関する新判定基準の導入並びに「医療的ケア児加算」新設が望ましいこと。
間に合わない場合には、以降までの経過的な措置として、重心児単価に匹敵・相当するような規模間で医療的ケア児に対する体制加算などを考慮すること。
教育分野と医療・福祉の分野との役割分担や連携強化を図ることや、学校医・指導医と主治医それぞれの役割の整理、訪問看護ステーションの居宅縛りを見直して、義務教育における医療的ケアを診療報酬の対象とすることも含めて検討を進めることを、今回も来られている3府省、内閣・厚労・文科にそれぞれ要望をしました。

DSC_1491

医療的ケア児を支援するNPO関係者、在宅小児科医らによる合同勉強会です。

DSC_1492

当日の資料です。




連合東部ブロック地協・7地区協統一駅頭宣伝に参加をしてきました!

今日は日ごろからお世話になっている連合東部ブロックの皆様と共に、北千住駅東口 東京電機大学前ロータリーで統一駅頭宣伝活動で、チラシ2、000枚を配布しました。

配布している途中、受け取って頂いた50代の女性の方から、がん患者の社会的就労支援について、お話を伺いました。
その方は大手企業に勤めていたけれども、がんになってしまい、会社を辞めざるを得なくなったそうです。今も治療を続けているそうですが、がん患者でも、働くことが可能で、かつ働く意欲のあるがん患者を社会がもっと受け入れてほしいと切実なお声を頂きました(以前もがん患者・経験者の皆様から、たくさんの要望を頂いております)。

まさに、がん患者・経験者の就労問題は取り組むべき重要施策の一つです。
医療従事者、産業医、事業者等との情報共有や連携の下、プライバシー保護にも配慮しながら、治療と職業生活の両立を支援するための仕組みを構築することが必要です。

がん患者・経験者の就労に関するニーズや課題を明らかにし、職場でのがんの正しい知識の普及や事業者・がん患者やその家族に対する情報提供・相談支援体制のあり方等を今後、検討する必要があります。 また、がん患者の皆さんは、長期的な経済負担があります。その軽減策についても議論が必要です。

がん患者が働きながら治療や療養できる環境の整備、職場や採用選考時にがん患者・経験者が差別を受けることのないよう十分に留意する世の中をつくること。

今日の駅頭活動はほんのひと時でしたが、区民の方との直接対話の中で、とても大きなお声を頂きました。
今後、委員会の中で、足立区の現状について、役所に伺い、以上の内容を検討し、少しでも前進するよう取り組みを進めていきたいと思います。

駅頭後は、東京芸術センターでの会合です。以下の内容が話し合われました。
議題
(1)「連合足立地区協 第27回定期総会」について
(2)「2017バスハイク」について
(3)「葛飾地区協との労働講座合同開催」について
(4)第8回幹事会について

連合の皆様、今日は大変お疲れさまでした。

KIMG6819
皆様と一緒に連合の活動をさせて頂きました。




安全対策の実地調査 at 足立清掃事務所

7月12日水曜日、早朝から足立清掃事務所に行き、「労働・安全衛生について」「横断歩道の設置及び歩行者分離型信号への切り替えについて」話を伺い、現場の実地調査をしてきました。

日ごろから現場の清掃事務所の皆さんからは、たくさんの現場の生の声を聴いています。

清掃現場における公務災害発生率は全国的に極めて高い状況にあり、足立区内の他の職場と比較をしても公務中のケガや事故が多発しているそうです。
毎月、開催している労働安全衛生委員会においては、災害防止に向け、事故やケガが起きる原因とその要望策を検討し、必要に応じて安全研修などを行うなど、全体への周知と再発防止に取り組んでいます。
清掃事務所に携わっているのは直営職員だけではありません。雇上会社や委託先においても事故などの発生が頻繁に報告ががされているそうです。
区民と職員の安全を最優先した行政サービスを提供するためにも、安全対策に関わる予算措置をはじめ、必要な対策を区の責任において実施するようにしていかなくてはいけません。

また、清掃工場の北門前における歩行者及び自転車の走行行為において、川沿いからのお横断時における斜め横断や横断歩道のない場所からの横断行為や信号無視による横断行為が後を絶ちません。

私が現地を調査している際にも、清掃工場の北門付近は、実際に時間外にもかかわらず車が道路に侵入してきたり(何台も)、自転車の往来も激しく、いつ清掃車との接触事故が起きてもおかしくない状況でした。すでに、清掃工場の正門は歩行者分離型信号への切り替えが行われており、北門においても同様な切り替え措置を早期に実施することが必要です。

調査後、すぐに都市建設の担当部署には話を通しましたが、早期に改善するよう、継続した働きかけを行っていきたいと思います。

今後も、現場で働く皆さんの声をしっかりと受け止め、課題とその改善に向けた取り組みを強力に進めて参ります。

今日は、実地調査にあたり、いろいろとお話をしてくださいました清掃事務所の執行部の皆様、ありがとうございます。
DSC01556

足立清掃工場です。

DSC01555

女性職員さんと一緒に。

DSC01570

朝、7時30分からの1時間は清掃車が清掃工場から出ていくため、北門横の道路は歩行者のみが通行できるようになっていますが、ここに車が何台も侵入してきます。

DSC01565

清掃工場の北門では、このように実際に立会いをしてもらいながら調査をしているにもかかわらず、時間的に禁止されている道路への車の往来が激しかったです。




区長へ平成30年度 予算要望書の提出

本日、民進党会派で近藤やよい区長に平成30年度の予算要望を提出してきました。

今年も区長に直接手渡しし、意見交換をさせていただきました。今回の予算要望項目は、190項目です。
足立区でも、区民の皆さんの目線で区民の皆さんのための区政を目指し、個人として、そして民進党足立区議団としても、しっかりと要望・実現を求めていきたいと思います。

以下、今回、私が積極的に提出した予算要望の一部抜粋です。

<重点要望>※二重線
[政策経営関係]
1. ユニバーサルデザイン推進計画の個別施策を早急に実行すること。また、他自治体等において実践されている事例について調査研究し、市民向けユニバーサルデザイン推進委員を育成し、広く区民や事業者を巻き込んだ普及啓発活動に努め、全小学校でユニバーサルデザインの教育を行うこと。

[地域のちから推進関係]
1. 多文化共生を推進するため東京オリパラまでに条例化するなど検討すること。

[福祉関係]
1. 障がい福祉センターあしすと ひよこの定員拡大に努め、幼児期から成人期までの発達障がいへの対応のため、障がい福祉センターの機能強化を図ること。さらに梅田あけぼの学園等との民間児童発達支援センターへの区独自の委託事業等を検討すること。ペアレントメンター事業との連携強化を図り、区内の高校・大学へのアウトリーチ型支援を行うすること。

[政策経営関係]
1. 東京女子医科大学東医療センター内に宿泊型産後ケアシステムを導入するよう要望すること。また、品川区のように区内の民間ホテルを活用した産後ケアサービスを開発する。

[子どもの貧困対策関係]
1.子どもの貧困対策の一環として、こども食堂や学び体験の場など子どもの居場所づくりの拡充に向けての支援を強化し、必要な家庭に個々に情報発信と参加呼びかけを行うこと。

[危機管理関係]
1.災害時の避難所となる学校施設において、ペットを受け入れるための飼育スペースやルールなどを定めておくこと。また、同行避難の訓練が行われているか各避難所運営会議の集約し、課題点などを洗い出しておくこと。

[資産管理関係]
1.区役所本庁舎について、色使いや文字の大きさ、多言語対応、点字ブロック、エスコートゾーンの設置、玄関以外の音響誘導装置の設置などの改修を早急に行い、ユニバーサルデザインモデル施設とすること。

[福祉関係]
1. 医療的ケアの必要な学齢前の障がい児が通所する重度心身障がい児について、訪問型と施設を連携させた保育事業と、親のレスパイト事業を開始すること。
2. 明石市のモデル事業を参考に、まとめ支給の弊害を是正し、子育てに関する各種公的手当を平準化する仕組みを検討すること。
3. 子どもの貧困対策の観点から、公益社団法人家庭問題情報センターFPICなどと連携し、ひとり親家庭に対しての養育費相談などがスムーズに行えるよう各種相談窓口に確実に繋げること。また、面会交流支援の情報を提供すること。

[衛生関係]
1. 足立区スマイルママ&エンジェルプロジェクト(ASMAP)の事業においては、産婦人科・小児科・精神科医師等と連携する仕組みを構築して強化を図ること。
2. 板橋区など他の自治体で実施しているように女性健康センターを設置すること。
3. 東京女子医科大学東医療センターの移転にあたっては、区内の小児医療機関と連携する小児三次救急医療を実施するよう要望すること。
4. 在宅医療・在宅介護の連携の中心をなす統括施設とする「足立区地域包括情報センター(仮称)」を設置すること。
5. 他の区でも行っているように、区独自の不妊治療助成制度を創設すること。
6. 19~49歳で妊娠を希望する女性の配偶者は、全額公費による風疹・MR混合ワクチンの接種費用の助成を渋谷区と同様に行うこと。
7. 区は人口減少問題に危機感を持ち、産婦人科医や助産師の確保に向けて主体的に取り組むこと。
8. 乳幼児健診や3歳児健診だけでなく、新生児聴覚検査を区内全ての分娩施設で実施するための費用助成を図ること。また、保育施設での聴覚検査の実施拡大に努めること。
9. 弱視の早期発見・早期治療を行うためにも、3歳児検診においてオートレフ検査や視能訓練士・眼科医が視力を測る体制を構築すること。
10. おたふくかぜについては隣接区と同様、補助事業とすること。また、ロタウイルスなどについても検討すること。
11. B型肝炎ワクチン接種について、3回接種が完了するまでに超過した分については3歳未満まで助成制度を拡充すること。
12. 地域猫モデル事業の検証結果を早急に出すこと。また、野良猫対策の強化を図ること。 13. ペット条例、動物愛護推進ガイドラインや動物との共生推進プランを作成すること。また、殺処分ゼロを目指すこと。

[環境関係]
1. 地域の見守りと高齢者に対する行政サービスの一環として、また、住民トラブル回避やプライバシー保護の観点からも住民ボランティアなどではなく、区清掃職員によるごみの戸別訪問収集の拡充を行うこと。
2. 清掃事業におけるマナー違反のごみの集積所についてカラス対策も含め具体的な対策を早急に行うこと。

[都市建設関係]
1. 児童が自由に遊べる自己責任型プレイパークについては先進区の取り組みを参考に、NPO等への事業委託などで常設化すること。
2. 中高生が健全に気ままに集える中高生重視型の公園の導入を検討すること。また、導入にあたっては地域住民との協力体制を整えること。
3. 地域の憩いの場や災害時に犬の避難場所となりうるドッグラン・わんわん広場を荒川河川敷や都立東綾瀬公園・都立中川公園などに設置すること。
4. 足立区バリアフリー推進計画(公共交通のバリアフリー方針)に沿って、鉄道駅にホームドアを設置するよう強く働きかけること。また、バスやタクシー乗り場に屋根やベンチを設置するよう努めること。
5. 区役所周辺や竹ノ塚駅周辺、北千住駅西口・東口周辺などの足立区バリアフリー推進計画の各重点整備地区や、各区民事務所や福祉事務所など公共施設周辺においては、エスコートゾーン、音響式信号機、点字ブロックなどを早急に設置すること。

[学校教育関係]
1. 国が示している放課後子ども総合プランの一体的な整備を進めるためにも、同一小学校内での放課後子ども教室と学童保育の両制度が連携して実施されるよう、早急に整備を進めること。
2. いじめ防止対策として法教育などを導入し、辰沼小・辰沼キッズレスキュー隊の取り組みをモデルとして各学校で実施すること。
3. 着衣水泳の講習を全中学校で実施すること。
4. 社労士を活用し、すべての小中学校の総合学習などで年金教育・危険予知訓練等の授業を行うこと。また、租税教育など税理士や、弁護士・行政書士等による法教育など各種士業団体の活用について、校長会などを通じて周知徹底すること。なお、学校における士業を活用した専門教育については委託事業として予算化すること。
5. 学校における平和教育の一環として、被爆・空襲などの戦争体験を教育委員会から被害者団体への委託を通じて実施し、確実に実績を増やすこと。
6. 小中学校の電子黒板・タブレット・デジタルペンなどの情報通信技術(ICT)の授業における積極的な活用をすること。また、障がい特性に応じた合理的配慮としても活用すること。
7. 日野市で実施されているユニバーサルデザインの授業を検証し導入すること。

[子ども家庭関係]
1. 認定こども園を増やすこと。また、保育時間を延長すること。
2. 病後時保育は利用者の利便性を考慮し区内全域に整備を拡大すること。

DSC01854

近藤区長と一緒に。





HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク