NEW 成果報告;2019年6月〜『文書質問』が足立区議会で始まります!詳細はこちら
NEW 第13回マニフェスト大賞 優秀賞候補ノミネートにあたって特集ページはこちら
第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら

産業環境委員会

10時より、産業環境委員会が開かれました。

最初に、区の担当者から報告事項の説明を受け、その後、挙手による討論です。
今回の議題は、以下の通りです。

***************報告事項*************
(1)平成18年度足立区経済活性化推進事業の実施結果について
(2)子育て世代の専用就職相談日「チャレンジママの日」の開設について
(3)区民農園利用者募集について
(4)足立ブランド認定推進事業の進捗状況について
(5)足立区中小企業等の資金調達の支援に関する条例施行規則の一部改正について
(6)「創業プランコンテスト」の実施結果について
(7)「あだち3R(スリーアール)フェア2007」の開催について
(8)足立区環境基金審査会の審査結果について
*************************************


子供たちの未来ために、より暮らしやすい足立区を残したい。そう考える私にとって、環境問題は非常に関心がある分野のひとつです。

委員会では、区の担当者に、「マイバッグ運動」についての質問をしました。(私の前に、他の出席委員からもマイバッグに関する質問がありましたので、質問 が重複しないような内容にしました)

「マイバッグ運動」とは、自分の買い物袋を持って買い物し、レジ袋を使わないようにする運動のことです。
私も主婦として、毎日のように買い物に行く経験から、老若男女、誰にでもできる環境への取り組みだと思います。

 杉並区では、すでに一部でレジ袋の有料化の取り組みが始まっています。
また、来年2月には、事業者にレジ袋の削減に対しての取り組みを義務付ける全国で初の条例案が、区議会に提出されるとのことです。
 さらに、レジ袋を有料化することによって、マイバッグの活用を促し、資源の無駄遣いを減らすだけでなく、有料化の収益金は環境保全のための区の施策に寄 付ができ、区が優良事業者を公表するなど、ゴミを抑制し、資源を有効に活用した上で、今後の環境施策にもプラスになるという条例案です。

足立区でもレジ袋削減に向けての調査・取り組みは、すでに一部で始まっていますが、足立区全域にわたる取り組みとして、早急に進めるべきだと思います。

環境問題は、行政や議会だけでなく、地域の事業者、地域のコミュニティとの連携、そしてなにより区民の皆さん一人ひとりの取り組みが大切です。

未来ある子供たちのために、小さな取り組みでも構いません。一人ひとりが出来ることを、今すぐ、始めていきましょう!




〜以下、委員会の発言要旨抜粋〜

<長谷川>レジ袋削減について、杉並区では全国で初のレジ袋削減の条例が来年2月に議会へ提出されるようです。
レジ袋を有料化する実施時期や価格を定めた計画書の提出を事業者に義務付けること、有料化の収益金は環境保全のための区の施策に寄付でき、区が優良児業者 を公表するほか、削減が不十分だったり計画書を提出しなかった事業者を公表するとのことです。
足立区では、レジ袋削減を推進している小売店について、登録・公表するということになっていますが、登録件数と公表内容を教えてください。

<環境推進課長>「Rのお店」ということで登録いただいておりますが、現在70余店です。登録していただきますと、ホームページでお店の内容の紹介を行っ ております。

<長谷川>レジ袋についての調査では、品川区などは、区と大学生が連携して調査をし、学園祭のときに結果を公表するということを行っているようです。足立 区も、大学関係者などに働きかけて、若い力をかりて、一緒に共同で調査をしていく、そのような取り組みをしていくのはいかがですか?

<環境推進課長>そのような点も含めて、広く検討していきたい。

HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク