NEW 成果報告;2019年6月〜『文書質問』が足立区議会で始まります!詳細はこちら
NEW 第13回マニフェスト大賞 優秀賞候補ノミネートにあたって特集ページはこちら
第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら
« 2019年 06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


長谷川たかこ報告会&懇親会

長谷川たか子報告会&懇親会を行いました。

場所は綾瀬駅前にある、いつも大変お世話になっている『日本海庄や』です。
雨の降りしきる中、遠路はるばる、日頃からお世話になっている皆さまにご足労頂きました。

今日は4期目当選して初めての報告会ということで、大勢の皆様がお集まりいただきました!楽しいひと時を本当にありがとうございます。

選対事務局長 野田市議会議員 小椋なおきさん、選対顧問 流山市議会議員 藤井としゆきさん、仲良しの葛飾区議会議員 中村けいこさんもお忙しい中、駆け付けて下さり、本当にありがとうございます。

さて、今回、スペシャルゲストとして参院選東京選挙区・国民民主党公認予定者 水野もとこさんもお越しくださいました。
皆さん、ご存知ですか?
JAXA勤務の宇宙かあさんです!

今回、初めて在職での立候補休職制度を活用されたそうです。
やはり有能な即戦力となりうる候補者を擁立するためには、立候補休職制度のスタイルを世に広めていくことも必要ですね。 政治家になろうと決意した理由は「宇宙機関で働いたキャリアの中で日本の未来に不安を感じたこと。もう1つは2人の子どもを持つ母親として暮らしの中で日本の今に多くの課題や壁を感じたこと。政治で解決すべき課題がまだまだあるのではないか。子どもたちの未来に対する危機感・責任感から立候補を決意した。」とのお話がありました。

着実に積み上げてきたキャリアと女性として母としての感性と視点を持ち合わせた水野もとこさん!

そして、円よりこさんにもご注目を
円さんには、私の選挙期間中、何回か応援にお越しいただいております。
元ジャーナリストで頭の切れる私のお師匠さんです。

これからも、多くの仲間たちと共に力を合わせながら、足立区から全国を変えていく礎を全力で構築して参ります!


IMG_20190622_183333

選対事務局長 野田市議会議員 小椋なおきさん、選対顧問 流山市議会議員 藤井としゆきさん、仲良しの葛飾区議会議員 中村けいこさん。

IMG_20190622_180443

皆さんと一緒に記念撮影!

IMG_20190622_182638

楽しいひと時!!

IMG_20190622_183553

これからも宜しくお願い致します。

Line_179701646273098

後援会一同、記念撮影。

IMG_20190623_231018

後援会の方が作ってくださいました!ステキ(笑)!




堤式助産母乳育児相談処

今日は日曜日ですが、日曜日開催の中野区受託事業の視察に伺いました。

中野区産前サポート事業マタニティケアクラスの視察と堤式助産母乳育児相談処の先生方からのレクです。

足立区でも堤式助産母乳育児支援を行うよう、議会提案をしてきましたが、この度、今年度から堤式助産母乳育児相談処が足立区から受託され、足立区ファミリー学級(両親学級)産前サポート事業として年6回行われることになりました。

今後は母乳育児ケアも行うよう、全力で足立区行政に働きかけていきます。

中野区、中央区では以下の内容を委託事業としています。
☆「こんにちは赤ちゃん学級」(両親学級)
2014年から実施。2016年度は年間52回実施。
対象者は初めて出産を迎える中野区在住の妊婦とその家族。
参加者は20~22組。1回2時間30分
内容は、妊娠と出産の経過及び産後についての講義、実習・体験学習(沐浴・着替え・おむつ交換・パパの妊婦体験)、参加者同士の交流などを指導。

☆「産前サポート事業」(マタニティケアクラスとして、母乳育児についても指導)
対象者は初めて妊娠を迎える中野区在住の妊娠28週から36週の妊婦。
参加定員は1回6名まで。1回2時間
実施場所は当社ビル。

☆産後サポート事業・ほっこりーの
年間12回実施予定。
対象者は、中野区在住の生後4か月以下の第1子の乳児とその母親。
参加人員は1回12組まで。1回2時間
内容は、子育てに悩みを持つ散布への集団による相談、健康指導など。座談会方式。

☆産後ケア事業 ディケア
月2回、年間24回実施予定。
対象者は、中野区在住の産後(生後4か月以下)において、家族から十分な家事・育児等の援助が受けられない母子に対して区が※承認したもの。
1回1名。1日5時間
内容は、産後の母体管理及び生活面の指導、乳房ケア、授乳方法の指導、発育相談など。
(※エジンバラ評価基準(EPDS)により、産後うつの傾向のある人をスクリーニング)

エジンバラ産後うつ病自己評価とは:
エジンバラ産後うつ病自己評価票(Edinburgh Postnatal Depression Scale: EPDS) は、産後うつ病のスクリーニングを目的として、1987年にCoxらが開発した自己記入式質問紙。原版は英語。
現在、58ヶ国語の翻訳版が作成され、国際的に広く普及しているそうです。

どの事業も評判が良く、キャンセル待ちの状態とのお話しです。
また、中野区では昨年10月から1万円分の「こども商品券」を利用して、この研究所で乳房ケアも受けられるようになったそうです。
また、杉並区ではすでに「子育て応援券」でこちらの母乳ケアが受けられる体制になっています。

中央区の委託事業は以下の通りです。
☆「パパママ教室」(両親学級)
2001年度より実施。委託・中央区直営合計で年間24回実施予定。
中央区保健所、日本橋・月島保健センターの3か所で実施。直営もつつみ式から派遣。
対象者は、初めて出産を迎える中央区在住の夫婦。参加者は25組前後。1回2時間30分。
内容は、妊娠と出産の経過及び産後についての講義、実習・体験学習(沐浴・着替え・おむつ交換・パパの妊婦体験)、参加者同士の交流などを指導。

<中央区直営事業>講師は、つつみ式から派遣
☆プレママ教室(母親教室)
月島保健センターで年間6回実施。1回2~3時間
内容は講義主体。

☆3~4ヶ月健診
中央区保健所、日本橋・月島保健センターで年間48回実施。1回4~6時間
内容は予診・母乳相談を中心に実施。

☆フリー乳幼児健診~生後3~4ヶ月以外の対象者を含めて実施
中央区保健所、日本橋・月島保健センター、晴実児童館で年間48回実施。1回4~6時間
内容は予診・母乳相談を中心に実施

☆ママとベビーのはじめて教室
中央区保健所、日本橋・月島保健センターで年間36回実施。1回4~6時間
内容は講義、母乳、タッチケア(手遊び)、予診を中心に実施


IMG_20190616_112808

堤式助産母乳育児相談処の堤先生と。

IMG_20190616_100914

中野区産前サポート事業マタニティケアクラスの授業の一こま。

IMG_20190616_100821

産院の母親学級や足立区役所で行っている両親学級でも学べない内容がここでは学ぶことができます!

IMG_20190616_101357

このお人形を使って育児指導があります。

IMG_20190616_113527

足立区で補助券を発行してもらい、このような母乳ケアなどを受けることができる区外の施設に行きたいものです。他区ですでに実施済みの取組みを足立区でも導入し、進めていきたいと思います!




「藤樹会」~和菓子手作り教室~

今日は千葉県川間市で行われた「藤樹会」~和菓子手作り教室~に私の秘書さんと一緒に参加をしてきました。

私が日ごろから連携をしている千葉県野田市議会議員小椋なおきさんの後援会主催のお教室です。

講師は小椋なおきさんの叔父様、元目白大学製菓学科長を歴任された小椋先生です。

今日は総勢31名もの皆さんで和菓子作りを楽しみました。

小椋なおきさんからは、「貴ちゃん出来る??」とご心配のお声を頂きましたが、私は学生時代に東京會舘で3年間、和洋中華そして製菓を学び、卒業する時にはなんと東京會舘クッキングスクール卒業生代表で答辞を読みました。

それほど熱心なお料理好きの学生だったのです!

ですから今でも、東京會舘のお店で出される(和洋中&製菓も)味を自宅で再現することができます(笑)。

お料理教室を開催しようかとひそかに思うくらいお料理大好き人間です!

でも、今はあまり時間がなく~。
本格的にお料理をすると半日以上、デミグラスソースなど本格的に作るとなると1日以上かけて作ります。

今日学んだ和菓子は、「清流」「魚篭」の2種類。 時間がなくて途中退席となりましたが、とってもおいしかったです!

仕事の合間を見ながら、また癒しの時間をお料理に充てようかなと考えています(笑)。

今日は会にお招きいただきまして、本当にありがとうございました。

1560720718987

小椋なおき後援会はいつも居心地がよくて、癒されます(笑)。

1560720658006

小椋議員と小椋先生と一緒に記念撮影。

1560720620093

和菓子作りに挑戦中!

1560720666988

「清流」「魚篭」の2種類の和菓子、出来た!




足立消防団消防操法大会

今日は東京都立城北特別支援学校で行われた、「足立消防団消防操法大会」に伺いました。
参加分団は12分団です。

本日も実演をされている消防団の皆さんの見事な手さばきを拝見させていただきました。
地域防災力の要となるのが、日ごろから地域で活動をしている消防団です。

自分たちの手で守る消防団の活動を未来の足立区を担う子どもたちに教えていきながら、未来を担う子どもたちと一緒に、私も地域の活動に参加をしながら、自分達が住んでいる街は自分たちの手で守ることの大切さ、尊さ、地域力を学ばせていきたいと思います。





IMG_20190609_105704

首都東京を守る消防団の皆さま。

IMG_20190609_111005

お仕事もある中での日ごろからのご活動に感服です。

IMG_20190609_111001

きびきびした迅速な手さばきにほれぼれとしてしまいます。




第39回 東綾瀬中学校運動会

今日は地元の東綾瀬中学校の運動会に行ってきました。

子ども達のまぶしい笑顔が際立っていました。
今日は、参加する側ではないのですが、やはり運動会は見ているだけでも独特のドキドキ感がありますね(笑)。

ここ最近では、恒例の組体操が無くなりました。 組体操の危険性マスコミで話題になっていたので、種目の中から外されてしまったのでしょうか?

何はともあれ、子どもたちの生き生きとしたそして子どもたちを見守る保護者の想いが伝わってきて、大変微笑ましい運動会でした。
今日はその後の予定があり、運動会にはそれほど長い時間、居ることが出来ませんでしたが、子ども達と先生方の熱意が伝わってきた運動会でもありました。

校長先生始め、諸先生方、保護者の皆様、本当にお疲れ様でした。





FB_IMG_1560118100131 (1)

頑張れ~。私も参加したくなります(笑)。

FB_IMG_1560118092275 (1)

一緒に体感中。




成果報告;足立区議会臨時会

今日、お昼過ぎから足立区議会の臨時会が始まりました。
連日、選挙後は収支報告書の作成、提出、会派幹事長会出席と超多忙な日々を過ごしています。

先日も申した通り、土屋のりこさんと会派を組みました。会派名は「議会改革を全力で推し進める会」。

主義主張は全く違いますが、個々の意見を尊重し、会派運営を行っていきます。
会派を組むことで質問時間が大幅に増え、政策立案とその実現に向けた取り組みの効果が最大限得られ、委員会構成や議会運営面でも、どんどん斬り込むことができます。
今回、私が幹事長、土屋さんが副幹事長です。

早速、5月31日に行われた第1回幹事長会で私から意見を呈しました。

この度、待機児童子どもの貧困対策特別委員会を「待機児童・子供の支援対策特別委員会」に変更することに成功しました。
既存の特別委員会では、貧困と特化させて議論をしていましたが、支援の中身が薄くて行政の支援に全く乗れない人たちがたくさんいます。
ちなみに、私自身もその類いで2016年の出産では羊水塞栓症と弛緩出血で生死の境までいったにもかかわらず、2018年の出産の際には足立区のハイリスク妊婦支援に全く乗れませんでした。

足立区の施策はあまりにも乏しい。
当事者として、今後は本腰をいれて、貧困に着眼点を置くのではなく(足立区の施策の目玉となっていること自体問題。なぜなら同レベルで東京22区すべて行っています!)、全妊産婦を対象にした支援施策の構築を全力で行いたいという気持ちに至りました‼️

現況、足立区は妊産婦支援は東京23区ワースト1です。国や東京都の少子化対策の補助事業に一向に手を挙げず(足立区民の皆さん、唯一足立区だけが・・・ですよ!)に全妊婦支援を行っていないのは足立区だけです。
このことについて、多くの足立区民の妊産婦、怒っています!

何故に足立区の妊産婦だけが国や東京都の補助事業の恩恵を受けられないのか???

この度、2016年2018年の第3子、第4子出産にあたり、あまりにもひどい状況に足立区お母さん代表として私自身が当事者としての想いを幹事長会で強く述べさせて頂きました。
その結果、超党派の議員の皆様の賛同を経て、今回、新たな調査項目の設置に至りました。

今回、待機児童・子ども支援対策調査特別委員会の副委員長にも就任いたしました。

私、長谷川たかこは子どもを産み育てる母親達の支援体制を強力に築き、子育て支援の抜本的拡充を求め、より実効性のある施策を全力でつくって行きます。

臨時会終了後は足立区議会情報公開審査会委員の委嘱式がありました。

新しく選出された鹿浜あきら議長と記念撮影をさせて頂きました。
議長にもご理解を賜りたく存じます。宜しくお願い申し上げます。

終了後は、足立区役所本庁舎14階ピガールで足立区議会議員の顔会わせ会が行われました。





IMG_20190607_125511

同志 土屋のりこ議員と一緒に足立区議会を全力で改革していきます!

IMG_20190617_065805

既存の特別委員会を変えました!妊産婦支援を盛り込むことに成功!これも改革です。

IMG_20190607_143958

新議長 鹿浜あきら議員と記念撮影。

IMG_20190607_144423

足立区議会情報公開審査会委員メンバーとして委託されました。




地球環境フェア2019

東綾瀬中学校で、地球環境フェア2019が行われました。

世界中で問題視されている「使い捨てプラスチックごみ問題」。
今年はこのことに着眼点を置いて環境フェアが開催されました。

プラスチックは生産が本格化した1950年代以降、私たちの生活の中で広く普及してきました。軽量で加工しやすく大量生産に適したプラスチックは優れた実用性があるため、さまざまな産業分野に革命をもたらし、生活の利便性を向上させました。周囲を見渡してもプラスチックのない場面など想像できないほど、私たちの生活には必要不可欠な素材ですよね。

現在、世界中で生産されるプラスチックは年間約4億トン。

プラスチック問題は、とても大きな問題です。
2050年、地球の海を漂うプラスチックごみの量は、海を泳ぐ魚の量をこえてしまうと見込まれています。微細なマイクロプラスチックは、処理システムの網の目をくぐり抜け流れ出し、いつまでも海を漂い続けることが指摘されています。テレビでもプラスチックを飲み込んだクジラの死骸やウミガメの鼻にプラスチックごみが突き刺さっている衝撃的な映像が連日、流されています。

今、海洋プラスチックごみの元となる使い捨てプラスチックそのものを減らしていくことが欠かせない、喫緊の課題です。 解決には、国レベルでの施策や連携、地方公共団体の取り組み、企業や市民レベルで意識ある行動が必要です。私たちの生活からプラスチックを全てなくすことは現実的には非常に困難ですが、「使い捨て」を見なおし、プラスチックの大量生産、大量消費、大量廃棄を見直す必要があります。

例えば足立区役所本庁舎の喫茶室の飲料のストローが紙になったこと、みなさん、ご存知でしたか?私たちの日常でも、マイバッグやマイボトルを持ち歩くことが一つの解決策にもなります。

これまでのプラスチックに大きく依存していた私たちの暮らしを見直すことが求められています。プラスチックに依存しすぎない社会を作り上げること。このことが、未来に生きる子ども達世代が安心して暮らせる環境を引き継ぐことにもなります。

現在を生きる私たちの世代の責任をしっかりと追及し、実行することが必要です。

親子で環境について考える機会を身近な場所でという発想は大切です。
今後も足立区全域の小中学校の校舎を借りながら、このような出張環境フェアを行うのも良い取組みであると感じます。

このようなイベントを通じて、今後も区民の皆さんの環境への意識がさらに高まることを期待しております。

環境問題が一過性でなく継続した取組みになるよう、私も議会などで今後も提案をしていきます。

担当職員の皆さま、ご協力をいただいた皆様、本当におつかれさまでした。





IMG_20190601_134724

東綾瀬中学校のグランドです。

IMG_20190601_140306

体育館の中です。

IMG_20190601_140400

ペットボトルのアートです。

IMG_20190601_140532

環境マスコットちゃんたちと一緒に記念撮影。

IMG_20190528_122637

区役所本庁舎でアイスコーヒーを注文したら紙のストローでした。




しょうぶまつり&世界の食広場

今年も慣例のしょうぶ祭りが東綾瀬公園としょうぶ沼公園で行われました。

しょうぶ沼公園で咲き誇っている色鮮やかな約140種もの8,100株のハナショウブが見頃でした。
しょうぶ田にかかる季節限定の木道を娘が嬉しそうに歩いている姿を見ていると、私の心も弾み癒されるひと時です。

今年は最初のオープンセレモニーがしょうぶ沼公園で開催されました。
時間差で東綾瀬公園でも行われ、2段構えでのオープンセレモニーでした。
昨年は娘(2歳8か月)がお昼寝の時間と重なってしまい、娘にたくさんのハナショウブを見せてあげることができずで残念な想いがありましたが、今年は娘のお目めもらんらんと輝いていて、一緒に楽しむことができました。

昨年、生まれた長男(生後8か月)も一緒にセレモニーに参加をさせて頂きました。長谷川副区長からは「金太郎さんみたい♪」とうれしいお言葉も頂けて、抱っこまでして頂きました(笑)。「将来は長谷川副区長さんのように立派な方にな~れ」とおまじないをしました(笑)。

バギーでくるくると回りながら、『見て、食べて、歩いて楽しい』しょうぶ祭りを堪能しましたよ(笑)。
今年も2日間限定で江戸川区小岩菖蒲園行きの無料シャトルバスが出ていましたが、赤ちゃん連れは遠くまで足を運ぶのが難しいので今年もいけませんでした。残念。でも、子供たちの成長を見ながら、来年も運行されていれば足を運んでみようかなと思います。





1558531613570

選挙で共に勝ち抜いた議員達と一緒にご挨拶です。

IMG_20190601_095109

たくさんの皆様がお集まりになられました。

IMG_20190601_102239

名カメラマンのいいくら議員の撮影でパチリ。家族写真です。ご親切にお気遣いをありがとうございます(笑)。心根のやさしい同僚議員さんです♪

IMG_20190601_101804

色とりどりのハナショウブが咲き誇っていました。

IMG_20190601_114102

もう一つの会場、綾瀬駅前のハト広場です。

IMG_20190601_114257

可愛らしい一コマ。我が家の子ども達♪

1558531613570

我が家の金太郎さん♪





HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク