NEW 成果報告;2019年6月〜『文書質問』が足立区議会で始まります!詳細はこちら
NEW 第13回マニフェスト大賞 優秀賞候補ノミネートにあたって特集ページはこちら
第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら
« 2019年 09月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30


不登校の子を持つ保護者のための交流会

今日は西新井にあるこども支援センターで行われた「不登校の子を持つ保護者のための交流会」に伺いました。参加人数は18名。小学校1年生から高校3年生の子ども達を持つ親が集まりました。

 

最初は臨床心理士の西新井こころのクリニックの橋本弘美さんよりご講演を頂きました。
子ども達の行動は子どもたちが発するSOS。
ご自身の子育てを通じたお話から、どのように親として接したらよいのか、どのように理解をすべきかの話がありました。

 

子どもたちを取り巻く環境が大変厳しいものとなっています。
発達障がい特性のある子ども達が置かれている学校現場、そしてその支援を最大限必要としている親子に対し、現在の足立区の施策では、サポートや支援を本当に必要としている親子に全く行き届いていません。制度があってもその支援に乗れず、制度の谷間に落ち、悩み苦しんでいる方々がたくさんいます。そして、このことからもわかるように足立区の施策はうまく機能していないと言わざるを得ない状況です。

 

2部の交流会ではグループごとに区の職員を中心にして、皆さんの日ごろからの想いを吐露されていらっしゃいました。

 

内容としては
・学校や行政からの具体的なアドバイスがない。
・連携が取れていない。
・学校の先生方もそれぞれで放任されたり、理解のある先生だったりとまちまち。
・不登校は当事者だけでなく、兄弟間の問題も生じてくる(なんで自分だけ学校に行かないといけないのか)。
・子ども支援センターげんきに行く時間がなかなか取れない。
・通っている学校によって校長先生の理解度によって、その支援に格差が生じている。
・スクールカウンセラーやソーシャルワーカーなどがうまく機能していない。当たりはずれがある。
・げんきの先生方がみんな、受け身的で事務的に感じる。こちらが質問したことしか答えない。そのような状況下で、どうしたらよいかわからないまま、帰宅することもある。
・不登校の情報をもっと知りたい。
・親へのフォロー・サポートがない。
・子供が学校へ行かない分、勉強や生活をするうえで身に着けていくことを教えてもらっていないため、相当焦りが生じる。家で勉強をしてくれる子はまだいいけれども、そうではない子どもに関しては親は途方に暮れる。親もずっと子供といるのでイライラするし、悲観的になる。フォローが欲しい。子どもだけをカウンセリングするのではなく、親子セットでカウンセリングをしてもらいたい。
・自宅近くに学校以外での不登校の親子のための施設がない。親の情報交換だったり、「げんき」のような施設が割と遠いところにあり行ったりするのが大変である。

これらのご意見があったことを重く受け止め、発達障がいやグレーゾーンと称される特性を正しく認識し、多様な問題を抱えた子ども達やその保護者に対するきめ細やかな学校での支援を行うためにも、専門家たちのお力を頂きながらその解決策を全力で練り上げていきたいと思います。

 




梅田あけぼの学園 第2回懇談会

今日は梅田あけぼの学園 園長 加藤先生と副園長の酒井先生にお時間を頂き、今回はいつも一緒に活動をしている『あったか足立区neoの会』のお母さんたち、そして有志の方、キャリアコンサルタントの皆様とモノづくりの草分け、足立ブランド(安心堂&小川畳店)の皆様と一緒に『発達支援について』そして『足立区教育行政について』今後の展望と課題について議論をしました。

現在、キャリアカウンセラーの方が東綾瀬中学校と蒲原中学校に派遣されており、そこでの気づきがたくさんあるとのご報告を頂きました。
私も兼ねてから思うところですが、区立中学校では、個人の適性などを考慮せずに現在の進路選択は、入りやすい定時制高校や通信制高校に安易に進学先を決めてしまう生徒が多く見受けられます。せっかく、本人に素晴らしい能力が備わっていても、それを生かすような進路選択になっていないというのが現状です。
つまり、そこまで親身になってくれるアドバイザーがいないというのが現状です。
本来であれば、もっと個々の生徒に寄り添った教育環境であってほしいものですが、そこまで至っていないのが公教育です。

定時制高校の不登校率や中途退学率は全日制高校の生徒に比べて高い数字が出ています。その理由は、学校生活や学業不適応が60%~80%です。このことからも、その後の就労生活が安定的なものでなくなり、貧困へとつながるものが多くなると思われます。

足立区では今や2000を超える多種多様な工場を有するものづくり都市です。
足立区では平成19年度より「足立ブランド認定企業」が開始されており、開始から12年経った今、56社まで拡大しました。

この足立ブランドとコラボして子ども達の才能を開花させることができないか。
『子ども達に自分の特性や才能に気づかせ、個性豊かに生き生きと人生を歩むことができる手助けを私たち気づきのある人間で築こう。』
今日は、その想いを結集させた会合でもありました。

周囲のサポートがないために、その適正を未来へと生かすことが出来ない生徒たちがいる。
一人ひとりの児童や学生がどのようなことに興味があり、どのような夢を持った大人になりたいのかなど、広い意味でのキャリアを早くから考えることはとても重要なことです。そして子供たちの才能にいち早く気づき、それを開花させることができたなら。

私たち気づきのある大人が、地域との連携も進めながら「気付く・育てる・見守る・つなぐ」という視点で、発達障がい特性のある子ども達が自立した生活を営めるよう、将来を見据えた支援を公立中学校でも目指していきたいと思います!

IMG_20191026_045250>

   

IMG_20191026_045221

みんなで集合写真。




0歳児の愛着を育てるコミュニケーションスキル

今日は北とぴあで行われた助産師会の研修会に参加をしてきました。

昨今騒がれている虐待対応の視点からも、現在、愛着形成が注目され始めています。

愛着形成は誕生直後、0歳がスタートです。
人間の赤ちゃんは生まれてからすぐに目覚ましく成長し、発達していきます。
その中で、赤ちゃんの脳の発達に応じて、どの時期に何を与えて何をさせていくのか、生まれた日から赤ちゃんの能力を最大限引き出す育児を行うことが重要です。

しかし、ネットコミュニケーションと言われているネットツールであるスマホによって、人と人とのつながり方に大きな影響が出ています。このような時代の中で、そもそも乳児とのかかわり方や遊び方が分からないといった親がいます。そしてその結果、子どもの育ちに影響が出ており、人と関わる経験が極端に少ない子どもたちがいるのが現状です。
そのような状況下で母親たちは子育てにおいて孤独です。

今、子ども達を巡る社会環境は、親の虐待や災害などなどで心のよりどころを無くしています。だからこそ、母親たちがファシリテーターのいる安心・安全な場所での話し合いを通じて子育ての方法や自分のやり方を構築して自信をつけていく手法を学ぶことが必要といえます。

子育てで悩んでいるのはみんな同じ。
育児をしながら友人やファシリテーター的な人を見つけて母親がどのように子どもと向き合い、母子ともに健康で笑顔のある日々を過ごすことが重要です。

本来なら、国では少子化対策として母子ケア事業を強力に推し進めており、東京都でも基礎自治体に対して補助事業を開始しています。その内容が東京都のゆりかご事業ネウボラです。この事業は妊娠~出産~子育てにおいて、助産師などの特定の人による母子支援が妊娠~出産、育児まで継続して行われています。足立区においてはこのような支援制度が全くありません。

今後、ネウボラ的支援を足立区に強力に導入するよう、私も議会で強力に推し進めていきます。

IMG_20190907_140848

  

IMG_20190907_140828

配布された資料です。




足立区議会 議会改革を全力で推し進める会 予算要望を区長へ提出

今日は区長へ私たち会派の予算要望書を提出してきました。 改選後、新しい会派で初の予算要望書となります。 区長にお時間を取って頂き予算要望書を区長に直接手渡しし、意見交換をさせて頂きました。

7月の上旬から多くの団体に区役所にお越しいただき、また私たちが足を運ばせて頂き、様々なご要望をお聞きし、数週間にかけて来年度の予算要望として土屋のりこ議員と議論を交わしながらまとめあげたものです。

提出した要望書の中では、重点項目として、以下のようにまとめました。
次回、回答は1月9日となります。
皆様、ご期待ください!

【足立区議会 議会改革を全力で推し進める会 予算要望書】

厚生労働省の2018年人口動態統計によると2018年の出生数は91万8397人で前年より2万7668人減で過去最少であり、合計特殊出生率は2018年1.42で前年の1.43より低下している。また第1子出産年齢が40歳以上という階級が増加しており、晩婚化・晩産化の傾向が全体的に表れている。今後、人口減少はますます加速し、2020年以降、東京の人口も減り始め、2040年までに全国896の市区町村が消滅すると日本創生会議の提言でも言われている。

非正規雇用、低賃金、長時間労働などによる生活・就労の不安定化、保育所不足による仕事と子育ての両立の難しさが若年世代の結婚・出産を躊躇させ、少子化の要因となっていることは否めない。若い世代が家族を持ち、安心して子育てができる「子ども施策」をさらに強化・推進しなければならない。イギリスやフランス、スウェーデンなど欧州のいくつかの国では、政府の「子ども施策」によって出生率が回復し、人口増が期待される効果的な施策が実行されている。我が国では内閣府において少子化危機突破タスクフォースを発足させ、日本全国で少子化対策の取り組みを後押ししている。この危機感を我々は共有した上で、国でも提言されている「結婚から妊娠、出産、育児へと切れ目ない子育て支援策」を足立区で強力に実行に移し、胆力と知力と行動力を持って、この危機的状況を打開していかなければならない。

足立区が誇る、緑と川に囲まれた豊かな自然と下町の人情味あふれる文化、そして安心して安全に暮らし、いつも心豊かに未来に希望を抱ける足立区を、我々は、将来の若い世代に手渡していく社会をつくる責務がある。そして、足立区民の生活の安定やその向上、経済の健全と持続的な成長、行政サービスの基盤である持続可能な財政構造を構築するために、我々は一丸となってさらに努力を重ねることが求められる。

その基盤を築き上げるために、足立区議会 議会改革を全力で推し進める会は、住民自治の観点から多くの区民・各種団体から意見を集約し、加えて各議員の政策などを取りまとめた。
以下の諸点を強く要望する。

<重点要望>

[政策経営関係]
1.ユニバーサルデザイン推進計画の個別施策を早急に実行すること。また、他自治体等において実践されている事例について調査研究し、市民向けユニバーサルデザイン推進委員を育成し、広く区民や事業者を巻き込んだ普及啓発活動に努め、全小中学校でユニバーサルデザインの教育を行うこと。

[子どもの貧困対策関係]
1.現在おこなっている子どもの健康実態調査の質問項目に剥奪指標を追加し、子どもをとりまく相対的貧困の状況など実態把握に努めること。
2.フードパントリーをはじめとする食の支援を充実させること。フードバンクにおける食品・食材の提供能力が需要実情を上回っている実態を踏まえ、区のコーディネート力を生かし、必要とする区民へ食の提供を拡充させること。
3.子どもの貧困対策の出口対策として、19歳から39歳までの青年世代が安定した職を得、居住できるよう支援策を講じること。

[総務関係]
1.公契約条例の適用範囲を1億円に引き下げること。
2.今年度にひき続き区職員を増員配置し、高い専門性をもつ職員育成に努めること。

[危機管理関係]
1.一時大雨など最近の水害の傾向をふまえ、大規模水害に備えた地域ごとの避難計画の見直しと周知をおこなうこと。とりわけ広域避難が必要になった場合に、都下で海抜が低くない区や市への避難受け入れ態勢を整えるため、協定の締結を早急におこなうこと。

[資産管理関係]
1.区役所本庁舎について、色使いや文字の大きさ、多言語対応、点字ブロック、エスコートゾーンの設置、玄関以外の音響誘導装置の設置などの改修を早急に行い、ユニバーサルデザインモデル施設とすること。

[区民関係]
1.子育て世帯の経済的負担を軽減させるために、子どもに係る国民健康保険料の均等割り額の軽減や多子世帯に対する保険料負担軽減策を講じること。国による軽減制度が設けられるまでの間、区として独自に補助制度を創設すること。
2.区民税滞納世帯等への生活再建支援を庁内横断的に丁寧におこなうこと。

[地域のちから推進関係]
1.多文化共生を推進するため東京オリパラまでに条例化などを進めること。

[産業経済関係]
1.区内在住で奨学金を抱える若者を雇用した中小零細事業者を対象とする奨学金返済助成制度を創設し、区内中小企業への若年者就職を支えること。

[福祉関係]
1.障がい福祉センターあしすと ひよこの定員拡大に努め、幼児期から成人期までの発達障がいへの対応のため、障がい福祉センターの機能強化を図ること。さらに梅田あけぼの学園等との民間児童発達支援センターへの区独自の委託事業等を検討すること。ペアレントメンター事業との連携強化を図り、区内の幼稚園・保育園・小中学校・高校・大学へのアウトリーチ型支援を行うこと。
2.医療的ケアの必要な学齢前の障がい児が通所する重度心身障がい児について、訪問型と施設を連携させた保育事業と、親のレスパイト事業を開始すること。
3.重度訪問介護従業者の資格取得支援策を講じ、ヘルパー不足を解消すること。

[衛生関係]
1.国や東京都の補助事業を活用し、他区と同様に産後ケアハウスの利用券や育児パッケージの支給、タクシー券やバスの乗車券の発行、母乳マッサージ券が使える等の現物支給を行うこと。
2.国や東京都が示すフィンランドのネウボラを模倣とした、妊婦、母親と胎児、乳幼児のリスク予防を目的とした母子に対するマンツーマンのサポートの構築と乳幼児たちの発達や母子愛着が健全であるかどうか、生育環境に大きな影響を及ぼす家族関係の状況といったデリケートな側面をサポートする支援体制を全妊婦に提供すること。
3.弱視の早期発見・早期治療を行うためにも、3歳児検診においてオートレフ検査や視能訓練士・眼科医が視力を測る体制を構築すること。
4.東京都豊洲にあるマギーズ東京のように足立区においても、看護師、心理士、栄養士などの多職種の専門家が揃う相談窓口を設け、日々の療養生活の中で困っていることなどの相談が受けられ、講習室やキッチンなどを利用しながら専門スタッフによる栄養相談やメニューの提案、リハビリテーションの支援のほか、外見の変化に対するアピアランス支援なども対応できる施設『足立区版マギーズ東京』を創設すること。

[都市建設関係]
1.地域の憩いの場や災害時に犬の避難場所となりうるドッグランを荒川河川敷や都立東綾瀬公園などに設置すること。

[学校教育関係]
1.日野市、さいたま市、京都府で先進的に行われている「ユニバーサルデザインの教育」を足立区全小中学校に導入し、発達障がいやグレーゾーンと称される特性を正しく認識し、多様性を抱えた子ども達やその保護者に対するきめ細やかな学校での支援を行うこと。
2.自殺予防・いじめなどへの対応を最優先事項に位置づけ、実効性ある学校現場での対応を行うこと。
3.児童・生徒の介助員の介助登録員が増えるよう工夫・改善を行うこと。また、行事介助員を探す保護者の負担軽減を行うこと。
4.給食費・修学旅行費をはじめすべての義務教育にかかる費用を無償化するよう国に求めること。実現するまでの間、区として部分的無償化を漸進的に実施すること。



IMG_20190902_134422

土屋のりこ議員と一緒に区長と記念撮影。





HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク