NEW 成果報告;2019年6月〜『文書質問』が足立区議会で始まります!詳細はこちら
NEW 第13回マニフェスト大賞 優秀賞候補ノミネートにあたって特集ページはこちら
第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら
« 2020年 12月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


第13回 国際ジュニア音楽コンクールA部門(幼稚園部門) 第3位受賞しました❗

この度、4歳の娘が第13回国際ジュニア音楽コンクール ヴァイオリンA部門(幼稚園部門)で第3位を受賞しました(トロフィー、表彰状は来月郵送とのこと)。

 

ヴァイオリンを始めてから毎日朝夕隙間時間、一日も欠かさずに練習を重ね、コンクールに入賞した曲は2千回を越える演奏をしました。

 

これからも日々の努力を怠らずに、娘が身体の一部と言えるほどヴァイオリンを愛せる環境を親としてつくってあげたいと思います。

 

娘の将来の夢は世界一になること。

楽しみながら、みんなと競い合うことが大好きな子どもです。

色々な分野での一番を親子で目指していきたいと思います。

 

その為にも、子どもの能力を最大限伸ばす環境が大切ですね。

長女と次女の子育て経験を三女(4歳)と長男(2歳)に生かして、さらに研究を重ねながら仕事&子育て&大晦日にかけてのお掃除も含めて頑張ります❗

 

皆様、ステキなクリスマス🎄🎅🎁✨を。

メリークリスマス✨




地下鉄8号線促進に向けて、区議会一致団結!

今日は、足立区議会中間本会議です。
本会議後に地下鉄8号線促進に向けた動画撮影がありました。議長、会長、副会長、一丸となって8号線促進に全力を期していきます。

地下鉄8号線は、豊洲から住吉、錦糸町、押上、四つ木、亀有までの計画路線を越えて、平成12年の運輸政策審議会答申18号で、亀有から足立区内を通っ た野田市を延伸区間とし、整備を着手することが適当である路線と位置付けられた路線です。

8号線の延伸は、地域の発展や、街の活性化、次世代への大きな資産形成につながります。 地域住民の悲願でもある亀有以北の延伸路線の開通をこれからも全力で働きかけていきます。

今後、50年先100年先を見越して、足立区議会一丸となって頑張ります❗
IMG_20201209_133340

鹿浜議長と古性会長と一緒に記念撮影。




速報第二弾‼️障害のある子もない子も一緒に遊べる「インクルーシブ」なユニバーサルデザインの公園づくり

速報第二弾‼️

【障害のある子もない子も一緒に遊べる「インクルーシブ」なユニバーサルデザインの公園づくり】

 

先ほどに続き、現在、第4回足立区議会定例会が始まっています。

 

第2回定例会で私が提案した、障害のある子もない子も一緒に遊べる「インクルーシブ」なユニバーサルデザインの公園づくりについての速報です。

 

足立区においては、平成22年に新田さくら公園で車椅子でも複合遊具が利用できるようになっており、平成28年からは、保木間公園ではインクルーシブなブランコを導入している状況です。また、今年度においては、舎人いきいき公園においてもアスファルト舗装に車椅子マークを書いて、体の不自由な子どもたちが利用できるテーブルが設置されました。

 

私は第2回定例会で足立区全域にインクルーシブな遊具を積極的に設置すること、そして、もっとシティプロモーション的な視点でマスコミなどにも流し、足立区の良さを全国に発信させ、足立区の多くの区民の皆様にインクルーシブな公園があることを知ってもらい、多くの子ども達が活用できる取組みを積極的に進めるよう求めました。

 

本日の定例会では、執行機関より、東京都の補助金を活用し、検討を進めていきたいとの見解を示されました。また、周知啓発についても年明けには足立区ホームページに掲載し、チラシも作成して配布されるとのこと。執行機関からご連絡を頂き、遅くなって申し訳ありませんでしたとのお話を頂きました。

 

今後、足立区の取り組みが全国の大きな流れになるよう、来年の2月議会、予算特別委員会で私からさらに働きかけていきます!

 

添付動画は今年の2月議会での政策提案要旨です。

他会派からの問題発言があり、それを受けての登壇だったので、冒頭からヒートアップしてます。




成果報告;速報‼️長谷川たかこの政策提案が実現!来年度、足立区においても東京都『養育費確保支援事業』を活用した養育費の確保を整備します!

「子どもを産み育てやすい新たな制度の構築」として、私が兼ねてから提案していた『養育費の確保』が来年度に実施されます!

 

一昨日から第4回足立区議会定例会が始まっており、今定例会で執行機関より私が提案している東京都『養育費確保支援事業』の補助事業を活用した『養育費の確保』を来年度、足立区として実施するとの見解を示されました。

 

東京都では、ひとり親世帯が元配偶者等からの 養育費が不払いになった場合に備え、区市町村が 民間保証会社と連携しひとり親世帯への養育費の立て替え補償を実施しています。今年度より東京都がひとり親世帯が支払う保証料を補助する制度を創設したものです。

 

私はこの政策を実現させるために、何度となく時間をかけて福祉部長と膝を付き合わせて、子どもの貧困に一番力を入れている足立区としてすぐにでもこの東京都の補助事業を活用し、離婚時の親への支援を強化していくよう強く働きかけてきました。

 

貧困の世代間連鎖や格差拡大の歯止めのためにも、親の状況が子どもの選択肢を狭めないようにすることが必要です。

 

今定例会で執行機関より、養育費の確保の創設を来年度からこの足立区でも開始する予定との見解を明確に頂きました。

 

将来的には、親の離婚や虐待などに直面し心穏やかに安心して過ごすことができない、もしくは親から愛される環境にない子どもたちを足立区でも積極的に支援をしていくよう、そして、子どもだけを対象とするのではなく養育者の親育ちの支援を行ったり、子育て環境としての地域づくりも積極的に行うよう、これからもさらに提案をし続けていきます。

 

その第一歩として、養育費の取り決めの強化に向けたビジョンを来年2月議会、そして足立区議会 予算特別委員会でもさらにつめていきます。

 

3月足立区議会予算特別委員会での提案

6月の第3回足立区議会定例会での提案

 

 





HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク