NEW 成果報告;2019年6月〜『文書質問』が足立区議会で始まりました!詳細はこちら
NEW 第13回マニフェスト大賞 優秀賞候補ノミネートにあたって特集ページはこちら
第12回マニフェスト大賞 「優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
第5回マニフェスト大賞 「最優秀政策提言賞」を受賞しました! 特集ページはこちら
毎日フォーラム 7月号・寄稿文掲載 寄稿文の詳細はこちら
論文:中国残留帰国者問題の研究 ― その現状と課題 ― を公開致しました。論文の詳細はこちら
政策目次へ戻る
放置自転車問題
防災対策
医療体制の確立
治安・防犯対策
生活道路の安全確保

医療体制の確立

達成度

66万人以上の皆さんが生活する足立区において、救急医療体制は、決して十分とは言えません。
特に、第二次救急医療機関では対応できないような重篤な患者を受け入れる「第三次救急医療機関」が、足立区にはありません。

足立区で生活されている皆さんが、不幸にもそのような生命の危機とも言える重篤な状況に陥った場合でも、板橋区や中央区、千代田区などへの搬送が必要になります。
これは1分1秒を争う危機的な状態においては、きわめて厳しい状況であることは言うまでもありません。

また、未来の足立区のために出産・育児などの「子育て環境 日本一」を目指したいと考えていますが、一般の病院では対応の難しい周産期母子医療機関も足立区にはありません。

いざという時に、これら高度な医療機関での治療が受けられることは、区民の皆さんの命を守ることにつながると考えています。
高度な救急患者の受け入れが可能な第三次救急医療機関や、一般の病院では特に対応の難しい周産期母子医療機関の誘致を求めていきたいと思います。


また、このような高度な医療機関、大病院などが区内に出来ると、地域の開業医の皆さんの病院や診療所の経営に大きな影響を与えることも考慮しなければなりません。

確かに大病院では高度な医療を受けられますが、普段、少し体調が悪い、風邪を引いたなどの時に、最初に診てもらうのは、はやり地域の病院、診療所ではないでしょうか。

普段から、地域の皆さんの健康状態を把握している、いわゆる「かかりつけ医」の存在はなくてはならないものです。


つまり、高度医療機関もかかりつけ医も、どちらも重要だと考えています。
高度な医療機関と地域の「かかりつけ医」のスムーズな連携こそが、足立区で暮らす皆さんの命と健康を守るために必要なことであり、そのような連携システムの構築を目指します。

達成度


文献などの資料の収集、調査・研究

HOMESITEMAPLINK 政策活動報告議会報告プロフィール事務所 資料室 リンク